海外から絵の依頼をうけて収入を得る事ができた素人時代


SONY DSC
僕が世界を旅する前にオーストラリアに住んでいる

グラフィックデザイナーのAIRIさんからの依頼でこの絵を描いた。

 

当時僕は専門学校卒業間近にひかえたこの頃は

「絵の就職につかなければならない!」

という固定概念があったので、絵の就職のため何社か受けたが

面接時に全否定されたり、うちの会社には合わないと

言われる状況で、どうすればいいのか人生に迷っていた時期だった。

 

そんな状況の中で当時の僕はいつか個展を開くため

絵を描き続けていてシロノゾウという作品で

突然大金を手にする事となった。

 

詳しくは下記事を見て欲しい。

絵画を購入してくれた社長さんが行方不明に・・・

zironozouzin

そしてアメブロにのせたこの絵の制作過程をのせた動画を見て

AIRIさんがオーストラリアからわざわざ電話をかけてきてくれて

絵の依頼を頂いた。

 

その依頼はAIRIさんが飼っているペットの

RASAちゃんRIKUちゃんを僕の世界の中に入れて欲しいと

いうものだった。

sora2

 

riku_1

今ではこのような依頼はすべてお断りしているが、

当時は僕は絵の仕事ができるという喜びでこの依頼を

受ける事にした。

 

ペットの絵を描くと言うのはかなり難しい。

 

なぜなら動物を描くだけなら簡単だがペットを描くとなると

似せる必要があるからだ。

 

自分が飼っているペットならずっと一緒なので

違いがわかるようになるが始めて見る他の人が

飼っているペットを描くとなると

顔の違いなんてものはわからない。

 

しかも僕の流儀で写真をそのまま

描き移すような事はしないようにしている。

 

写真を描き移してしまうと僕の世界の中で

その動物だけ動きが止まったような表現になってしまうからだ。

 

なので僕は動物を描く時は一度頭の中で

自由に動かしてみて一番良い角度で

描く事によって躍動感を表現する。

SONY DSC

まず最初にした事は何度も

SORAちゃんRIKUちゃんの動画を見て

頭の中に体の細部まで叩き込む。

 

その後自分の頭の中の世界で自由に飛び回った

2匹を見ながら一番いいアングルで止めてから、

それをすぐ鉛筆で下書きするようにする。

SONY DSC

本来僕は下書きをせずに絵を描くのだが

このような依頼が来た時はペットを

似せなくてはならなかったので、

あえて下書きをする事にした。

 

そして合計48時間を費やして完成したのがこの作品だ。

SONY DSC

B1(728×1,030)サイズの大きな絵だ。

 

基本的に僕はこのサイズの絵を描いている。

 

僕に絵を依頼するクライアントさんのほとんどが

外国人で日本の家に比べると海外の家は広く

大きな絵を飾るのに十分なスペースがあるからだ。

 

この頃はまだ英語も話せず、海外も韓国しか

行った事はなかったが何故か僕は海外で活動できる自信があった。

 

ただそのためにはまず日本で絵の就職をして

職歴をつけなくてはならないという思い込みがあった。

 

世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら

旅をして気づいたが「職歴が必要」なんてものは

日本の社会がうみだした個人の才能を

奪うくだらない考えだと僕は思っている。

 

何かを成し遂げたい人はそれに情熱を燃やし、

次に行動にうつす事ができれば社会の常識を

ひっくり返す事は誰でもできるのだ。

 

日本人は大人が言った事を真実だと思い込み、

社会の常識にとらわれる人が多すぎる。

 

海外に大きな目的を持ちながら旅にでると

日本での常識がいかにちっぽけなのかを

思い知る事になるだろう。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ