絵描きだけが手にする事ができる最高の人生とは?


あなたが幸せと感じる事はなんだろうか?

 

『自由に絵を描きながら旅をする』

僕ならこう答えるだろう。

 

さらに言えば南国の楽園で波の音を聴きながら

リラックスした状態で絵を描く。

 

それでいて絵を描いて収入を得る。

 

こんな幸せな事はないと思う。

 

ちなみに動画にのっていたラーメンは

ワイルドアボカドラーメン。

byronbay_abokadomen

オーストラリアのアボカドは

大きくて安くて何より美味しい。

 

しかし、ラーメンとは合わない。

 

 

僕はアーティストが世界中から集まる町

バイロンベイにいた。

 

オーストラリアの東部に位置する小さな町。

 

ここで僕はその生活をしていた。

 

今は世界各国を旅しながら絵の仕事をしている。

 

しかし、癒されたい、リラックスしたいと

思った瞬間からこの地へ行く事ができる。

 

画家になり自由な生活を手にいれたのだ。

 

絵描き生活で最高の贅沢とは?

byronbay_umiekaku

海の前で絵を描いていると全世界が

平和なような気がしてくる。

 

ここには争いもなく、

皆のんびり日々を過ごしている。

 

僕もその一人であり、

毎日海の前の芝生の上で絵を描いていた。

 

 

バイロンベイには多くの友人がおり、

日本人の友人は皆マッサージ屋さんで

働いていたのでたまにマッサージをしてもらえる事ができる。

byronbay_massage

同じ宿に滞在しているボアさんがビーチで

マッサージをしてくれた。

 

ボアさんのいい感じの指の力加減が

僕の逃避を圧縮し、体から悪いものが

でていっているのを感じる事ができる。

 

波の音が心地良く、体を癒しながら寝てしまった。

byronbay_massagekomi

僕はこの時、

海外で絵を描いて収入を得る方法

を発見していたのでお金の心配もしていなかった。

 

僕はこのような生き方を一生しようと思う。

 

ちなみにこの生活をするのに

海外に行かなければならないと言う事はない。

 

今では日本でも絵を描いて生活できる術を

学び、その上で世界を旅しているのだ。

 

将来は沖縄に移住しようと思う。

 

バイロンベイは変な日本人が多い

バイロンベイには多くの日本人が滞在している。

 

そして皆それぞれの個性が溢れ出ている。

 

マスターコミに関しては黒魔術のような絵を描き、

『気』を操る事ができる。

 

そしてマッサージ屋で働いているヨシ君は

独特のマッサージをする。

byronbay_massagehumu

これは気持ちいいのか?

 

ボアさんに聞いてみると「最高」と言う。

 

ボアさんは仕事に行く時は

キックボードで通勤している。

 

他にも変な人は沢山いるが

それはまた次の機会に話ていこう。

 

外国人の友人もできる

byronbay_friend3nin

海外を旅していると様々な国の人と

交流を深める事ができる。

 

僕が初めてバイロンベイに来た日に同じ

部屋で仲良くなった友人。

 

見た目は悪そうだが実はかなり親切で

思いやりも感じ、まだあまり話せなかった

僕の片言の英語を聞きながら理解しようとしてくれる。

 

人は見た目で判断してはいけない。

 

彼らとは今も連絡を取り合う仲となっている。

 

時間に縛られない生活

byronbay_jyosh

バイロンベイには数多くのキャンプサイトがあり、

格安で滞在する事ができる。

 

最初はドミトリーと言う4人部屋や6人部屋に

滞在していたが、キャンプサイトの方が

安かったのでテントを購入してこちらで

生活する事にした。

 

毎朝太陽の光で目覚め、朝食も森で食べる。

byronbay_tentookiru

僕にはキャンプ生活が合っているようで

毎日なんのストレスもなく起きる事ができた。

 

顔はぐしゃぐしゃに潰れているが

これが僕のストレスのない起き方なのだ。笑

 

 

 

日本で就職して働いていた時は

毎朝7時の目覚まし時計に起こされ、

行きたくもない仕事の支度をする。

 

僕はそんな生活に嫌気がさしていたが、

当時は美大に行くための学費を

稼がなければならなかったので

どうしても辞める事ができなかった。

 

 

 

当時から思っていた事だが、

僕は社会不適合者である。

 

会社に丸一日拘束され、

決まった時間にしか休む事ができない。

 

普通ならそれが当たり前なのだが、

僕にはそのような縛られた生活を

一生する事はでいないと悟った。

 

 

 

それが画家になった全ての理由ではないが、

少なくとも自分で仕事を構築していこうと

決意するきっかけにはなったのだ。

 

自分で仕事を構築してしまえば、

朝起きる時間も、絵を描く時間も、収入も

自由にコントロールする事ができる。

 

しかし、ここまでくるのには知識が必要だ。

 

『絵の商品を売って販売する知識』

『数万人に絵を見てもらえる知識』

『人に絵の価値を伝える知識』

『絵が急激に上達できる知識』

などなど・・・

 

 

今まで僕の人生全てを画家として自由に

生活できる方法を追求した結果、

数えればキリがない程の知識を得る事ができた。

 

その結果が今の生活に

結びついているのだと確信している。

 

そして今、僕が歩んできた道を伝え、

日本でも画家として生活できる人が増えるように

とあるプロジェクトも考案している。

 

世界を旅する画家のまとめ

melbourne-rakugaki

ほとんどの絵描きが

「個展をして有名になる!」

「どこかの会社に拾われて有名になる!」

と考えながら絵を描き続けているようだ。

 

その生き方は否定しないし、カッコイイと思う。

 

しかし、効率を考えるとまず絵を数万人に

見てもらえる環境を作る事を先にした方が

確実にその後の絵描き活動にも影響を与え、

さらに言えば有名になる可能性も、

個展に来てくれる人の数も大幅に増える。

 

 

しかし、それをしている画家は少ない。

 

なぜならこの方法は僕が考えだした方法であるから。

 

 

この世界画家旅人では

「海外で絵を描いて収入を得る方法」

を伝えているがZiNARTメールマガジンでは

「日本でも画家として生活できる方法」

と言う事を伝えているので興味があれば是非。

 

 

 

 

それでは今から絵を描くので今日はこのへんで。

 

 

 

 

PS.

最近相談メールがFacebookで届く事が多いが

数が多いためメルマガに登録してくれた本気で

画家を目指す人や本気で絵の上達がしたい人と

連絡をとるようにしているのでFacebookでは

返信できない事の方が多い。

 

できればメルマガで詳しい事を伝えているので

それを先に読んでおいて欲しい。

 


絵を描きながら旅をすると画家としての人生が動き出す

uyuni_kamen

普通に旅をしていると様々な人と出会う機会が増えるが、

さらにその可能性を増やしてくれる方法があり、なおかつ

仕事なども入る事がある。

 

その方法と言うのは旅をしながら絵を描くと言う事だ。

 

日本ではそのような事をしている人も少ないようだが、

僕はこれまでオーストラリアやヨーロッパ、南米、アメリカ

など43ヶ国以上をキャンパスと筆と絵の具を持って

絵を描きながら旅をしてきた。

 

 

もちろん一日を十分に過ごせる額のお金を稼ぎながら

合計3年間旅をしている。

 

 

普通の旅行者なら浪費するだけの旅を画家の仕事を

してお金を稼ぎながら旅をすると言う事はいつでも

自由にどこの国でもいける能力がこの腕一本さえあれば

可能と言う事になる。

oasis

もちろんアフリカや南米の貧しい国では

稼げない場所もあるが、

それでも他の国で十分なお金を稼ぎ、

満足いくまで自由な旅を楽しむ事ができる。

 

 

そしてこの経験を生かして

日本でも画家になる方法を発見する事ができた。

DSC_0459

日本では絵の仕事をとる事は海外より難しく、

画家として生きるのは厳しい状況だと言われているが

僕の発見した方法で収入も得る事が可能になる。

 

 

すでに日本に滞在している間も絵の依頼を何件かもらって

描いたが、それは海外や日本に住むクライアントさんから

原画を売って欲しいと要望があったためでもあるが

実際、僕の方法なら原画も売らずに収入を得る事ができる。

paint_japan1

海外に長期間旅をしてきた事により依頼する側の人にも

「この人の絵が欲しい」と思ってもらえる事がわかった。

 

 

なぜなのか?

 

 

それは日本人で絵を買う人の基本的な心理は

まず絵を見てそしてその人の経歴を見る事が多い。

 

 

 

本当ならどこの美大や芸大を出たのか?

 

どこの公募展で賞をとったのか?

 

などを見るようだが、僕の場合は

「長期間旅をしてどんな活動をしてきたか?」

と言う事が一種の経歴となっており、

その活動を知る事によって絵を買いたい

という欲望が生まれるようだ。

 

 

逆に外国人は経歴はあまり関係なく、

絵を見て欲しいと思えば買ってくれる文化がある。

 

そこに「世界を旅しながら絵を描いている」という情報

を追加する事でさらに絵を買ってくれる確率があがるのだ。

 

 

 

そして海外や日本でも富裕層のクライアントさんと

出会う機会があったがその人達の絵の見方は少し違う。

 

 

 

富裕層の人達はもうすでに成功していて

お金の自由も手に入れたので次は今

頑張っていて応援できる人にお金を投資しようと

思うようだ。

 

実際僕のクライアントさんのほとんどが

会社を経営する社長さんであったし、

この話もその社長さんから聞いた話なので

信憑性が高い。

 

 

 

とにかく絵を描きながら旅をする事によって

出会いや、経歴などに大きな動きが発生し、

応援してくれる人との出会いにより

人生が180度変わったのは僕の経験から

証明できる紛れもない事実なのだ。

 

 

 

もしもあなたが今絵を描いていて

何の大きな動きもないのなら

一度絵を描きながら海外を旅する事を

おすすめする。

 

 

 

どうすれば画家としてやっていけるのか?

 

その細かい情報や、旅の仕方など、

ここでは語れない話もあるので、

興味がある人はZiNARTメールマガジン

の中で語っていこうと思う。

 

 

 

もちろん日本に滞在しながらでも

画家になる事ができる方法も紹介している。

 

 

 

下に無料の登録フォームがあるので

僕からの情報を受け取って欲しい。

 

ちなみに気にいらなければすぐに

解除できるので何の心配もいらない。

 

 

 

僕は本気で画家として生活したい人を

応援していき、僕と同じ生活ができるよう

努力していこうと思っている。

 


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

30代から人生やり直しても画家にはなれる!!

人生の分岐点と言ってもいい30代で人生をやり直して一から画家になろうとすれば当然高い壁も現れるだろう。

 

しかし夢を追いかける人の前に壁というものは確実に現れるものでそこをどう乗り越えるかよって人生を左右する大きな分かれ道となる。

 

 

 

実際僕は何歳になっても「絵を描く仕事」という夢は叶える事ができると思っている。

 

 

しかし、夢を追うのに年齢は関係ないが、多くの人は区切りのいい30代や40代をきっかけに夢を追いかけ続ける事に疑問を感じたり、結婚や収入の不安に押しつぶされてしまい夢を諦めてしまう人が多いだけなのだ。

 

もしも、自分が現在何歳なのかわからない状況でその夢を追いかけているのなら区切りのいい年齢がわからないため、年齢に左右されて夢を諦めると言う事はおきないだろう。

 

30代から画家になるには?

DSC_0459

30代ともなると将来の不安がでてくる年齢で、画家になるという夢を遠ざけてしまう要因になってしまうが、そんな事は考える必要はない。

 

なぜなら20代でも30代でも画家になりたいと本気で思っている人は行動し続け、その逆に諦める人は何歳から始めても諦めるものだ。

 

 

なので画家になると言う事に年齢は関係ない。

 

 

画家になるのに必要なものは決意を曲げない強い精神力と画力や独創性。

 

あとは自分をアピールする事ができる自信その思いを広める方法を知る事が大切なのだ。

 

75歳から画家になったおばあさん

anna

アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼスというおばあさんをご存知だろうか?

 

彼女は貧しい家庭に生まれ27歳の時に農場を経営していた夫と共に70歳まで忙しく働いていたが夫を亡くし、その後リュウマチがひどくなりリハビリをするために絵を描き始めた。

 

 

そして、街のショウウィンドウに飾られていたモーゼスさんの絵を見た絵画収集家がその絵に魅了され、それをきっかけに個展を開く事になった。

 

 

その個展に注目した大手デパートが目をつけた事により彼女は世界に名をとどろかせる事になり、その語もホワイトハウスに招待されるほどの有名画家の仲間入りを果たす事になる。

 

画家になる事を諦めなければ何歳から初めても画家になる人はなるのだ。

 

何歳からでも画力や独創性は身につくもの

uminokipic

画力や独創性を身につけるのに一番早いのが美大や専門学校に通う事だが、30歳を過ぎてから学校に行くという事をためらう人の方が多いのは当然の事だ。

 

30代を過ぎてから独学で絵を描き始めてから個展を開き有名になった人もいるが、それはその人が自信と決意を胸に絵を描き始めたからなのかもしれないし、もともと才能があったからなのかもしれない。

 

 

それでは

 

自信も才能もない人は画家になる事は無理なのか?

 

と言うとそうではない。

 

 

 

画力や独創性を生み出す事ができないのであれば人から学ぶ事ができる。

 

学ぶ事によって絵が上達する事ができれば自信も身につくのだ。

 

 

 

そして自信は画力や独創性、

行動力も与えてくれるという

相乗効果も兼ね備えている。

 

 

 

僕は22歳で絵を描き始めたのだが、素人以下の絵しか描く事ができず、絵で生きていける程のレベルではなかった。

 

しかし絵の修行や画家として生きていく方法を探すために世界43ヶ国以上を旅する中で様々な絵の描き方や表現方法を学ぶ事によって旅をしながらお金を稼ぐほどまでに成長する事ができた。

paint_japan1

僕が考えだした描き方を真似るだけである一定のレベルまで画力を引き上げる事ができるが、口頭だけでは理解するのにも限界があるのでこのZiNARTメールマガジンの中で動画や説明を加えて解りやすく解説しながら多くの人に僕が発見した独自の描き方やどのように活動してきたかを伝えていこうと考えている。

 

もしも

 

「絵が今以上に上達したい」

 

「独創性のある作品を描けるようになりたい」

 

と考えているのなら下の無料登録フォームから僕の情報を受け取って欲しい。

 

 

 

その前に一番重要な画家になる方法について語っている。

 

 

僕のタッチが気に入らないのであればすぐに解除できるのでご安心を。

 

 

その前に断っておくが、僕の描き方を伝える事によって上の写真のようなタッチを学ぶ事はできるが、僕のモノマネをしても独創性は生まれない。

 

 

僕の描き方に加えあなたの頭の中にあるものをプラスする事によってあなただけしか描く事ができない独創性あふれる絵画が誕生するようになるだろう。

 

僕はこの日本に刺激的な作品を生み出す絵の能力を持った人が増える事を願っている。


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

「出会い」とは人生を変える事ができる魔法のようなもの

海外で絵を描いていると色んな人に出会う機会が増える。

 

オーストラリアで絵の修行の旅を始めた頃の僕は何の計画も立てていなかったので公園で絵の修行をする事にした。

 

 

僕は毎日公園で絵を描いていた。

 

 

特に小さな子供は僕を不思議そうな目で見つめていた。

unknown_2

日本人を始めて見たような顔で目をそらさず一直線に僕を見つめていた。

unknown

絵を描いているというだけで多くの人が僕に話しかけてくる。

csirnsboys

cairnsfriend

その内の1人が名前も知らないパプアニューギニアからきた男。

 

絵を描いていると隣に座り、ジっと僕の絵を見つめて一言

 

 

「クール」といった。

 

 

この頃英語を話せなかったし聞き取る事すら困難だったが、彼とは何故か意思の疎通がスムーズに進んだ。

 

僕の無線のヘッドホンを興味を持ったので貸してあげると子供のような顔で日本の音楽を聞いていた。

Papuaman_1

なぜTシャツを頭に巻いているの?と聞くと彼は

 

「カッコいいから」

 

と言ってカッコいいポーズをとってくれた。

Papuaman_2

写真を撮らなければいけない空気になったので、一眼レフをとりだして一枚撮ってみると彼は嬉しそうに写真を見て一言「クール」と言って去っていった。

 

 

そしていつのまにか僕の絵の具入れの中にパプアニューギニアのタバコが入っていた。

 

お礼のつもりなのか僕はタバコを吸わないが思い出としてもらっておいた。

 

 

 

 

「多くの人と出会う」という事は自分の運命も変える事ができる魔法のようなものだ。

 

 

 

新しく人と出会う事で人脈が広がるだけでなく、他の人に「こんな人に出会った」という話ができるようになる。

 

 

 

その話ができると言う事が人生の財産でもあり、自分の武器にもなる事がある。

 

 

 

観光客や、その地に住んでいる人々、旅人、芸術家、ミュージシャン。

 

多くの出会いによって今の自分が構築され、自信を得る事ができたのも旅で出会った人達に救われてきたからなのだ。

 

だから僕はこのような些細な出会いも思い出として刻んでいる。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ