世界を旅する画家が選んだ一番の離島は沖縄の座間味だった。


僕は画家として世界をまわってきたが、

沖縄の座間味は自然豊かで目の前には

海があるこの環境、低価格で滞在でき、

そしてのんびりとした雰囲気・・・

zamami-huneasa

このような環境は世界的に見ても

珍しいのではないかと思う。

 

 

この島でキャンプペイントしたのには

このような完璧な環境がそろっているからだ。

 

ハワイやメキシコも良いが、やはり

僕は日本が好きだし、沖縄のこの

ゆったり時間が流れる空間が好きだ。

 

 

 

 

この日も太陽の光で目覚めた僕は

朝から海へ飛び込み、ウミガメと泳いだ。

 

そしてキャンプ場で仲良くなった

蘆野さんに僕はいつも朝食を作ってもらう。

zamami_asinoramen2

これは昨日一緒に飲んでいる時に

食べた沖縄の角煮ラフテーの残り汁と

酒を少し混ぜたラーメンだ。

zamami_asinoramen

かなり美味しい。

 

ラフテーの肉汁と酒が

ちょうど良いバランスで麺に絡み付く。

 

 

朝から海で泳いでウミガメと戯れ、

遊びきったラーメンを食べる。

 

この生活は本当に最高だ。

 

 

 

もうすでに座間味滞在5日目になったが、

まだ絵は下書きから何も進めていなかった。

zamami_jirosandositagaki

僕は描きたいと思った時に絵を描くようにしている。

 

 

しかし座間味でのキャンプ生活は楽しすぎて

絵を描くよりものんびりしたいと言う方が

勝ってしまっていた。

 

 

それでも収入は入ってくる。

 

 

これも日本で画家になる方法を

発見できたからこそできる生活なのだ。

 

 

 

 

 

しかし、いい加減絵を描かないと

座間味まで来た意味がない。

 

なのでそろそろキャンパスに

絵具をのせていく事にした。

 

これがその時の様子。

ここはキャンプ場の広場で奥にある

木でできた通路を通るとすぐ海がある。

 

最高に贅沢なライブペイントだ。

 

ここでは特にお金もうけも考えていないし、

収入を得る方法は別にあるので

お金を稼ぐ必要もない。

 

ただ楽しいから座間味で

絵を描いているだけなのだ。

 

 

そして僕は基本的に絵を描く時は

キャンパスには下書きをしない。

 

下書きをしてしまうと、その下書きに

捕われすぎてしまい、自由な発想ができなく

なってしまう事があるので。

 

 

 

今回描くのは「世界」ではなく「アート」

 

これは僕の頭の中の世界にある

植物を使ったアート作品である。

 

現実世界で言えば生け花のようなもの。

 

僕の頭の中の世界については下の記事で

説明しているので興味があれば読んでおいて欲しい。

不思議な能力を使って画家として生きていく決断をした日

 

 

 

そしてもう一つ島で絵を描く理由がある。

 

それは集中力が増すという事。

 

 

これは僕が自然が大好きだからと言う理由だから

なのかもしれないが、アトリエで絵を描くのと

開放的な場所で絵を描くのでは集中力が

断然変わってくる。

 

 

 

それに外で絵を描いていると

様々な人が話しかけてきてくれるので

それで人脈が広がっていく事が楽しくて仕方が無い。

 

 

 

 

 

これまで世界中で絵を描いてきた中で

多くの人脈を広げてきたが、そこで

出会った人達から絵を売って欲しいと

依頼をされる事が数多くあった。

 

 

それにアトリエで描いていれば

一人で描く事になるが、気分転換が難しい。

 

 

 

 

 

しかし、このキャンプペイントをしていると

話しかけてくれる人が大勢いるので退屈せずに

気分転換もできるためか、時間が経つのがかなり

早く感じられるのだ。

 

そんな理由から僕はライブペイントを

世界中でする決断をしたのだ。

 

 

 

最近はライブペイントをせずとも

収入を得る方法を発見してしまったので

日本でも海外でもパソコンとキャンパスさえあれば

生活できる状況にある。

 

 

 

絵で収入を得る事は日本では難しいと

言われているが、僕はそんな事はないと思う。

 

 

 

僕のように定期的にオンライン絵画教室を

開講したり、原画を売らずにその絵を利用した

商品を販売するために必要な知識さえあれば

どこにいても収入を得る事は可能だ。

 

その方法はメルマガの中で語っているので

興味がある人だけに読んでもらえれば良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

絵を描き始めてからいつの間にか

4時間も過ぎていたので体は

バッキバキになり、体に疲労が

溜まっていたのでそのまま服も脱がず

海へと飛び込みにいった。

 

 

 

プカプカ海面に浮かびながら青い空を眺める。

 

梅雨明けした沖縄の空には

一つも雲が浮かんでいない。

 

このまま寝てしまいそうだったが、

流されて死んでしまっては僕の作品を

楽しみに待ってくれているファンの人達が

悲しんでしまうのでハンモックで寝る事にした。

 

 

 

 

海から吹く風にハンモックが揺られ、

波の音を聞きながらボーっとしていると

いつの間にか寝てしまい、起きた時には

すでに夕方になっていた。

 

 

 

 

そろそろ晩ご飯の支度をしようと思い、

キャンプ場に設置されている調理場にいくと

外国人がその辺で拾ってきた薪を組んで

肉を焼いていた。

zamami_gaijinniku

ここ座間味は国立公園に指定されてから

外国人の観光客が急激に増えたようだ。

 

 

こんな時、海外を旅してきてよかったと思える。

 

英語を話せないと外国人との交流もできない。

 

 

 

僕は彼にどこで薪をとってきたのか訪ねると

「この肉食べてもいいよ」と返答になっていない

嬉しい言葉が帰ってきた。

 

 

「これも食べなよ」と言い、

沖縄の高級魚であるミーバエも焼いてくれた。

SONY DSC

話を聞くとこの変にミーバエが

大量に釣れるポイントがあるようだ。

 

後にその場所で釣りをする事になるのだが、

ミーバエだけではなく、本当にそこで大量の魚を

つり上げる事になる事をこの時の僕はまだ知らない。

 

 

そのポイントや座間味の楽しみ方を

まとめているので、座間味に行く予定の人は

こちらの記事も読んでおいて欲しい。

座間味を100倍楽しめる観光の仕方を画家が語る

 

 

 

ちなみにミーバエは本当に美味しい。

 

高級魚と言われるのがわかる。

 

肉厚があり、ふわふわの身から

旨味が溢れ出していた。

 

 

明日は座間味の絶景ポイントで夕日を見る予定だ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ