外国人が必ず驚く日本人の不思議な話

「めちゃくちゃハードだったぜメ〜ン」

 

フィリックスは幸福感を堪能してるかのようなリラックスした表情をうかべながら瓶ビール片手に僕の質問にそう答えた。

フィリックスとの出会いは僕がまだまだ画家として生活できずにいた時代に画家として生きる方法を探すため、オーストラリアへ修行の旅に出たのだが、オーストラリアの東の海岸線沿いにあるバイロンベイという小さな町のアーツファクトリーという世界中から芸術家が集まる宿で出会った。

当時の僕はまだまだ英語を話す事ができず、外国人とコミュニケーションも満足に取る事が出来なかったが、そんな中でもフィリックスは積極的に僕に毎日話しかけてきてくれる心の優しい奴だ。

 

 

その後、オーストラリアの旅で「絵があれば生きていける」と確信を得た僕は巨大キャンパスと絵具道具を持って世界中を旅する事にし、ドイツを訪れる事をSNSで報告するとフィリックスから「家に泊まりにおいでよ!」っと連絡が入り、今こうして一緒にミュンヘンの自然豊かな公園内にある昼間から空いているBARのテラス席で一緒にお酒を飲んでいる。

フィリックスの中では「英語の話せない日本人がドイツに遊びにくる」っという認識だったようだが、今ではお酒を飲みながら外国人は大人びていて何歳かわからないだとか、同じ髪型で大きなメガネをかけている集団がいたら韓国人旅行者だとか、どれくらいの期間海外を回る予定なのかなど、他愛もない会話を長時間出来るようになっていた。

 

 

美人店員に新しいビールを注文すると同時に残りのビールを一気に飲み干したあとフィリックスは言った。

 

「本当に意思疎通ができるようになって驚いたよ。オーストラリアの時とは全然違うしZiNは努力家だったんだね〜。日本人と何人か知り合ったけどずっと連絡とってるのZiNだけだよ」

 

 

 

美人店員に「僕ももう一本ビール」と注文してビールを一気に飲み干したあと僕も答えた。

 

「日本人は英語を話せない事をコンプレックスに思っている人も沢山いるし、難しくて途中で学ぶ事をやめてしまう人も沢山いるよ。僕はこれからの画家活動で必要だったし、英語を話せるようになる事に強い憧れがあったから勉強し続けてこれただけだけどね」

 

 

 

続け様に以前から気になっていた質問をフィリックスに投げかけてみた。

 

「日本人の英語ってどうなの?」

 

 

 

するとフィリックスから予想していた通りの答えが返って来た。

 

「まぁ人によるけど、正直何言ってるかわからない事の方が多かったから一つの単語を拾ってそこから"だいたいこんな感じの事を言っている"と予想しながら話している事の方が多かったかな〜」

 

 

 

 

さっき注文したキンキンに冷えた新しい瓶ビールが運ばれて来たので改めて僕たちは乾杯した。

 

「日本って学校で英語の勉強とかはしないの?」

 

ビールを飲む直前にフィリックスが質問してきた。

 

毎回この質問に対する返答で、

日本人の不思議な事実を教えると必ず外国人は驚く事になる。

 

「するよ!するする!日本の学校では中学校から高校まで6年間英語の勉強してるよ」

 

 

 

ビールを飲む手が止まり、

フィリックスは眉間にシワを寄せながらこちらを凝視している。

 

「・・・6年???6年も勉強するのに何で話せないの!?」

 

日本の学校での英語の授業はほとんど意味がない事や、日本人は英語が話せなくても生きていけるから英語を学ぶ必要がないと思っている人が多い事を話をした後にようやく僕もフィリックスもビールを喉に流し込む事が出来た。

 

 

 

自然に囲まれた場所で昼間から飲むビールは格別に美味しく感じ、もう一人の自分がふわふわと空中を漂う感覚になり、ほんのりと酔い始めているのが自分でもわかる。

 

フィリックスも青い瞳を半分だけ覗かせながらぼんやりと視界の奥の草原を眺めている。

以前から気になっていた事をフィリックスに投げかけてみた。

 

「オーストラリアで出会った時、僕の英語どう思った?」

 

 

フィリックスは自然の合間を駆け抜ける風を感じながら、オーストラリアの旅を思い出すように上を見上げ、僕に一言こう言った。

 

「めちゃくちゃハードだったぜメ〜ン」

 

 

 

 

《関連記事》

旅する画家が考えた!英語が上達する一番早い方法とその順序とは?


外国人と一瞬で仲良くなれる一番最適な方法とは?

cairnsclubkirai1

 

外国人の友達が欲しいけど英語が話せないから
どうしても仲良くなれずにどう接していいのか
わからないと悩む人からの
相談が数多く寄せられる。

 

 

 

僕は世界を旅しながら画家の仕事をしているが、
その経験の中から一番最適でかなり簡単な方法を
発見してしまった。

 

 

 

海外を一人旅していると
必ず外国人と接するわけだが、
そこで打ち解ける事が出来なかっただけで
かなり落ち込んでしまう。

 

僕もオーストラリアを画家になる方法を
探し求めるために旅に出たときに
同じような経験があった。

byronbaylivepaint1

 

その時の詳しい状況は

英語を話せないと辛い思いをする

という記事の中で語っている。

 

 

 

当時はまだまだ英語が話せず
何を言っているのか理解できなかったので
全くうちとける事ができなかったが、
今の僕なら一瞬でその距離を縮める事も可能だ。

 

 

 

事実僕はこの方法で外国人の友人を
100人以上つくる事ができた。

 

今回はその方法を僕の経験談も交えてお伝えしよう。

 

日本人という事を利用する

byronbay_gakakatudou1113

 

ようはどのようにして

自分に興味を持ってもらえるのか?

っと言う所を考えなければならない。

 

 

比較的外国人は(国にもよるが)
気軽に話しかけてきてくれる。

 

たとえこちらが英語を話せないと
分かったとしてもどうにか自分の意思を
伝えようとしてくれる人が多かった。

 

 

 

僕は今オランダのアムステルダムに滞在している。

 

 

物価は高いが、街並みは美しく、
カルチャーショックに溢れている国だ。

holland_unga2

 

アムステルダムに到着して
すぐにラッキーレイクという宿を
発見し、ここで3週間滞在する事にした。

holland_yado1

 

 

日本人は一人も滞在していなかったが、
極力旅中は日本人と接しないようにしている。

 

なぜなら外国人といる方がその国の情報や
自分の知らない考え方というものを
得る事ができるし、彼らと仲良くなれば
その人の国に行った時に家に招待して
くれたりするので旅費的にも楽になるのだ。

 

 

ラッキーレイクの中でも
比較的大きな建物に滞在する事に。

holland_yado3
中に入ると僕しかいなかったので、
大きなベットを占領した。

holland_situnai2

 

そのままアムステルダムの街で
1日中遊び、夕方に帰ってきて
夕食を食べて一人大きなベットの上で
旅の疲れを癒すかのように眠る。

 

 

 

翌朝、僕の占領していた部屋のドアを
開ける音がした。

holland_situnai1

 

寝ぼけ眼でドアの方を見ると
男女が大きなバックパックを
背負って入ってきた。

 

 

 

「グッドモーニング」と爽やかな笑顔で
挨拶をしてくれたので僕も挨拶を返す。

 

 

どうやらカップルのようだ。

 

 

目が覚めたので歯磨きをして
彼らに「コーヒー飲む?」

っと尋ねると飲みたいと言うので
3人分のお湯を沸かし、コップにコーヒーの
粉を入れてその2人に差し出した。

 

 

 

なぜかオランダにくる旅行者は
明るい人が多く、人見知りせずに
話しかけてきてくれる人しかいなかった。

 

英語ができないから
ここまで出来ないという人もいるかもしれない。

 

 

 

しかし、僕はさらに簡単に外国人と
仲良くなる方法を知っている。

 

 

 

 

その方法とは
「日本語で名前をつけてあげる」

 

話しかけてくれると言う事は
向こうは多少は自分の事に興味を
持っているという事になる。

 

その流れから
「僕は日本人です」
っという会話に必ずなる。

 

 

 

その時に

「日本人は英語の名前を覚えにくいから

 日本語に直していい?」

 

っとたずねると100%承諾してくれる。

 

 

 

ここからはかなり簡単。

 

 

 

日本人の強みである漢字を使う。

 

 

外国人で自分の名前を漢字に変換して
喜ばない人は一人もいない。

 

 

 

チェナー(血絵名)

holland_chener

 

ジェイク(痔笑胃苦)

holland_jyeiku

 

 

iPadに当て字で名前を書くと
写真を撮っていい?と言って
日本語の自分の漢字を覚えようと
してくれる。

 

 

 

 

この状況になればそこから
打ち解けるのはかなり簡単である。

 

 

 

実際に僕はここから彼らと仲良くなり、
一緒に街に遊びにいったり、一緒に食事を
したりと楽しい日々を過ごす事になる。

 

しかし、ここで注意して欲しい事が1つだけある。

 

日本語の漢字で名前をつけると

何人かに1人は必ず

「これでタトゥー掘るよ!」

っと言ってくるのだが、上のような

ふざけた日本語漢字なら最悪だ。

 

なのでそこは辞めておくようにちゃんと

説明してあげなければならない。

 

 

 

 

 

 

もしも、今外国人と仲良くなれずに
悩んでいるのならこの方法を使って欲しい。

 

 

 

仲良くなる可能性が飛躍的に上昇するのを
感じる事ができるので。

 

 

 

 

 

 

PS.

ちなみにチェナーとジェイクと

仲良くなった後どのくらいつき合っているのか

聞くと「フッハハハハ〜!!」っと笑い出しだ。

 

 

カップルではなくイトコ同士で

オランダに旅行にきたらしい。笑

 

 

 


外国人が日本人より絵に興味がある理由

byronbay_gakakatudou1113
日本で絵を買うと言う人の割合は外国人に比べて極端に低いように感じる。

 

これまで旅を続けてきて数多くの日本人や外国人と仲良くなり、僕の描く絵に興味をしてしてくれたが購入するのは必ずと言っていい程外国人であった。

paint_postcard

これが日本で画家として生きるのは難しいと言われている原因の1つである。

 

家が大きい事も関係している。

byronbay_jyoniedekai

オーストラリアのバイロンベイに滞在している時に仲良くなった車の整備士であるジョンの家にお邪魔する事が多くなっていた。

 

 

ジョンの家は豪邸で、部屋がいくつもあり、庭には公園とプールが設備されている。

byronbay_jyonpool

これはジョンの家だけではなく、オーストラリアの家は大抵このくらいの大きさの家が立ち並んでいる。

 

 

家が大きい分1つ1つの部屋の広さも日本に比べると全然違ってくる。

 

部屋が広いと言う事は壁の大きさも余裕があるのでそこに絵を飾ると言う考えになるようだ。

 

現にジョンの家には大きな絵がいくつも飾ってあった。

byronbay_jyone

なぜ外国人は日本人より絵に興味があるのだろうか?

 

その事を考えた時、育った環境の違いからではないかと推測した。

 

 

 

 

海外はアートイベントも多く、それに画家を目指す人を支援する団体も数多く存在する。

 

日本ではまだその支援する環境が整っておらず画家として生きていく事は不可能と言う人が多い。

 

 

 

その事に気付いた僕は日本人と同じ事をしていても同じ結果しか待っていないと悟り、全く違う道を歩んでいく事にした。

 

独自で考えた画家になる方法は見事成功し、今では日本でも海外でもどこに住んでいても絵を描いて収入を得るまでに成長できた。

 

僕の歩んできた道についてはZiNARTメールマガジンで詳しく語っているので興味があればどうぞ。

 

豪邸には天使がいた

byronbay_iribitari

最近はジョンの家に入り浸るようになり、バイロンベイの街でお金を稼いだ後はジョンの家のソファーに座りながら映画を観る日々を過ごしていた。

 

ジョンには3人の子供がいる。

 

外国人の子供は本当に可愛い。

 

一番下の女の子は天使のような笑顔で僕の腕を噛んでくる。笑

byronbay_jyonnotensi

そして次男は毎日粘土でアートを作って楽しんでいる。

 

将来は凄いアーティストになるのかもしれない。

長男は英語もロシア語も流暢に話す事ができ、ギターも演奏する事ができる天才肌だ。

僕は彼に話しかける時は日本語で話しかけていた。

 

この年でロシア後も英語もペラペラになったのだから日本語で話しかけていれば理解できるようになるかもしれないと思ったからだ。

 

海外に行かなくても画家にはなれる。

byronbay-jyonbbqsikomi

この日はジョンがBBQの用意をしてくれた。

 

外国人はパーティーが本当に好きだ。

 

例え1人で海外に旅に出たとしても必ず声をかけてくれる人が現れ、そこで仲良くなって絵の依頼も頂ける事もあった。

 

 

日本から外国に行くとなると飛行機を利用しなければならないためか何故か大きな旅と想像してしまう人が多いようだが、実際は日本国内の旅行とそれほど変わらない。

 

英語環境ではあるが、日本人は全世界のどこの国にも滞在しており、日本人が集まる宿が必ずあるのでそこを頼りにして行けば国内旅行と何ら変わらない生活を送る事ができる。

 

 

 

 

一度海外にでてしまえば今まで経験できなかった体験が待っており、アーティストにとってはかなり良い刺激を得る事ができると言うのに・・・

 

 

僕の専門学校時代の友人も僕のように海外で活動すると話してはいたが未だに実行には移せていないようだ。

 

 

画家になりたいと思う人は頭より身体が動くタイプの人の方が成功する確立は遥かに高い。

 

思った事をすぐに行動に移せる人と移せない人では将来が大きく変わってくるだろう。

 

しかし、これは海外に行かなければ画家にはなれないと言う事ではない。

 

 

 

 

1つだけ方法があるのだが、これは日本に住みながらも継続できる根性がある人だけが成功できる方法である。

 

それは僕の歩んできた道を同じように歩だけ。

 

 

簡単ではないが、少なくとも今まで絵を描いて生活できるようになっていないのなら確実にこちらの方が絵を描いて生活できるようになる可能性は遥かに高い。

 

僕はそのようなやる気のある人達をサポートしていきたいと言う思いからZiNARTメールマガジンを立ち上げたのだ。

 

高い絵でも購入する育ち方。

byronbay_bbqparty

オーストラリアで出会った人達は高い絵でも買う人が多かった。

 

これは絵の価値観が日本人と違う事も理由の1つになっているのだが、育ってきた環境の中でアートが普段の日常に溢れている事も理由の1つだと感じた。

 

 

家には必ずと言っていい程大きな絵を飾っている。

 

そんな環境で育つ子供は絵は家に飾るものと言う強い認識で育っていく事により、絵を買う事にあまり抵抗がなくなるのだと言う。

 

 

もちろん日本でも高い絵を買う人はいるのだが、大抵の場合が生活に余裕のあるお金持ちの人達である。

 

 

この事実を知ってしまうと普通のやり方では日本で画家になる事がどれほど難しいのか理解できる。

 

 

 

この事に気付けたので海外で画家になる方法を探すために旅にでて本当に良かったと思う。

 

この事に気付かなければ今頃会社に就職して休みの日に必死に絵を描く生活をしていたかもしれない。

 

 

人生を大きく動かす時、かならず「気付く」出来事がある。

 

僕の場合は日本と外国の絵の価値観の差に気付く事ができたので結果的にそれが活動力に変わり、今の自分が構築されているのだ。

 

 

 

もしも、あなたが今まで絵を描いてきて全く何も進展していないのなら「気付く」必要があるのかもしれない。

 

今までと同じ方法で活動していては同じ結果になると言う事である。

 

そこに気付かなければならない。

 

 

気付けたなら次は新しい活動方法にチャレンジする事をお勧めする。


コミュニケーションは心でとる!?外国人と仲良くなる一番簡単な方法

cairnsnakayoku

ケアンズについて数週間が過ぎたが、

いまだに英語を話す事ができなかった。

 

しかし英語が話せなくても

話そうとする姿勢を見せれば

コミュニケーションをとってくれる

外国人も増えていく。

 

一人でケアンズに来て初めは友人も

できず、英語も話せないので

どう話しかけていいのかもわからなかったが、

公園で絵を描いているとむこうから

話しかけてきてくれて遊びにも誘ってくれるようになる。

 

そんな英語を話せない生活の中で学んだ

外国人と仲良くなる一番の方法・・・

 

 

 

 

それは一緒にお酒を飲む事だ。

 

 

 

 

お酒を飲む事によって何を言っているのか

理解できなくてもその場の雰囲気で仲良くなれる。

 

そして片言で

「これから絵を描きながら旅をする」と説明すると

僕のこれからの生活を見てみたいから

連絡先を教えてくれと言われる事も多かった。

 

 

 

国籍関係なく人はこれから何か

新しい事をしようとする人に興味を持ち、

それが後に大きな繋がりになる事を後で知る事になる。

 

人と人との繋がりはいつか人生の財産になり

画家として活動していく上で大きな武器にも

なりうるのだ。

 

 

 

 

僕が毎日公園で絵を描いている事を知っていたのか

公園まで僕を誘いにきてくれるまでの仲になった。

 

これもお酒を一緒に飲んだという仲間意識がそうさせて

いるのかもしれない。

cairns_volleyball

この日はバレーボールに誘ってくれて、

その後はもちろんBARへ直行する。

cairns_barnakayoku

そんな生活をしていると少しではあるが、

英語を聞きとれるようになっていった。

 

 

 

外国人と飲みにいくだけで数多くの事を学ぶ事ができ、

自分自身も少しずつ成長していく感覚を実感できる

瞬間に何度も遭遇する事があった。

 

人はこうして成長していき今まで出来なかった事

ができるようになるにつれ自信もついていくのだ。

 

 

 

初めから怖がって何もしないのなら成長はありえない。

 

勇気をだして一歩前に進めば何事もできるようになるのだ。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ