世界が広がる!画家活動に必要なものとは?


人脈とは不思議なもので人生において

出会う人の数が多ければ多い程幸せになっていく。

 

そして画家活動に必要なものもそこに含まれている。

 

 

僕がまだ20歳の時・・・

 

その頃の僕は人生の道を断たれたかのような感覚でいた。

 

全てが上手くいかず、絵を描く仕事を

したいと思っていたが僕の前には

大きな壁が立ちはだかる。

 

 

 

 

就職先でパワハラあい、ストレスを抱えた毎日・・・

 

まるで上級者向けのスキー場の

コースにあるコブのように

僕の額はデコボコに腫れ上がった。

 

毎日朝から晩まで働いていたが、

専門学校の学費すら貯める事ができていなかった。

 

 

 

そんな中で友人が違う世界へ旅だってしまったのを

きっかけに僕は沖縄へ逃亡した。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

学費を貯める事も、仕事も、何もかも

上手くいかない人生に嫌気がさしていた時だった。

 

人と人は繋がって行く

沖縄放浪の旅は約2ヶ月にもおよび、

最後に行った竹富島でカミッラと言う

イタリア人女性と出会う事になる。

 

 

彼女は日本語を勉強するため

東京に住んでおり、沖縄は世界でも

トップレベルの海の美しさを持つ場所と

知っていたようで彼女も沖縄で日頃の疲れを

癒しにやってきていたようだ。

SANYO DIGITAL CAMERA

それから5年後・・・

 

 

僕は彼女とイタリアで再開した。

 

 

 

昨晩のバルセロナで起こった航空券のトラブル

スリ集団事件で疲れきったままスペインの

ミラノに到着した。

 

 

宿も予約していなかったので大きな荷物を

持ったまま宿探しから始めなければ

いけなかったが、ミラノは大きな街

なので以外と簡単に宿を確保する事ができた。

 

チェックインしてこの日は夕食も

食べる事なくそのまま夕方まで

一度も起きずにベットに沈むように

寝入ってしまい、目が覚めると

疲れは嘘だったかのように体も回復している。

 

 

 

Facebookのメッセージを見るとカミッラから

連絡が入っており、待ち合わせ場所を決めた。

 

カミッラとは5年ぶりに再開する事になるが、

僕がこれまでどんな人生を歩んできたのかも

画家として世界を旅している事も知らない。

 

 

 

 

カミッラはあまり人と連絡をとらず

Facebookをやっている事を知ったのは

スペインに滞在している時だった。

 

そんな彼女から急に友達申請が届き、

「ミラノに来るなら遊びにきて」と

言ってくれたので僕はミラノに行く事にしたのだ。

 

 

 

待ち合わせ場所に到着して5分程度

待っているとカミッラがこっちに

向かって歩いてくるのが見えた。

 

「久しぶり!」

 

僕が声をかけると綺麗に並んだ

白いはを覗かせながら笑顔で

返事を返してくれた。

 

「久しぶり!元気だった?」

 

5年ぶりに会ったカミッラは大人の女性に

なっていた。

 

僕がイタリアに来るという事で

カミッラがイタリア料理を

自宅で作ってくれているという。

 

僕達はこれまでのお互いの

人生を語り合いながら

カミッラ宅へと向かった。

 

カミッラは14世紀に建てられた

建物のマンションに住んでいる。

italy_camilla

日本では考えられない事だが

ヨーロッパでは築400年600年

なんて事は普通だと言う。

 

人生は数年で激変する

これまでの5年間で何があったのか

お互いに話していたが、カミッラが

一番驚いていたのは僕が英語を

話せるようになっていた事だった。

 

沖縄で出会った頃は英語なんて話す事は

一生不可能であろうと思えるほど僕には

英語力もなかったし、学校でも英語の

テストがある日は近くの大学の広場で

ハトに餌をやりながらテストが

終わる時間までのんびり昼寝していた。

 

それほど英語が苦手だったである。

 

 

 

人はやる気になれば何てもできるようになる。

 

 

 

固定概念が邪魔をしてできないと思ってしまえば

スタートすらきれない事をこれまでの

旅の中で学んできた。

 

 

 

 

そして僕は画家になると信じて行動した結果が

現在の生活に結びついているのだ。

 

 

 

 

旅をしながら人と出会い、その人の輪が

広がるにつれて絵の仕事も多くなっていく。

 

画家になるためには人との繋がりを絶やしてはいけない。

 

画家活動に有利な人脈

日本では画家になる事は難しいと言われているが

僕はそうは思わない。

 

ただ単に日本では画家になる人に対する

体制が整っていたいだけで行動して人脈を

作り続ければいずれ仕事も入ってくるようになる。

 

 

なので僕は旅をしながら画家活動をして

人脈を世界に広げてきた。

 

そして現在ではパソコンとキャンパスさえあれば

どこの国でも画家として生きる事ができる方法まで

発見してしまった。

 

 

僕は昔から会社に雇われる事なく画家として

自由に生きたいと願い、それを現実にするため

実行にうつしてきた。

 

 

その結果が今になって現れているだけなのである。

 

 

これは世界を旅しなくては

日本で画家になれないと言う事ではない。

 

 

日本に住んでいても海外を旅していても

どこにいようがインターネットが繋がる環境さえ

あればどこでも絵で収入を得る事ができる。

 

 

 

 

イタリアに来た時はまだその方法を発見できて

いなかったのでひらすらネット上で

僕の活動を宣伝していた。

 

 

 

 

今になって思えば何てもったいない事を

していたのだろうと思う。

 

確立された正しい方法で活動していれば

画家活動をさらにスピーディーになおかつ

途切れる事のない人脈も作りだす事ができるのに。

 

 

 

 

僕の歩んできた道を知ればその意味がわかる。

 

 

 

 

僕がどう歩んできたのかを知る事によって

画家人生を激変させる事も可能になってくるので。

 

ちなみに僕の歩んできた画家への道は

メルマガの方で公開しているので興味があればどうぞ。

 

 

 

 

海外で絵で収入を得るのは思っているより

簡単だったが、日本で画家として

収入を得るには知識と情報が必要である。

 

それに気付くか気付けないかで

その人達の差は大きく分かれてくるのだ。

 

 

 

カミッラとも出会えた事によって

ミラノの旅もよりいっそ楽しいものになる。

 

人脈は仕事に繋がるだけではなく、

人生における貴重な経験としても

心に刻まれるのだ。

 

それが人間を成長させて行く事は間違いない。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ