旅は怖くない!海外で絵を描く旅をして得した事とは?


byronbay_oumuojisan

旅をしたいけど海外は怖いとよく

絵を描く友人から話をされる事があるが、

旅に出ると得する事がある。

 

僕は絵の修行、そして絵で生きる方法を探すために

旅にでる事を決意したがそれ以上に得るものがあった。

 

旅の始まりはオーストラリア。

 

そして絵を描いて十分な収入を稼ぐ方法を

発見したのがバイロンベイと言う楽園である。

byronbay

バイロンベイに長く滞在していると

画家活動に有利な出会いや経験をする事ができる。

 

 

具体的に何を得る事ができるのか?

 

今回はその事について語っていこう。

 

日本にはない環境を体験できる

byronbay_hanmoku

バイロンベイは世界中からアーティストが

集まる町でもあり、アーツファクトリー

と言う宿には旅をしている多くのアーティストが集まってくる。

 

ここはすぐ隣が森になっていてキャンプ場や

コテージも設置されており、野生動物が頻繁に

キャンプ場に現れる場所でもある。

 

 

ハンモックでのんびり過ごしているとその下を

徘徊する大きなトカゲがよく現れる。

byronbay_tokage2

ここに滞在していれば当たり前の光景になり、

危害も加えてくる事もないので皆気にしていない。

 

byronbay_esatokage

食事をしているとトカゲが餌をもらいに

近寄ってくる事があるので愛着がわいてくる。

 

世界中にアーティストの仲間ができる

byronbay-eventutaart

夜になるとたまにイベントのようなものが

開催され、外国人がギターを演奏しながら歌を披露する。

 

 

ここにくるアーティストは歌を歌っている人が多く

絵描きは僕しかいなかったようだ。

 

ここで絵を描いていると様々な国からやってきた

アーティスト達が話しかけてきてくれて

お互いのスキルを見せ合う場ともなる。

DSC_2235

それがどう得するのか?と言うと

僕はこの後、世界43ヶ国以上をキャンパスと

絵具道具もって旅をする事になるのだが、

オーストラリアの旅で出会った人達の

国に行く時に連絡すると、必ずおもてなし

をしてくれる。

 

これにより、観光客が知らない秘密の場所などを

世界各国で訪れる事ができたのだ。

 

しかも、家にも泊めてくれる友人もいるので

ヨーロッパの旅はかなり宿代を節約する事ができた。

 

アーティストからの依頼を頂ける


前回のオーストラリアの記事でも書いたように

バイロンベイで活動していると僕の噂を聞きつけた

人達からの依頼で収入が大幅にアップする事がある。

 

ちなみに前回の記事と言うのは

3.11の世界的に同時に行われてる

イベントのポスター以来であった。

 

詳しい事は3.11大震災のポスターイベント依頼

と言う記事で書いているので見ておいて欲しい。

 

 

絵を気に入ってくれた人がCDジャケットデザイン

などの仕事をくれる事がよくあった。

 

 

その3.11のポスター依頼をしてくれたハーシャ

家に頻繁に遊びにいくようになっていたが、

そこにリーフと言う青年が父親とバイロンベイに

きており、彼はサウンドクリエイターの仕事をして

父親のトーマスはブラジルで有名なミュージシャン

の仕事をしているらしい。

reefsound

毎日このシェアハウスに遊びにきていたので

リーフとも仲良くなり彼からもCDジャケット

のデザインを頼まれる事となった。

 

そしてこの数年後、彼の故郷である

ブラジルに行くのだが、そこで彼の家を訪れ

驚愕の暮らしをしている事を知った。

 

しかし、それはまだまだ先の話。

 

英語を話せるようになる

cairnsnakayoku

画家が英語を話せると最強の武器になると感じた。

 

なぜなら日本はまだまだ絵に関しては

それほど関心がない人が多いが、外国だと

まるで絵に対する価値観が違ってくる。

 

そうなると外国で絵を売る方が

確率的にも飛躍的に買ってくれる可能性が上がる。

 

僕は学生時代から英語が一番苦手で

テストのある日はさぼって近くの大学で

ハトに餌をあげながら昼寝をしていた。

 

 

 

それほど英語が苦手ではあったが、

この旅で絵を描く事により、多くの外国人と交流

する機会が増えたのでいつの間にか英語で普通に

会話し、深い話もできるようになり、相談にも

のれるくらいまでに成長する事となった。

 

英語が話せないから外国に行くのが怖いと言う

人もいるようだが、3ヶ月もあれば日常会話

くらいは誰でもできるようになる。

 

 

 

ただし、日本人とばかり遊んでいては

英語を話す事ができずに日本に帰国する事となる。

 

僕も一度ケアンズで英語から逃げた事があったが、

今では世界中どこに行っても友人がいる。

 

ちなみにその英語から逃げた時の状況の詳細は

こちらの英語勉強から逃げてしまった日々の始まり

という記事で掲載している。

 

世界を旅する画家のまとめ

byronbay_ayuakkun

これまで世界中を旅してきたが、

本当に旅にでて良かったと思っている。

 

このバイロンベイだけでも

 

「絵で収入を得る方法」

「外国人とのコミュニエーション」

「人を引き込む話の仕方」

「英語」

「0円で楽園に数ヶ月滞在できる方法」

などなど・・・

 

数多くのスキルを身につける事となり、

この経験が僕の人生に大きな影響を与えていると

言っても過言ではない。

 

もしも、海外に絵の修行にでる旅を

辞めていたら・・・想像するとゾっとする。

 

 

もしかすると普通の会社に入りながら

休みの日に絵を描いて僕は画家をしていると

言いはっていたかもしれない。

 

もしくはバイトをしながら個展をして

人生一発逆転を狙っていたかもしれない。

 

上で話したように日本ではアートに対する

価値観があまりにも低い。

 

この事から世間では日本で

画家になる事は難しいと言われている。

 

しかし・・・

 

旅にでる事で画家になる事はそれほど難しい事ではない

という事を知れて本当によかったと思っている。

 

もちろん今では日本でも絵で生活できるほどまでに

成長できたのも知識や情報を手にいれた事からだ。

 

僕はこの日本で画家として活動しながら

新しい作品を生み出す画家が増える事を願い、

絵で生きていけるようになる人を増やす

プロジェクトも考えている。

 

その方法は僕がやってきた事をするだけ。

 

これは海外に行くという事ではない。

 

僕の生きてきた道に興味がある人だけ

メルマガでその道をお伝えしている。

 

とにかく、今のこの日本のアート事情を覆すには

さらに大きな行動に移さなければならない。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ