UFOを目撃した画家!!バイロンベイは不思議な町。

不思議なパワーが眠っている土地バイロンベイ。

ここでは常識では考えられないような

出来事を沢山経験してきた。

 

気を操る人にであったり、

月がやたらと明るい夜があったり・・・

byronbay_hikarutuki

その中でも驚く経験をする事となった。

 

あなたは未確認飛行物体、

つまりUFOの存在を信じるだろうか?

 

僕は元々そういった類いの話は好きで

よくYouTubeなどで見る事がある。

 

しかし、実際にバイロンベイで

それを目撃してしまうとは考えてもいなかった。

 

今回はそんな旅で起きた不思議な話。

 

世界を旅する画家ZiN

byronbay_beache1829

現在、僕は絵を描きながら世界中を旅している。

 

バイロンベイを旅していた頃はまだ

ライブペイントやそこで出会った

クライアントさんから頂く絵の依頼だけでしか

収入を得る術をしらなかった。

byronbay_gakakatudou1113

なので僕は毎日ライブペイントをしていたが、

バイロンベイで車を購入してから

たまに1人で海の前に車を止めて

のんびり絵を描く事も多くなっていった。

 

 

ここはバイロンベイの

灯台の近くにあるビーチの前。

byronbay-ekakucar

ビーチで遊んでいる家族を見ると

平和で穏やかな時間を過ごしている実感が

湧いてくるような場所だ。

 

すでに車に寝泊まりするように

なっていたので移動する僕のホテルのようなもの。

byronbay_carnaka

シャワーは無料で使えるため心配もない、

そしてアーツファクトリーと言う

アーティストが集まる宿にパスポートを

渡せばお金を払わずとも中に入る事ができるので

そこでキッチンを使わせてもらったりして

生活していた。

 

オーストラリアでは食料も無料で配っているので

食費も1円もかからなかった。

 

車はいらなくなれば売れば良い。

 

なのでここでの生活でお金がかかる事は

ほとんどと言っていいほどない。

 

そんな何のストレスもない生活をしていた。

 

不思議な友人達

byron_comikun

車で絵を描いているとたまに

アーツファクトリーで仲良くなった

日本人の友人が遊びにくる事があった。

 

コミ君とショウ君。

 

バイロンベイで出会う日本人は

少し変な人が多いように感じる。

 

コミ君に関しては「気」を操る事ができる。

 

 

ショウ君は

「僕は基本的に木の実しか食べないですからね〜」

byronbay_syoukun

と言いながらシャク!っとラ・フランス
にかじりつく野性的な青年だ。

 

ちょうど僕もキリのいい所まで絵を描けていたので

彼らと一緒に灯台まで散歩する事に。

byronbay_0037

バイロンベイの灯台の先にある岩場に立つと

340度くらいの海の景色を見る事ができる。

byrobay_zinsaki

バイロンベイはオーストラリアの東部にあり、

大陸が海に飛び出た形となっているので

海に挟まれている町でもあるのだ。

DSC_0023

こんな楽園他にはない。

 

海を見ながらボーッとして何もしない時間・・・

byronbay-artpictomo

日本に住んで就職していてはこのような

生活はできない。

 

なので僕は世界を旅する画家として

僕の生きたいように生きようと考え

旅にでたのだった。

 

夜の灯台で見てしまった。

buronbay-yorutoudai_1125

数時間灯台で話をした後、

お腹が空いたのでアーツファクトリーで

晩ご飯を食べる事になった。

 

お酒も入り、気分がよくなった僕は

コミ君と再び夜の灯台まで散歩する事に。

 

辺りは真っ暗だったがかろうじて

月明かりがうっすら夜道を照らしていた。

 

灯台に到着し、夜空に浮かぶ月を見ながら

これから何をして生きていくのかを語り合う。

 

 

そんな時に何気なく見ていた月にある違和感を感じた・・・

byronbay_ufo

写真では確認しずらいと思うが、

月の横にはいつも必ず光っている星が1つだけある。

 

しかし・・・

 

この日だけは違った。

 

 

月の隣で輝く星、そしてさらにその横に輝く光が

もう1つある事に気がついた。

 

いつもは1つしかないのに今日は2つ・・・

 

 

こんな事あるのかな?と頭の片隅で思いながらも

コミ君と話をしていた。

 

 

 

すると・・・

 

 

その星は一瞬で少し上に移動し、

さらに左へ移動、そして下へ移動、

最後には元の場所に戻ってしまった。

 

 

一瞬の出来事だったので僕は

 

「え?」

 

と言う事しかできなかった。

 

 

 

コミ君に「今の見た?」と訪ねると

全く見ていなかったようで、

もう一度動くかもしれないと思い、

コミ君に目を話さないようにと頼んだが・・・

 

それから2時間経ってもその光は動く事はなかった。

 

 

あれは目の錯覚ではない。

 

確実に正方形を描くように動いていたのを

目撃してしまったのだ。

 

 

次の日に月を確認するとやはり

その光は消えており、いつも通り月とその横に輝く

星しかそこにはなかった。

 

 

このようなUFO以外の不思議な体験なども

バイロンベイでは何度も遭遇する事になる。

 

 

後になって聞いた話であるが、バイロンベイは

世界でも有名なUFO目撃地帯と聞かされた。

 

 

なのであれはやはりUFOだったのかもしれない。

 

旅する画家のまとめ

DSC_2235

旅をしていると今回のような

不思議な出来事に数多く遭遇する事がある。

 

僕はこれまで43ヶ国以上を旅しているのだが、

画家の旅を始めたオーストラリアのバイロンベイ

では本当に数多くの信じられない出来事に遭遇する事となった。

 

 

人は経験する事により、語れる事が多くなる。

 

なので僕はこの世界画家旅人で今まで起きた

不思議な出来事や、危険な目に合った出来事、

そして海外に出て絵を描けば思っているよりも

簡単に収入を得る事ができると言う事を伝えていこうとおもう。

 

 

今では日本でも海外でも絵の仕事で生きていける

方法をようやく発見でき、自由きままに人生を楽しみながら

生きている。

 

その方法の具体的な事はメールで

伝えているので興味がある人は是非。

 

 

とにかく、旅をしてきて一番よかったのが、

こうしてあなたに伝える事ができる手段を得たと言う事である。

 

普通のブログに描いただけでは

そのうち誰も見なくなる記事も

僕の方法では一生誰かしら興味がある人が

見にきてくれる仕組みになっている。

 

せっかく書いた記事を読んでもらえないと

書いた意味がないと僕は思うので。

 

これからもこのような経験談を語り続けていこうと

思いながら旅を続けている。


不思議な能力がある青年は絵を描く人生を歩

この世界画家旅人で何度も話しているが

僕には不思議な能力がある。

 

深い眠りにつくと見た事もない世界へと

飛びつつ事ができる能力。

 

僕はそれがきっかけで絵を描く人生を歩もうと

決断したきっかけとなった。

 

そして、絵の修行をするため、

海外で画家として生活する方法を探すために

僕はオーストラリアへと旅立ち、

バイロンベイと言う海に挟まれた

ちいさな町でコミと言う青年と出会い、

彼もまた絵を描いていた。

byron_zekkei

そして彼には驚くべき能力が備わっている。

 

彼の事を皆マスターコミと呼んでいた。

 

今日はその話と、絵でお金を稼げない、

絵が上達しない人の特徴について語っていこう。

 

マスターコミの能力

byron_comikun

このバイロンベイと言う場所は

スピリチュアル的な文化があり、

地中深くに眠るクリスタルが

この地にパワーを送っていると言われている。

 

そしてこの地には常識では考えられない

ような事を当然のように言う人が多数

存在していた。

 

 

突然だが、あなたは「気」を信じるだろうか?

 

ドラゴンボールなどで手から気を放って

相手を倒すあれである。

 

 

僕は全くと言っていい程信じていなかった。

 

 

 

 

アーティストが集まる宿アーツファクトリーで

仲良くなったマスターコミとその他の

日本人の友人数名いたが、その時は

誰もその話を信じようとはしなかった。

 

 

 

 

しかし、このスピリチュアル的な土地に

長らく住んでいる多くの人達だけは

「気」は当然のようにあると言う。

 

 

それでも僕は信じていなかった。

 

 

 

 

するとマスターコミが

 

「じゃあZiN君にも気が見えるようにしてげるよ!」

 

っと言い僕を仰向けに寝かせると

僕の額に親指を立て、何やらパワーを送っている。

 

何をしているのか聞くと

 

「ZiN君の第三の目を開いてる」と言う。

 

 

 

何をわけのかわらない事を言っているんだ。

 

僕はそう思っていたが、

一応、彼の相手をしてあげる事にした。

 

 

 

ものの5分で「もういいよ!」

と言われ、それから気の見方と

言うものを教わった。

 

 

まずは暗闇で指を立てて

その指先を集中して見つめる事。

 

ただそれだけだった。

 

 

 

数分間集中して指先を見ていたが

何も起こる気配がない。

 

やはり、気なんてものは

思い込みの一種で本当にあるわけはない。

 

 

その時はそう結論付けて

気を見る事をやめてしまった。

 

 

それから数週間経ったある日、

その時まわりにいた日本人の友人が

気が見えるようになったと言いだした。

 

なかには、気は見えないが手のひらに

溜める事ができると言う友人も・・・

 

 

 

なんてクレイジーな人達なんだ・・・

 

この時点でも全く信じていなかった僕は

彼らが洗脳されて思い込みに負けてしまい、

それで見えもしないものが見えているだけ

だと考えていた。

 

僕以外の日本人の友人や、

ヨガを教えている外国人の人、

そしてこの町に長く住む人は

「気」の存在を強く肯定していた。

 

 

 

僕も改めてコミ君に気は思い込みで

見えるだけだろうと言うと

「いや、あるけど、まぁ信じれないよね」

と言ってその話は終わった。

 

 

しかしそれから数ヶ月後、

僕は驚愕の体験をする事になる。

 

その話は後日詳しくお話していこう。

 

マスターコミの黒魔術

byron-comipaint

マスターコミも絵を描いていると言っていたが、

上の写真のような絵を描いていた。

 

誰もが何を描いているのだ?

と思うかもしれないが僕はこの絵を

さらに芸術的にするスキルを持っている。

 

僕だけのタッチの描き方と色合いを

マスターコミの作品をモデルとして

描く事で世界に一つしかない作品を描く事も可能。

 

 

独創的な絵と言うのは

あなただけからしか生まれない絵のタッチや

世界観、色合い、考え方などを組み合わせる事で

生まれ、それを得るにはまずあなた自信が

あなただけのスタイルを発見するしかない。

 

その発見の仕方は僕のメールマガジンで

発信しているオンライン絵画教室ZiNARTの中で

詳しく説明しているので興味があれば

下の無料登録フォームにアドレスを入力して

僕からの情報を受け取って欲しい。

 

ちなみに解除も簡単にできるので心配ない。

 

共感されなければ絵で稼げない

byronbay_beache1829

まだ海外で絵を描いて収入を得てから

数日しか経っていなかったが、

僕は安定的に1日で十分すぎる程の

金額を稼げるようになっていた。

 

僕の方法に興味を持ったマスターコミも

ライブペイントで絵を描いてお金を稼ぎたいと

言いだし、いつも僕がライブペイントをしている

場所を教えてあげた。

 

 

キャンパスを広げてく露魔術のような

作品を描き上げるマスターコミの絵を見て

まだ絵の塗り方や影の付け方をマスター

できていないと思ったがライブペイントに

挑戦してお金を稼ぐ事は良い事なので見守る事にした。

 

結果的に3時間やっても

1円も入ってこなかったようだ。

 

 

 

マスターしているのは気の見方だけだった。

 

 

マスターコミはまだ当時18歳の青年。

 

これから絵を描き続ければ

絶対に上手くなるが、現在彼は消息不明

なので、どこで何をしているのかはわからない。

 

やはり絵で稼ぐとなると

いくら外国のように絵に関心がある人が

多い場所でも人を魅了する作品、

一目みれば立ち止まるほどのインパクトが

ある作品を描き上げなければお金を稼ぐ事は

難しいのかもしれない。

 

そしてマスターコミの場合、

他にも稼げない問題があると思った。

 

 

 

彼のライブペイントを見ていると

人と話さず、一心不乱に絵を描き続けていた。

 

ここで大切なのは見てくれる人と

会話をして絵の価値や、自分がどのような

活動をしているのか?そしてその絵には

どのような意味が込められているのか?

などを語る必要がある。

 

彼はそれをせず、黒魔術を一心不乱に描くだけ

をしていたので他人からすれば

「わけのわからない絵を描いている」

これだけで終わってしまい、到底収入が発生する

とは思えなかった。

 

 

しかし、マスターコミは

「バイロンベイは自分の絵と合わない」

とこの場所が悪いと言いだした。

 

 

そんな事はない。

 

むしろ、スピリチュアルな場所であり、

マスターコミが描く絵はそのような

非現実的な表現をしている絵なので

合わないとは僕は思わない。

 

 

 

上手くいかない事に何か理由をつけて

否定している人でそれ以上に成長した人を

見た事は今だかつて一度たりともない。

 

その事に気付けずになぜ自分の絵が売れないのか

理解できていない絵描きは日本には大勢いる。

 

 

絵で生活できていないのなら

まず自分のスキルが不足している箇所を認め、

それを改善していく事でしか成長はありえないのだ。

 

 

 

 

次回はバイロンベイの観光客が知らない、

秘密の場所に行った話をする。

 

そこはジュラシックパークのような

大自然が広がり、ジャングルのような森と

その奥地に美しい滝壺がある。

byronbay_urasuji

ここはあまり知られていない場所なので

バイロンベイに行く際は絶対に行って欲しい

特別な場所である。


不思議な脳の仕組みを使って絵を描いた有名画家達

世界には凡人には真似できない不思議な能力を

持ちながら絵を描く画家が多数存在する。

 

彼らは見た風景を瞬時に目に焼き付け写真のように

細部まで忠実に描き上げる事ができる能力を持っている。

 

 

その脳の仕組みをつくり上げる原因が「サヴァン症候群」

と言われるいわば脳の発達障害であり、自閉症の一つと

されており障害者の2000人に一人の割合でこの症状が現れるらしい。

 

 

日常生活では服のボタンを閉めれないなどの

症状がみられるが絵を描く能力はずば抜けて

高い人が多いようだ。

 

そこで今回はそのサヴァン症候群と言われながら

絵を描き続ける画家の驚異的な能力を紹介しよう。

 

山下清

出展 otakarajoho.blog10.fc2.com
yamasitahonnin

日本で有名な画家と言えば山下清さん。

 

彼も見た景色を瞬時に記憶し、その風景を

見ずに忠実に再現できたと言う。

 

 

山下清さんの人生を描いたドラマで多くの人に

その名が知れわたり有名画家の仲間入りをはたした。

 

そのドラマは山下清さんが絵を描きながら日本各地を

旅した実話が題材となっている。
出展 www.tanabegarou.com
yamasitakiyosi-hanabi

僕も世界中を旅しながら画家の仕事をしているが

以前に「山下清みたいな事をしているね」

と言われた事があった。

 

 

 

今考えてみればまさにその通りである。

 

 

 

普段住み慣れた場所から離れる事で

新しい出会いや新しい風景、文化に触れる事で

日本では味わえない刺激を得る事となり

今では旅をしながら絵でお金を稼ぐ方法まで

発見してしまった。

 

山下清さんも日本の旅を鹿児島で終わらせ、

その後はヨーロッパを旅していたようだ。
出展 http://www.sagawa-artmuseum.or.jp
yamasitakiyosi-pari

彼のような能力をもった人間が日本とは

全く違う土地にいけば当然この世にはない

新しい作品を生み出す事ができる。

 

彼は水彩画だけではなく油絵や、貼り絵、

マジックペンなどで芸術をつくりあげてきた。

 

 

その細部まで繊細に表現された作品はまさに芸術だ。

 

ナディア

出展 plaza.rakuten.co.jp
nadiahorse

 

アメリカ出身で当時5歳の少女だったが彼女も

発達障害があり、8歳まで全く人とまともに話す事が

できなかった。

 

 

しかし彼女にも驚くべき能力が備わっていた。

 

 

一般的な5歳児の絵はまだ未熟で空間を把握していない

横から見た絵を描くのが普通だがナディアは

様々な角度から躍動感ある動物を描く事ができた。

 

 

 

 

これもサヴァン症候群の特徴であり、

日常生活の事では苦労したようだが

絵に関しては天才的な能力を発揮している。

 

 

 

 

彼女は馬が好きだったようで一度見た馬を

瞬時に目に焼き付け、描くのが一番難しい

走っている姿をいとも簡単に描き上げたと言う。
出展 plaza.rakuten.co.jp
nadiahourse2

 

現在はどうしているのか報道されていないので

不明ではあるが、この才能を生かして人生を歩んでいて

欲しいと願っている。

 

 

 

 

僕が5歳の時は絵を描いてはいたが

やはり一般的な子供と同じように

顔と体の腕と足のバランスがバラバラで

横から描いたような絵しか描く事ができなかった。

 

 

しかし専門学校に通ってから

ある特殊な動物の描き方を発見した。

 

 

描きたい動物をあらゆる角度から観察し

一度頭の中で「頭、体、手足」とパーツをバラバラにする。

 

そして自分の頭の中の世界に合う角度に

それぞれのパーツを動かしながら描けるようになった。

 

このオーストラリアからの依頼もその一つである。

SONY DSC

この方法で動物を描けるようになったのが

23歳の時だった。

 

 

しかし彼女はそれをわずか5歳にも関わらず

描き上げてしまう。

 

人間の能力とは不公平なものだ。

 

ジミー大西

出展 laughy.jp
jimi-honnin

芸人で画家と言う肩書きを持っている人と言えば

ジミー大西さん。

 

第一次漫才ブームが到来した時に

ビートたけしの元気がでるテレビなどで活躍して

芸人として知名度が高かったが、岡本太郎さんに

その絵の才能を見いだされ、画家の道を歩事となった。

 

世界中で個展を開き絵は一枚100万円以上で売れているようだ。
出展 laughy.jp
jimi-sakana

世界中を旅する時に日本の一般家庭にある

炊飯ジャーを持ち歩きながら世界各地を点々としていた。

 

 

 

年末のダウンタウンの笑ってはいけないシリーズや

旅猿などのテレビ番組で露出が増えるようになってきた。

 

 

 

その原因は借金があると本人が言っていた。

 

一枚100万円以上で絵が売れるにも関わらず

なぜ借金があるのか?

 

 

 

その原因は強すぎる性欲が原因であった。

 

 

 

稼いだお金をほぼすべて風俗に使っていたようで

お金がたまるどころか、借金までして通っていると

テレビ番組のインタビューで答えていた。

 

その個性あふれるキャラクターで再び

人気が爆発してきている。

 

彼の生き方は僕は尊敬できる所がある。

 

彼もサヴァン症候群と言われているようであり

テレビでもバカキャラで売っているようだが

海外に行き、日本語もままならない程の

語学力にもかかわらず海外で活躍している。
出展 matome.naver.jp
jimi-karahuru

海外で活躍したいが英語が話せなくて

外国人と話すのが怖いと言って行動できない

人は彼の生き方を学ぶ必要があると思う。

 

福島尚

出展 www.nhk.or.jp
hukusima-densya1

彼は電車が好きが講じて電車を中心に描いている絵描き。

 

 

その細部まで仕上げた作品は鉄道オタクも

驚愕するほどの作品となっている。

 

 

彼も自閉症を患っており、電車が走る風景を

一瞬みてその映像を記憶し、家に帰って

描いているのだが、光の表現や電車の汚れや

ホームの染みなども忠実に再現している。

 

その高い能力の素晴らしさがメディアに

取り上げられ、少しづつ彼の才能が

世の中に広がりをみせているようだ。
出展 livedoor.blogimg.jp
huusima-densya2

僕が思う彼の凄い所は独学で

絵のタッチを自分のものにし、ここまで

写真のようにリアルに描き上げてしまうと

いう所だと感じる。

 

たとえ写真を見ながら絵を描いたとしても

その写真をリアルにキャンパスの上に

表現できるスキルがなければこのような

事ができないのである。

 

彼の映像を瞬時に記憶する能力だけではなく、

その高い画力にも驚愕する。

 

世界を旅する画家のまとめ

hawaipainting

世界にはさらに不思議な能力をもった画家も

多数いるようだがまだ世の中には

広まっていないのかもしれない。

 

 

 

僕も小学校低学年の時から見る

夢の世界を描いている。

 

その世界を自由に飛び回る事ができるが

彼らのように細部まで忠実に再現できる

記憶の能力は持っていない。

 

 

 

なので世界を旅して様々な景色を

見る事によって僕の頭の中の世界にある

自然や建物をその景色と重ね合わせる事で

リアルに再現するように努力しているのだ。

 

もしも僕も彼らのような能力を

持っていればさらに僕の世界をリアルに

第三者に見せる事ができるのだが・・・

 

 

 

こればかりはどうしようもない。

 

 

 

どこにあるのかもわからない

僕の頭の中の世界を表現するのには

努力し続ける必要がある。

 

なので僕は一生かけて絵を描き続ける

断固たる決意をして画家の道を選んだのだ。


タグ: 

カテゴリ:絵について語る 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ