1年で画家生活は劇的に変化する。


mevius

僕は世界中を自由に旅する画家。

 

絵を描きながら旅をしている。

 

もちろん、たまに日本に一時帰国する時も

南の島や自然が豊な場所で活動している。

3yamazamami

毎日絵を描いて十分な生活基準を満たし、

平日の昼間からビールを飲みながら

ビーチでゆったりとした時間を過ごす日々。

今年のクリスマスから来年のお正月開けまで

(2017/12/25〜2018/01/09)

ハワイのホノルルビーチで毎日

ライブペイントをする予定!!

 

そして世界中で出会ったアーティスト仲間達と

これからも楽しい企画をしていく予定。

 

もちろんこの世界画家旅人で

出会えたあなたとも楽しいイベントを

企画したいと考えている。

 

拠点を沖縄に移して画家活動は世界で!

これからは拠点を沖縄として

世界中を飛び回りたいと考えているので

今、良い物件を探している途中。

 

後でイベント内容を詳しく説明するが

ざっくり僕のこれからのライフスタイル

お伝えすると

 

正月はハワイでライブペイント

東京でZiNART個展

沖縄でキャンプペイント

沖縄でZiNART個展

どこかの国に絵を描く旅

正月のハワイでライブペイント

 

このようなサイクルをこれから

一生かけて繰り返していく事になる。

 

まさか僕の画家人生がこれほどまでに

輝くとは自分自身でも想像していなかった。

 

なぜならもともと、

僕には絵を描く才能がなかったからだ。

heta_paint
「絵が上手くなりたい!」
「海外に行って活躍したい!」
「南の島でのんびり絵を描いて過ごしたい!」

 

そんな事を漠然と考えていた

当時の僕には絵のスキルもなく、

英語も話す事もできない、

海外に友人がいるわけでもない、

絵を描いて収入を得る方法なんて知るわけもない・・・

 

そんな状況だったため、

僕が絵を描いて生活する!と夢を語ると

笑う人やバカにする人も沢山いた。

 

しかし・・・

 

人生は何が起こるかわからない。

 

 全て実話!小説「夢見る画家の不思議な旅」

これまで僕の画家人生は挫折や最高な仲間達との

出会いの連続で、うねるように浮き沈みを

繰り返す人生を歩んできた。

 

小学校低学年から感じていた自分自身の不思議な能力。

 

画家になると決断した高校2年生の春。

 

画家になる夢を諦めて逃亡した初めての沖縄の1人旅。

 

竹富島で出会った美しいイタリア人女性。

 

日本最西端にある与那国島の

海底遺跡から受けた非現実的な衝撃。

 

屋久島での遭難事件。

 

必死に画力を上げようとあがき続けた日々。

 

神様は残酷だと思う時もあれば

僕の進むべき方向性を提示してくれる人達との

出会いもプレゼントしてくれた。

 

それから数年後、

海外へ画家として生きる方法を

探す旅に出かける事になる。

 

それは自分自信への挑戦でもあった。

 

これが人生の大きな分かれ道だった事は間違いない。

 

旅の始まりの国はオーストラリアのケアンズ。

IMG_1845

海外には友人も、知り合いもいない。

そして英語も全く話せない。

しかし僕はあまり気にしていなかった。

DSC_1594

ゴールドコースト在住のクライアントさんから

ペットの空ちゃん陸ちゃんを僕の世界の中に入れて

欲しいとの依頼を頂き、ゴールドコーストを旅して

いた時にようやく直接会う事ができた。

 

画家として一番最初の大きな仕事であった。

cairns_airisan

完成した作品を部屋に飾っているのを見せてもらい

画家の仕事をしていて良かったと思えた瞬間だ。

SONY DSC

そしてオーストラリアでは絵で収入を得る方法を
学ぶ事ができた。

byronbaylivepaint1

他にも様々な依頼が舞い込んでくるようになったり・・・

paronellaparkpaint2

車が故障して身動きがとれなくなったり・・・

byronbay_kuruma-si

大自然のジャングルの奥地にある

岸壁に囲まれた滝を見にいったり・・・

byronbay_takitop

気を操る青年と出会い、

そこで不思議な出来事を経験したり・・・

byronbay_husigi
気がつけば英語も話せるようになり

外国人の友人を数多くつくる事ができた。

 

オーストラリアの旅では
様々なスキルを手にする事ができ、
本当に充実した1年間であった。

 

そして、ようやく日本に一時帰国する事にした。

 

しかし・・・日本に滞在して数ヶ月が経つ頃

海外での刺激的な経験が忘れられず

次は頭の中の世界を鮮明にするための

世界一周の旅にでる事になる。

 

始まりの場所はポルトガル。

 

モンサントと言う巨石でできた
山の上にある村へ向かった。

 

まるでRPGのような世界だった。

monsun

イタリアではミケランジェロの美術館などをめぐった。

milano

沖縄で出会った友人とお酒を飲んだり・・・

Belgiumfriend

オランダでは衝撃的な

カルチャーショックを何度も感じた。

Amsterdam1

Amsterdam2

チェコでは人骨教会で何万本とある本物の骸骨を見て、
この一つ一つに人生があったと思うと
考え深いものがあった。

Czechbones

ドイツでは日本人もドイツ人にあまり
知られていない大自然をまわったり。

kingslake1

ボスニアでは数年前まであった内戦の話を聞いた。

bosniamostar1

bosniamostar2

トルコのカッパドキアでは

沢山のインスピレーションを感じた。

野犬に襲われる事件もあった。

cappadocia_1

cappadocia_2

エジプトはこの時デモやテロの影響で

危険地帯区域になっていたため

ピラミッドを見に行った時も僕一人だった。

 

まるで僕のために建てられたピラミッドのようだった。

Egypt_1

絵の中にメッセージを残すために

ルクソール神殿で壁画の勉強もした。

luxor_1

luxor_2

ケニアのマサイ族の村で誕生日を過ごしたり。

masai_1 masai_2

世界最古のナミビア砂漠へ行った時も
僕にとって大切なものを手に入れた。

namibiadesert_1

横に描き続けていく360度ペインティング。

ナミブ砂漠で得たインスピレーションを

この作品の中に入れていく予定だ。

zinworld3

アルゼンチンでは赤信号になっている間の
短い時間を利用してお金を稼ぐ
パフォーマーがいた。

 

ここでは出稼ぎにきている日本人にも遭遇した。

Argentina_1

ボリビアのウユニ塩湖では水たまりに反射して

2つになった太陽を眺めながら

カップヌードルを食べてビールを飲んだ。

uyunibeer

ブラジルを訪れた時に

オーストラリアで出会った僕の仕事仲間の

サウンドクリエイターの家に行くと

ジャングルの森の奥地に住んでいたので驚いた。

reef_back reef_house1

メキシコでは絵を描くのに最適な宿を発見した。

 

屋上で波の音を毎日聞きながら
絵を描く事に集中した。

zinworld_pic1

たまっていた依頼作品もこの宿で描く事にした。

 

この作品はもうすでにギリシャに送ってしまったので

手元には残っていない。

zinart_pic1

ハワイに行った時にクレジットカードを無くしてしまい
現金もない、カードもない状況に焦っていたが、
一緒の宿に泊まっていたアメリカ人が
僕の絵が欲しいと言うので、この絵を売る事にした。

 

一文無しだったのが嘘のように
ハワイで豪遊する事になった。

hawaipainting

気がつけばこれまで世界43ヶ国以上を

旅しながら絵を描く仕事をしてきたり

多くのスキルを手にする事ができた。

 

この世界一周で巻き起こった全ての出来事は

まるで誰かが意図的に僕を画家の道へと

導いてくれたように感じざるを得ない。

 

僕の画家人生は不思議な出来事のオンパレードだった。

 

「これまでの不思議な画家人生を記録に残したい」

 

そんな思いから無料で読める小説

書き下ろしてメールで配信する事にした。

 

信じられない出来事も書いているが

それら全ては事実の話である。

 

登録は無料で面白くなければ解除も1秒で出来る。

 

※ZiNARTMUSEUMでは画家活動に必要な事は教えていません。僕と一緒にアーティスト活動をするなら世界画家旅人の違う記事を読んでください。


メールアドレス

この小説の中で巻き起こる出来事を

信じるか信じないかはあなた次第であるが・・・

 

念のためもう1度言っておこう。

 

この小説の中の出来事は全て実話である。

 

ZINART-MUSEUMとは?

ZINARTMUSEUMとは言わば

僕の作品を観覧したり商品を購入するための

チケットのようなものである。

僕の作品は僕と直接連絡を取れる人にしか

販売しないようにしている。

 

基本的に原画販売は世界にいる5人の

クライアントさんにしか販売しない。

 

はずだったが・・・

 

ZINARTMUSEUMで出会った人達から

連絡がきてどうしても販売して欲しいという

その熱意に押されて販売する事もあった。

 

とにかく僕は僕の絵を

大切にしてくれる人にしか手渡さない。

メールアドレスを入力するだけで

実話を小説にした「夢見る画家の不思議な旅」と

ZiNの絵画スマホ用待ち受け画面を

あなたにプレゼントしている。

 

作品に関する依頼や質問などの連絡は

ZINARTMUSEUMから届く小説メールに

返信する形か、もしくはそこにLINEの連絡先を

記載しているのでそちらからどうぞ。

それでは会員限定(無料)

ZINARTMUSEUMをどうぞよろしく。

 

アーティストの集い!沖縄キャンプペイント!

僕は日本が夏の時期には沖縄のとある島で

キャンプペイントをする。

 

そこに集まるアーティスト同士の交流や

イベント企画の考案、コラボアートなどの

まだ誰もやった事のない企画を実行に移したい。

 

もちろんアーティストでない人でも

のんびり絵を描いているので

遊びにきて欲しいと思う

キャンプ場の目の前には綺麗な海が広がり、

朝、目覚まし代わりに海に飛び込むと

そこら中で海亀が潜を食べにきている。

自然の中で仲間と共に絵を描く生活は

本当に穏やかな気持ちになり、一気に

ストレスが吹き飛ぶ。

この島は海外から来る人も多いので

楽しく海外交流もできる。

そんな生活をアーティスト仲間と一緒にしたい。

 

正月はハワイでライブペイントを企画している!

冒頭でも話した通り、今年の正月からは

ハワイでライブペイントをしていく

予定なのだが、正月のハワイは初めてだ。

 

一応、警察に行ってライブペイントを

する事は可能なのか訪ねてみると、

お金を稼がないのなら絵を描いてもいいとの事。

 

ただし、スプレーアートだけはダメだと言われた。

 

大丈夫。僕はアクリル画家なので。


今こうして世界画家旅人を見てくれているあなたは

お正月のハワイ、もしくは日本の夏の沖縄に

遊びにこれそうだろうか?

 

楽しいアーティスト仲間とゆったりした時間を

共有したいので、もしも来れるのなら

絵具とキャンパスなどを持参してきて欲しい。

 

確実に一生忘れられない思い出ができるので是非。

 

ZiNと繋がる仲間の輪

これまでの世界の旅とこの世界画家旅人で

出会った人達は本当に親切で優しい人が多い。

 

僕は面倒な人間関係が本当に嫌いである。

 

世の中には信じられないほど非常識で

心ない言葉をかけてくる人間がいる。

 

そのようなプライドと固定概念から、絶対に自分が

正しいと思い込み、視野が狭くなっている人間とは

関わり合いたくないと常々思っていた。

 

そもそも、そんな人間関係が好きだと言う人は

この世にはいないだろう。

 

しかし、この世界画家旅人は今や

年間約36万人が見てくれるまでに成長してしまった。

 

世界画家旅人にこれだけの数の人が集まるように

なれば、その中にも面倒な人が出てくるかもしれない。

 

っと言うより残念ながら日本人で1人だけ

そのような人が現れた。

 

「あなたの絵が上手いと思いません!

海外に逃げたのですね!」

 

これまで世界中で出会った人や

この世界画家旅人で出会った

ほとんどの人が本当に優しく、

思いやりがある人ばかりだったので

その一言は衝撃だった。

 

有名になればなるほどこのような人が現れる。

 

芸能人はよく我慢しているなと感心する。

 

この世には思いやりを持てずに

自分の価値観を押し付けてくる人間がいる事を

再確認してしまった瞬間であった。

 

僕は有名になりたいわけでもなければ

お金持ちになりたいわけでもない。

 

【僕がしたい事その1】

静かに南の島のビーチで

のんびり絵を描く生活。

 

【僕がしたい事その2】

沖縄やハワイのイベントに

遊びにきた人達と楽しく過ごす。

 

【僕がしたい事その3】

アーティストとしてスキルを持った

仲間と一緒にアートコラボした

作品を世界に配信する。

 

このような楽しい生活が出来れば

それだけで十分なのだ。

 

死ぬまでこの生活を一生繰り返して

生きていければ最高である。

 

しかし、そんな生活を邪魔する非常識で

面倒な人を遮断するために僕と直接

連絡をとってくれる人とだけ

共に生きていこうと考えた。

それからと言うもの、その考えに共感した

アーティストの仲間達が僕の所に集まるようになった。

 

そして今では僕の教えてている事を着実に実行し、

僕と同じように絵を描いて生きる事に成功した仲間や、

0の状態から年間48万人以上の人達から作品を

見られるまでに成長したアーティスト

誕生させる事に成功した。

今後も彼らが成長し続ける事は間違いない。

 

これからもどんどんこのような仲間を増やして

ハワイや沖縄で次に計画している

アーティスト仲間達とのイベントも

実行に移せるようになるだろう。

 

ちなみに僕とアーティスト仲間として

活動したい人はこちらの記事を読んで欲しい。

 

【アーティストにりたい人のための記事ランキング】

 

1位:路上で絵を売って1ヶ月20万円以上稼いだ方法

 

2位:画家になるにはそのプロセスを考えなければならない

 

3位:可能性を0から1にする方法とは?

 

ZiNARTアーティスト集団イベント企画!!

先ほども話したアーティスト達とのイベント。

 

それをするにはまず画力を上げなくてはならない。

 

そう考え出してから僕は

「僕の頭の中の世界の描き方」

というものを教えている。

 

もちろんそのタッチも。
【絵画教室ZiNARTのサンプル動画】

皆さん着実にその技術をものにしているが、

なぜ僕のタッチを教えているのかと言うと・・・

 

この先の事を考えているからである。

 

人が想像できる大抵の事は

現実化する事ができると僕は考えている。

 

今僕の頭の中には数人の僕のスキルを

手にした仲間と共に大勢の前で

ライブペイントをしている映像が流れている。

 

その絵は横に繋がるパノラマのような

作品であり、それは終わる事の無い無限アート。

 

これを現実にするため、

まずは本物のアーティストを

育てる所から開始しているのだ。

 

想像するだけでワクワクする。

 

もしもこのアーティスト集団に

参加したいという意思を持っている人は

こちらの記事を読んで欲しいと思う。

 

【アーティスト集団に加わりたい人のための記事一覧】

 

アクリル絵画の描き方を教える

 

SNSでZiNと繋がる人々

世界観画家旅人ではこれまでの

旅で得た知識や画家にとって有利な

海外活動の方法などの情報を提供している。

 

そしてSNSでは僕の新しい作品や

世界の旅情報も配信している。

 

インスタグラムグラム

【Traveling painter ZiN】 I love summer!!! I wanna stay in Paradise island forever !!!!!!!!!!!!Wakeup...Beer...Swim...beer...paint...beer...eat...beer...sleep... I'll get like this life style 🙂 #パラダイス島に永住する #どこ?沖縄? #石垣島でのんびり暮らす #のんびり絵描いて生活する #写真はバイロンべイ #世界画家旅人 #画家 #日本人 #絵描き #世界一周 #旅 #写真 #ファインダー越しの私の世界 #世界の絶景 #世界 #旅する画家 #アクリル絵具 #アクリル絵画 #アーティスト #zinart #zin #trip #traveler #travel #pictures #world_pictures #artist #japanese #painter nature

ZiN ART (Painter)さん(@painter_zinart)がシェアした投稿 -


SNSで一番利用しているのがこのインスターグラム。
最近では一日で10人〜30人フォロワーが
増えるようになってきた。

ここでは世界中の写真やZiNの絵画作品などを
掲載しているのでインスタグラマーの方は
是非フォローしてみて欲しい。

 

Twitter


最近までTwitterは使っていなかったが、
僕の画家活動をリアルタイムデお伝えするのに
役に立つのでこれから投稿していこうと思う。

ZiNのTwitterアカウントはこちら

 

Facebook

数年間このページは放置気味だったが
また最近Facebookページに
投稿していこうかと考えている。

ここでは僕がいる場所やブログ更新記事などの
情報を記載していく予定。
あとこちらのFacobook個人ページでは旅での出来事を
記載していこうと思う。
ZiNのFacebook個人ページはこちら

 

海外からの絵の仕事を提供している!

僕はこれまでの旅の中で世界各国の社長さんや

アーティストや僕の絵を購入してくれる

クライアントさんと出会ってきた。

 

そしてその繋がりを利用して海外からの

絵の仕事を提供して、画家としての

活動経歴に強いインパクトを

持って頂けるよう協力している。

 

すでに画力の試験に合格して

オーストラリアから世界に配信される

プロジェクトに参加した人も数多く紹介してきた。

しかし、僕はこの海外の絵の仕事を

誰にでも紹介するわけではない。

 

先ほども話したように世の中には

驚くほど非常識な人間がいる。

 

そのような非常識な人を僕の大切な

クライアントさんに紹介してしまうと

迷惑もかけてしまうし、僕自身の信頼も

失ってしまう可能性もある。

 

っというわけで僕と直接コンタクトを

とれる人で、さらにそこから僕が人間性を

見極め、常識がある人だけを紹介するといった

スタンスをとっている。

 

あとちなみに向こう側からの依頼となるので

こちらからは一銭もお金を払うなんて事はない。

 

疑い深い人や思い込みが激しい人は

ここまで疑うので先に言わせて頂いた。

 

っと言うよりそのような人はそもそも

紹介しないようにしているため、このような

スタイルをとっているのである。

 

【詳しくはこちらを読んでおいて欲しい】

 
海外からの絵の依頼を手にする人の条件

 

ZiNと共に生きる仲間達の声

僕の熱い気持ちが伝わったのか

読者の方達から毎日、多くの相談が寄せられるので

承諾を得た人達の中からほんの一部だけ紹介しよう。

 

※これらは僕と一緒に活動するためにZiNARTメールマガジンを読んでいる人の相談や感想なのでZiNARTMUSEUMを読んだ感想ではありません。

■大学に通っているYさん

 

初めまして!

私は今芸術大学に通っています。

突然の質問で申し訳ないのですが大学って

行く意味があると思いますか?

芸大に入る前は絵で生活したいと思ったのですが

現実の厳しさに直面しています。

それに今の芸大で絵の上達ができるとは思えないです。

他に相談する人がいなくて苦しくてこれから先

絵を描いて生活できるのか不安になってしまいます。

■絵画教室に興味があるHさん

 

こんにちは!

絵画教室に興味があり、メールマガジンに

登録させて頂きました!

ジンさんは世界を旅している

との事ですが最初の資金をどのようにして

貯めたのでしょうか?

世界画家旅人を読んでいて世界を自由に駆け巡る

ジンさんの姿に心打たれました!

僕もジンさんのように

世界で活躍する画家になる事を

目指してこれからも活動していこうと思っています!

■メルマガを楽しみにしているTさん

 

メールマガジンいつも楽しみに

拝見させて頂いてます。

今まで気付かなかった事や

私のあまい考えを学ぶ事ができ、

大変勉強になっております。

ジンさんのメールマガジンを読んでいて

ジンさんの凄さを感じます。多くの事を学び、

それを生かそうとする努力を惜しまない・・・

そして時折見せるおもしろい所も

魅力の一つですね!

これからも色々な事を

教えて頂きたいと思っておりますので

何卒よろしくお願いもうしあげます。

これらのメールはほんの一部であるが、

ありがたい事に今この瞬間も毎日

数多くのメールを頂いている。

 

本気で絵を描く生活を手に入れたい人だけ

下の記事を読んでおいて欲しい。

 

【本気で絵を描いて生活したい人のための記事一覧】

 

絵のブログを作っても絵は売れない!?その理由と対処法!

 

【重要】画家になる方法を2つ紹介する。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ