カッパドキアの景色とプール付き!豪華なのに安くで滞在できる宿!

僕が泊まっているお勧めのカッパドキアの宿は

ここしかない。

 

Rock Valley Pension

 

カッパドキアのにあるギョレメと言う街の中に

古い屋敷のようなホテルがある。

 

中は2階建てで僕はドミトリーで宿泊していたが

他にも2人部屋や5人部屋など大人数でも泊まれる部屋もあり

朝食もついて800円〜5000円程度で宿泊する事もでき、かなり安い。

turkey_yasuyado

そしてこのホテルの裏にはこれぞカッパドキア

言った景色が広がっており、その景色を見ながら

プールで泳ぐ事も可能。

 

カッパドキアの暑い夏を快適に過ごす事ができる。

cappadokia_hotel

ひとまず今日はスーパーで買ってきた食材で

サンドイッチを作って食べる。

cappadokia_tomatomesi

僕はこのカッパドキアで絵の参考になる景色や

僕の描いている「地球ではないような世界」を

ここで感じ、さらに吸収する事で絵のスキルの

向上に勤めようと思う。

 

なのでいつまで滞在するかは決めてない。

 

 

滞在している間はずっとこの宿でお世話になり、

ここで多くの友人と巡り会う事ができた。

 

このホテルに宿泊した時の一日の流れ

朝は太陽の光と共に目覚め、

朝食はパンやジャムなどが食堂に並び

それを食べて音楽を聞きながら

景色が見えるテラスに座る。

 

そしてコーヒーを飲みながら

異様な形の岩山が太陽に照らされていくのを

ボーッと見つめている。

 

 

そんな平和な朝が終われば

ギョレメ観光ツアーに参加したり、

のんびり散歩して歩きながら

カッパドキアの風景を楽しんだり。

cappadokia__kesikizin

cappadokia_gyoremekikyu

夕日が沈む頃に宿に戻り

シャワーを浴びてそのまま

プールに飛び込んで体の疲れを癒す。

 

その後は街へブラブラと出かけ、雑貨屋さんや

オシャレな雰囲気のレストランにいく事が多かった。

cappadokia_kaimono

宿にバーベキュー設備が設置されており、

スーパーで買ってきた食材をそこで焼いて食べる。

 

 

空には満月がプールに反射して

気温もいい感じに冷えてくる。

 

 

 

ここでの生活は最高であった。

 

旅にでる事で画家になれる可能性を上げる

paint-iwayamaup

これはカッパドキアの世界と僕の世界を融合させて

描いた作品の一部である。

 

カッパドキアはどこを見ても不思議な世界が広がっており、

神秘的な場所であるが、少し街から外れると

野犬に追いかけられたり道に迷ったりして

危ない目にもあったが、今では旅のいい思い出として

僕の心に焼き付いている。

 

 

これからカッパドキアで見た光景や出来事を

この世界画家旅人で語っていくので

中東の旅を気長に見てもらいたい。

 

 

 

やはり旅をすると感じ方や物事の捉え方に

変化や衝撃が生じ、画家活動にも大きく影響される事は確か。

 

毎日時間に終われ、アルバイトにせいを出すよりも

貧乏旅行をする方が確実に画家にとって

いい経験値になる事は間違いない。

 

画家になれる可能性があがり、

スキル向上をする事ができる紛れもない事実なのだ。

 

 

なので今から本気で画家として活動していきたいと

考えている人は旅にでていい経験をつみ、

それを全て吸収する事から始めると

想像している未来のあなたの姿に近づく事ができるのだ。


タグ:  

カテゴリ:中東の旅 

カッパドキアを観光して絵に役立つ情報を手に入れる。

カッパドキアのギョレメについてすぐに

宿を確保した僕は悩んでいた。

 

カッパドキアには数多くの観光地があり、

どこからまわるべきなのかわからなかったのだ。

 

世界を旅していると様々な場所で自分の絵に

役立つ場所が存在するがこのギョレメと言う場所は

観光地が無数に存在する。

 

ちなみにこれがカッパドキアからもらった情報を

元に描かれた僕の作品の一部だ。

paint-iwayamaup

この絵の事は最後に記載するので見て欲しい。

 

同じ宿に泊まっていたキャロルと言う女性が

近くに歴史的にも古いギョレメ野外博物館が歩いてすぐの

所にあると言うので一緒に向かう事にした。

 

日本人観光客はこの時期(9月)はあまり滞在しておらず

宿にも外国人しか泊まっていなかった。

 

僕にとっては好都合であった。

 

なぜなら日本人と旅をするより外国人と旅を

する方が自分の知らない情報をたくさん持っており

刺激にもなるし良い経験にもなるからだ。

 

さっそくキャロルとギョレメ野外博物館へ向かう。

 

博物館へ向かう途中の景色も見所がある

博物館にいく途中の景色はやはり地球ではないような

景色が広がっており、そこら中に馬が飼育されている。

turkey_umasougen

このような異様な景色は日本では見る事ができないため

画家として貴重なインスピレーションを受ける事ができる。

 

まさに旅は画家にとって貴重な財産を構築していく

一つの手段でもあるのだ。

turkey_iwauma

どこを見ても中をくりぬいたような岩山を見る事ができ

僕の頭の中の世界をよりクリアにする事ができ

絵を描く時にもかなりの手助けとなる。

turkey_syonichi

turkey_jimen

 

博物館見学は音声レンタルをお勧めする

石畳の坂道を数分歩くとようやく見えてきたギョレメ野外博物館。

turkey_cappadokiaall

博物館の入り口で音声案内をレンタルしたいと

言うので僕もその考えに同意した。

turkey_kyaroru

説明なしと説明を聞きながら中を見るのとでは

感じ方や臨場感も変わってくる。

 

ここで何が行われたのか?

どうしてこんな場所が作られたのか?

などを知りながら見学すると自分の中に

新しい知識が蓄積され、一つ成長したかの

ような感覚も味わえるからだ。

 

 インディージョーンズの世界観

さっそく中を見学する。

turkey_capanamae

岩をくりぬいただけの通路はかなりせまくしゃがまないと

奥に入る事ができない。

 

まるで冒険しているようだ。

 

インディージョーンズを思わせるような世界観であり、

僕は胸を弾ませながら中に入るのだった。

turkey_capana

逃げて来たキリスト信者達

岩山の穴の中には数多くのフレスコ画が描かれていた。

 

ここはリンゴ教会と言われている場所で

なぜこんな所にキリストのフレスコ画が描かれているのだろう?

turkey_caphekiga1

実はその昔、多くのキリスト教徒が迫害を受け、

この地に逃げ隠れるように岩山に穴を掘り

多くのキリスト信者がここでお祈りをしていた。

 

カッパドキア様式と言われておりかなり貴重な物となってる。

 

穴をくりぬいたドーム型のアーチを手作業で掘り

これだけ滑らかに形を作れるとは凄い技術だ。

 

キリスト今日の顔がけされているのも

キリスト教をよく思わない人物に消されて

しまったのかもしれない。

 

しかし一方で壁画は年月が経つにつれて削られていくように

消えていくようであり、これはマナーの悪い観光客が

直接触って削れ消えている事も原因の一つでもあると言う。

turkey_caphekiga2

これは本物の人骨である。

 

死体と生活する昔の人

中には人間を埋葬するためのいくつもの穴が

掘られており、まさに異様な光景とはこの事であろう。

turkey_hakahone

人間の死体がすぐ近くにある場所で

生活していたのだと思うと現代では

考えられない思考を昔の人は持っていたのだと感じた。

 

 蛇の教会にあるダイニングテーブル

ここは蛇の教会と言われており、

このまわりには蛇のフレスコ画が描かれている。

 

これは現在で言うダイニングテーブルのようなもので

ここで毎晩キリスト信者が集まり神に祈りを捧げながら

食事をとっていたようだ。

turkey_capdinertable

 

 岩山の強度の秘密

このギョレメ博物館は2階構造になっており、

岩を掘っただけなのに崩れたりはしないのか?

と思っていたがその心配はないようだ。

 

この岩山は雨が降り水分を吸収する事で

その硬度が上がっていくのだと言う。

turkey_capcarolsita

現在のような技術がないこの時代にこれだけの

岩穴を掘るのにはかなりの人でと時間が

かかったのだろうか?

 

想像するだけでも気が遠くなるような

作業の繰り返しがこの素晴らしい岩山教会を

つくりあげたのであろう。

絵を描く時に役に立つ想像力を手に入れた
このように岩山をくりぬいてできた

教会は世界中にもあるようだがこの

カッパドキアにはその数が比べ物にならない程

無数に存在する。

 

ちなみに僕のこの作品の建物はカッパドキアの

岩山と僕の頭の中の世界が合致した事から生まれた

作品である。

paint-kinosimakame

やはり旅をする事によって僕の中に知識が蓄積されていく事で

僕の絵にも影響がでてくるようだ。

 

ちなみに僕は普段僕の頭の中にある世界を描いているが

世界の景色を見る事によってその場所と頭の中の世界が

リンクする事で新しい世界が生まれる。

 

それを描いているだけなのだ。

 

なので僕にスランプと言う言葉は存在しないのである。

 

 

 

さて、明日はどこへ行こうか・・・

 

そんなこ事を思いながら異様な景色を横目に

宿にもどるのであった。


タグ: 

カテゴリ:中東の旅 

イスタンブルからカッパドキアへ行く時にある事件が起こっていた。

昨日のイスタンブルの街にいた

大勢の警備隊はすでに撤退していた。

 

死者がでるほどのデモがあったとは

思えないほど早朝7時のイスタンブルの

街は穏やかな朝を迎えていた。

 

 

今日からスターウォーズの撮影でも

使われたカッパドキアに向かう事にした。

 

 

朝7時のバスに乗り、まずはトルコの首都アンカラを目指す。

 

トルコではイスタンブルとカッパドキアが有名であるため

イスタンブルを首都と勘違いしている人が大勢いるが

実はアンカラがトルコの経済を支えているのだ。

 

 

イスタンブルからバスで約6時間。

 

アンカラに到着したが僕はすでに気持ちは

カッパドキアに向かっていたのでこの日は

すぐに宿を探して明日に備え睡眠をとる事にした。

 

 

カッパドキアは異様な岩山の形に無数の穴が

あいており、その中に無数の部屋や協会が作られている

地球ではないような景色を見る事ができる場所。

 

 

僕はその光景を目に焼き付けて僕の頭の中の世界を

よりリアルなものにするためカッパドキアの岩山から

何かを感じ取れれば画家としてもまたさらに成長できる

のではないかと確信していた。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

一つ悲しい事件がつい3日前に起きていた事を

ネットのニュースで知る事になる。

 

 

 

日本人の女子大生2人がカッパドキアを観光している時

トルコ人の男にナイフで刺され一人は死亡、

一人は重軽傷をおったようだ。

 

 

ゼミ渓谷と言う日本人はあまり行かない場所で事件は

起きたようだがカッパドキアは比較的治安も良く

そんな事件が起きているとは想像もできなかった。

 

 

これからそのカッパドキアに向かう事になる。

 

 

能天気に旅をしていた僕に始めて

緊張感が漂った事件であった。

 

 

アンカラを早朝6時に出発した。

 

バスから見る景色がみるみる変わってくる。

turkey_harfway

360度どこを見ても砂山が風で

崩れたような形の岩が広がっている。

turkey_harfway2

まだ到着していないがもうすでに地球には見えない

異様な景色に僕は心が踊るようにワクワクしていた。

 

 

そしてアンカラを出て5時間後ようやく

街のバスの停留所に到着した。

 

カッパドキアの街は異様な景色とは裏腹に

のんびりした平和な雰囲気でまさか

ここであんな悲しい事件が起こる

とは誰も思わなかったであろう。

turkey_uma

馬が常に草を食べれるように耳に餌をぶら下げている。

 

そして街の至る所に日本とトルコの国旗が並んでいた。

turkey_kokki

これはトルコから日本への有効の証でもあり、

なぜこんな事になっているかと言うと

初代大統領ケマル・アタテュルクが日本人の

生き方を見本にしろと言っていたほど

日本人を尊敬していた事から

トルコ国民にとって身近な存在になっていった。

 

他にもトルコでは日本のテレビ番組が

頻繁に放送されており、そういった背景もあるようだ。

 

そして何と言っても1890年にトルコの難破船を

日本人が助けた事がトルコ国内で報道され

日本人を尊敬する心に拍車がかかったのではないかと

推測される。

 

穏やかなカッパドキアの街は平和そのものであった。

turkey_hyoutan

そして宿を発見したので飛び込みで入る事にした。

 

この宿は驚くほど安いにも関わらず

中は豪華なつくりになっており、

まるで高級ホテルのような作りになっていた。

turkey_yasuyado

この宿の情報は次の機会に紹介して行こうと思う。

 

宿にチェックインした僕はビールを飲みながら

これから何をするか考えるのだった。


タグ: 

カテゴリ:中東の旅 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ