UFOを目撃した画家!!バイロンベイは不思議な町。

不思議なパワーが眠っている土地バイロンベイ。

ここでは常識では考えられないような

出来事を沢山経験してきた。

 

気を操る人にであったり、

月がやたらと明るい夜があったり・・・

byronbay_hikarutuki

その中でも驚く経験をする事となった。

 

あなたは未確認飛行物体、

つまりUFOの存在を信じるだろうか?

 

僕は元々そういった類いの話は好きで

よくYouTubeなどで見る事がある。

 

しかし、実際にバイロンベイで

それを目撃してしまうとは考えてもいなかった。

 

今回はそんな旅で起きた不思議な話。

 

世界を旅する画家ZiN

byronbay_beache1829

現在、僕は絵を描きながら世界中を旅している。

 

バイロンベイを旅していた頃はまだ

ライブペイントやそこで出会った

クライアントさんから頂く絵の依頼だけでしか

収入を得る術をしらなかった。

byronbay_gakakatudou1113

なので僕は毎日ライブペイントをしていたが、

バイロンベイで車を購入してから

たまに1人で海の前に車を止めて

のんびり絵を描く事も多くなっていった。

 

 

ここはバイロンベイの

灯台の近くにあるビーチの前。

byronbay-ekakucar

ビーチで遊んでいる家族を見ると

平和で穏やかな時間を過ごしている実感が

湧いてくるような場所だ。

 

すでに車に寝泊まりするように

なっていたので移動する僕のホテルのようなもの。

byronbay_carnaka

シャワーは無料で使えるため心配もない、

そしてアーツファクトリーと言う

アーティストが集まる宿にパスポートを

渡せばお金を払わずとも中に入る事ができるので

そこでキッチンを使わせてもらったりして

生活していた。

 

オーストラリアでは食料も無料で配っているので

食費も1円もかからなかった。

 

車はいらなくなれば売れば良い。

 

なのでここでの生活でお金がかかる事は

ほとんどと言っていいほどない。

 

そんな何のストレスもない生活をしていた。

 

不思議な友人達

byron_comikun

車で絵を描いているとたまに

アーツファクトリーで仲良くなった

日本人の友人が遊びにくる事があった。

 

コミ君とショウ君。

 

バイロンベイで出会う日本人は

少し変な人が多いように感じる。

 

コミ君に関しては「気」を操る事ができる。

 

 

ショウ君は

「僕は基本的に木の実しか食べないですからね〜」

byronbay_syoukun

と言いながらシャク!っとラ・フランス
にかじりつく野性的な青年だ。

 

ちょうど僕もキリのいい所まで絵を描けていたので

彼らと一緒に灯台まで散歩する事に。

byronbay_0037

バイロンベイの灯台の先にある岩場に立つと

340度くらいの海の景色を見る事ができる。

byrobay_zinsaki

バイロンベイはオーストラリアの東部にあり、

大陸が海に飛び出た形となっているので

海に挟まれている町でもあるのだ。

DSC_0023

こんな楽園他にはない。

 

海を見ながらボーッとして何もしない時間・・・

byronbay-artpictomo

日本に住んで就職していてはこのような

生活はできない。

 

なので僕は世界を旅する画家として

僕の生きたいように生きようと考え

旅にでたのだった。

 

夜の灯台で見てしまった。

buronbay-yorutoudai_1125

数時間灯台で話をした後、

お腹が空いたのでアーツファクトリーで

晩ご飯を食べる事になった。

 

お酒も入り、気分がよくなった僕は

コミ君と再び夜の灯台まで散歩する事に。

 

辺りは真っ暗だったがかろうじて

月明かりがうっすら夜道を照らしていた。

 

灯台に到着し、夜空に浮かぶ月を見ながら

これから何をして生きていくのかを語り合う。

 

 

そんな時に何気なく見ていた月にある違和感を感じた・・・

byronbay_ufo

写真では確認しずらいと思うが、

月の横にはいつも必ず光っている星が1つだけある。

 

しかし・・・

 

この日だけは違った。

 

 

月の隣で輝く星、そしてさらにその横に輝く光が

もう1つある事に気がついた。

 

いつもは1つしかないのに今日は2つ・・・

 

 

こんな事あるのかな?と頭の片隅で思いながらも

コミ君と話をしていた。

 

 

 

すると・・・

 

 

その星は一瞬で少し上に移動し、

さらに左へ移動、そして下へ移動、

最後には元の場所に戻ってしまった。

 

 

一瞬の出来事だったので僕は

 

「え?」

 

と言う事しかできなかった。

 

 

 

コミ君に「今の見た?」と訪ねると

全く見ていなかったようで、

もう一度動くかもしれないと思い、

コミ君に目を話さないようにと頼んだが・・・

 

それから2時間経ってもその光は動く事はなかった。

 

 

あれは目の錯覚ではない。

 

確実に正方形を描くように動いていたのを

目撃してしまったのだ。

 

 

次の日に月を確認するとやはり

その光は消えており、いつも通り月とその横に輝く

星しかそこにはなかった。

 

 

このようなUFO以外の不思議な体験なども

バイロンベイでは何度も遭遇する事になる。

 

 

後になって聞いた話であるが、バイロンベイは

世界でも有名なUFO目撃地帯と聞かされた。

 

 

なのであれはやはりUFOだったのかもしれない。

 

旅する画家のまとめ

DSC_2235

旅をしていると今回のような

不思議な出来事に数多く遭遇する事がある。

 

僕はこれまで43ヶ国以上を旅しているのだが、

画家の旅を始めたオーストラリアのバイロンベイ

では本当に数多くの信じられない出来事に遭遇する事となった。

 

 

人は経験する事により、語れる事が多くなる。

 

なので僕はこの世界画家旅人で今まで起きた

不思議な出来事や、危険な目に合った出来事、

そして海外に出て絵を描けば思っているよりも

簡単に収入を得る事ができると言う事を伝えていこうとおもう。

 

 

今では日本でも海外でも絵の仕事で生きていける

方法をようやく発見でき、自由きままに人生を楽しみながら

生きている。

 

その方法の具体的な事はメールで

伝えているので興味がある人は是非。

 

 

とにかく、旅をしてきて一番よかったのが、

こうしてあなたに伝える事ができる手段を得たと言う事である。

 

普通のブログに描いただけでは

そのうち誰も見なくなる記事も

僕の方法では一生誰かしら興味がある人が

見にきてくれる仕組みになっている。

 

せっかく書いた記事を読んでもらえないと

書いた意味がないと僕は思うので。

 

これからもこのような経験談を語り続けていこうと

思いながら旅を続けている。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ