夢を追いかけてお金を貯めているあなた!損をしていませんか?

hawaii_michibeach

僕は画家になるために世界中を旅している。

 

その夢を追いかけるためにお金を貯めていたが、その時の考え方に自分自身で疑問を感じてしまった。

 

当時はお金を貯めて公募展や個展に出展して何か大きな仕事を頂ければそれで食べていけるようになると強く信じていたのだ。

 

なぜ旅に出る事を決断したかと言うと日本ので画家になる事は相当難しいと感じたし、何より海外への憧れがあったからだった。

 

日本のアート業界の裏の取引や全てではないが大きな公募展の不公平な審査がある事を知り、そんなコネ繋がりでしか受賞できないような仕組みのある公募展なんて出しても意味がないように感じた。

 

 

 

何度も言うが、全ての公募展ではない。

 

 

 

しかし、ごく一部の大きな公募展などは大抵裏で繋がっている事が公になっている。

 

 

それなら貯めたお金をどのようにして使うのか?

 

 

全て自分への投資として意味のある活動をしようと考えたからだった。

 

もともと海外を旅するつもりではあったが、公募展に出したり個展などを開いてからまたお金を貯めて旅をしようと計画していた。

 

そんな時にこの事実を知る事となりその資金全てを旅に費やす事にしたのだ。

byronbay_beache1829

今思えば僕は最高に正しい道を歩んできたと言える。

 

 

今ではその夢を叶え、世界を自由に飛び回る事ができる絵の仕事の

得方を発見してしまった。

 

この事から夢への投資にはお金をドブに捨てるようなものと

自分の身になる投資がある事を理解できた。

 

自分のお金で投資する大切さ

hawaipainting

夢を叶えるためにまずする事と言えば自分への投資である。

 

旅の中で出会った成功者の話を聞くと彼らにはある共通点がある事を悟った。

 

それは知識を得る事への投資。

 

そして逆に成功できない人の特徴と言えるのがお金を無駄だと思いこんで知識への投資をしない人である。

 

 

 

 

成功者は普通の生活では格安の航空券を買ったりシャアハウスなどに滞在してお金をあまり使わずに旅をする人もいたが、知識への投資となるとお金を惜しまずどれだけ高くてもそこに投資するようだ。

 

知識は目に見えない分

本当に意味があるのか?

 

っと思ってしまうのだが、実際僕が経験した旅で得た知識は今の僕の自由な画家人生を構築するために重要な1つの要素となっている。

 

 

 

 

そして僕もこれまで画家になるために様々な自分への投資をしてきた。

 

例えば僕が絵がまだ下手だった頃に絵の上達をするために専門学校への投資をする事。

 

当時は本当に絵が下手だったので

このような作品しか描く事ができなかった。

heta_paint

しかし、その専門学校への投資によりここまで成長する事ができたのだ。

paint_sekai2

ここで注意して欲しいのが

自分で貯めたお金で投資をすると言う事。

 

 

専門学生時代の同じクラスのほとんどの人が親のお金で入学してきた。

 

そのため絵を本気で学ぶという姿勢が感じられなかった。

 

実際にそのクラスで絵の職についた人はほとんどおらず、今では絵とは全く関係のない仕事についている。

 

これではお金をドブに捨てるようなものである。

 

 

その後、

旅をして画家になる方法を探すための投資をした。

 

最初は絵の実力もそれほどなかったので絵の修行と画家になる方法を探すために旅をしていたのだが、自分が思っていた以上に得るものがあった。

 

 

 

旅で出会った人達との思い出はもちろんの事その他にも様々な事を学んだ。

 

「英語」

 

「外国人とのコミュニケーション能力」

 

「どうすれば外国人から依頼を頂けるのか?」

 

「海外で収入を得る方法」

 

「旅をしながらお金を使わない方法」

 

「絵の価値を上げる方法」

 

などなど

 

ここであげればキリがないほど知識を得る事になった。

 

そしてこの旅の中で得た最大の知識こそが

「日本でも海外でも絵で収入を得る方法」である。

 

旅全体には約300万円の投資をしたが、もともと旅に出た時は

20万円ほどしか持っていかなかった。

 

旅の始まりであるオーストラリアでは絶対にお金を稼ぐと決めていたからだ。

 

人は追いつめられればそれ相応の行動をとるもの。

 

その考え方もあり、

絶対にお金を絶やさないように

意味のある活動をしようと心に決めて活動してきた。

 

その考え方が今の僕の生活を

構築できた要因の1つともなっているのは間違いなかった。

 

 

 

もしも今あなたが将来の夢のためにお金を貯めているのなら特に知識の投資にはお金を使う事をお勧めする。

 

知識を溜め込むとそれが後に大きな利益となって帰ってくるからである。


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

画家になる夢を奪うモンスターは日本で増え続けるている。

belgium_zinreru

画家になる夢を叶えたいと言う人は

日本には大勢いる。

 

絵を描く事を仕事としていると言うと

どうしてもビンボー画家と言うイメージがあるが、

それは日本の常識であり、常識に捕われた人だけの

考え方であると言える。

 

 

僕は世界を旅しながら

絵を描く事で収入を得ているし、

1月の旅費が収入を上回る事はない。

 

なのでお金を貯金しながらも

世界をまわる事ができる生活をしている。

 

 

沖縄で出会ったフランス人の友人と

再会する事になったのですぐに

ベルギー行きの航空券を購入して

会いに行く事もできる。

Belgiumfriend

時間を自由に使えるのだ。

 

こんな贅沢な生活があるだろうか?

 

現在、日本で絵を描いて生活している人の

多くは会社に勤めたりバイトに明け暮れながら

休みの日に絵を描いて、一発逆転を狙い

個展をひらいて仕事を得ようとしている人が

ほとんどではないだろうか?

 

それは多くの人が夢みている道であるが

実際問題その道を成功させる事はかなり難しい。

 

その現実がモンスターを

生み出す原因にもなっている。

 

 

 

海外に比べ日本ではまだまだアート文化が

浸透しておらず、高額で絵を買うと言う人は

一部の富裕層だけである。

 

皆と同じ道を歩んでいても、

同じような結果になる可能性の方が遥かに高い。

 

そう考えた僕は皆とは違う画家人生を歩もうと

画家になる方法を探すため世界中を旅する事にした。

 

画家になるのはそれほど難しくない

belgium_sougenhiroi

海外に出てから最初は苦労した・・・

 

っと言いたい所だが海外で絵を描いて

収入を得る方法は以外と簡単に発見してしまった。

 

 

 

そして今では日本でも海外でも

絵を描いて収入を得る方法も発見してしまった。

 

人の役に立つ事を発信していけば

後から収入がついてくるのは必然だと

成功した今ならハッキリ言える。

 

ベルギーに来て友人のジュリアンの家に

泊めてもらい、毎日公園でのんびりしながら

次に描く絵の下書きをする生活をしている。

sitagaki_1

仕事を早く終わらせたジュリアンから

連絡が入り、一緒に町に遊びに行こうと

誘いを受けたのでそのまま遊びに行く事にした。

 

ここはベルギーのブリュッセルの中心街。

 

街には様々なアートが展示してあり、

歩いているだけでインスピレーションを

得る事ができる。

belgium_ketuwasariomote belgium_ketuwasariura

やはりヨーロッパはアート文化が日本より

発達していると感じるし、アートが生活の

一部になっているので絵に興味がある人も

多数存在する。

 

これはヨーロッパではなく

経済的に裕福な国はどこでもアートに

関心があるように感じる。

 

しかし、世界的に見ても日本は経済的に裕福では

あるがアートに関してはまだまだである。

 

なので日本ではダメだと感じた画家は

海外に進出し、成功を収める人が多いのだ。

 

日本では夢を奪うモンスターが急増している

belgium_artmichi

以前世界画家旅人を読んだであろう人から

「日本から逃げたのですね」と言う

レベルが低過ぎる考えを持つ人から

コメントが来た事がある。

 

 

このような狭い考え方しかできない人は

確実に成功はできない。

 

 

なぜなら、先がどうなるかわからない

海外生活に挑みながら夢を追いかける人は大勢いる。

 

その中で成功する人も大勢いるのだ。

 

少なくとも逃げていると言う事にはならない。

 

 

これから先のどうなるかわからない生活へ

挑戦している事は確実である。

 

 

 

おそらくこの人は成功できない人生に

嫌気がさし、成功した人や頑張る人の

足を引っ張るモンスターと化してしまった人物であろう。

 

よくYahooの知恵袋でも

「画家になるのにはどうしたらいいですか?」

 

っと言う質問があるが、その答えの多くは

 

「日本で画家として生活している人はいない」

 

「日本では画家になる事は不可能」

 

など知識のない人からしかコメントがきていない。

 

 

 

こんな事を言われて諦める人も大勢生まれ、

その間違えた考えから画家になるのが夢と

言う人を妨害するかのように

「日本では画家になる事は不可能」

と伝染的に伝えてしまう人が増え続けてしまうのだ。

 

この負の連鎖を消さなくては

日本で画家を夢みる人の数が減り続けてしまう。

 

 

それを防止するために僕は

世界画家旅人を立ち上げたのだ。

 

 

 

 

先ほどのように低いレベルの思考を持った人を

排除するため、僕はあるプロジェクトも考案している。

 

それは画家なりたい人に伝えるため、

僕がこれまで何をしてここまでこれたのか?

 

と言う事を事細かに伝えて

日本の画家人口を急増させるブロジェクとである。

 

 

 

 

本気で絵を描いて生活したいと願う人は

僕のZiNARTメールマガジンからその情報を

受け取って欲しい。

 

絵に自信がない人のために

僕のタッチを伝える絵画教室もひたいて

生徒を人数限定で募集しているので

興味があれば是非。

 

絵描きになると贅沢な生活も可能になる

belgium_hirugougamesi

お昼に仕事を終わらせた友人ジュリアンと

レストランでご飯を食べる事にした。

 

オーストラリアの旅が終わった後、

沖縄でのんびり暮らしていた時に

ジュリアンと出会い、それからヨーロッパを

旅しているとSNSで投稿していると連絡が入り、

すぐに会いに行く事になったのだ。

 

ジュリアンは本当にいい奴だ。

 

旅をしている人で悪い人に出会った事がない。

belgium_jyurianto

旅をしてまで悪い事をしようと考える人が

少ない事もあると思うし、何より人との

出会いが多かったり、旅中に親切にされる事で人に

親切にしようと考える人が増えるのではないかと推測する。

 

 

 

ジュリアンはいい奴だが、1つ気になる事がある。

 

靴下の色が毎回違う。

belgium_jyuriankutugyaku

僕は几帳面ではない方だが、

何となく気になってしまう・・・

 

そんな事は気にしないジュリアンと一緒に

レストランで食事をする事になった。

belgium_uinnermesi

ベルギーのご飯は美味しくないと

言う人もたまにいたが、そんな事はない。

 

ベルギーに来てから毎日レストランで

食事をしているが美味しい物しか食べていない。

 

食事が終わり、夜にはジュリアンの友人と

合流してお勧めのBARに行く事に。

belgium_gouryuu

様々な種類のハムとチーズが運ばれてきた。

 

ハムとチーズの組み合わせで味が全然変わってくる。

 

日本では出回っていないオリジナルチーズは

今まで食べた事のない味がしてワインとかなり

相性が良い。

belgium_hamuchiez

ほろよい気分でブリュッセルの街を歩いていると

夜の遊園地を発見した。

belgium_natumaturi1

射的などもあり日本の夏祭りを思い出す。

belgium_natumaturi2

こんな生活を毎日続けながら、

そろそろベルギーを出る事を考えていた。

 

ベルギーに来て3週間が過ぎていたので

新しい刺激が欲しくなったのだ。

 

次はオランダのアムステルダムに

長期滞在する計画を考えながらこの日は眠る事にした。

 

新しい国に行く時はかなりワクワクする。

 

そのワクワクが僕に新しいインスピレーションを

与えてくれるのだ。


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

バイトをしながら夢を追う人へ言いたい事がある。

meigen-seikou

夢を追いかけるには働かなくてはならない。

 

バイトで生活をしながら夢へ向けてがむしゃらに走る。

 

 

もしも・・・ここで夢が叶わなかったら?

 

 

そんな事が頭によぎった瞬間から夢へ向かう道に霧がかかり始める。

 

やがて道が見えなくなる時、「諦める」と言う選択をするのだ。

 

 

もしもこの時・・・

 

本気で「夢は絶対に叶う」

 

と思えたとしたら?

 

あなたは人生に関係する最大の武器を手にする事ができるだろう。

 

 

 

断っておくが、これは

 

「自分を信じて努力すれば夢が叶う」

 

と言う話ではない。

 

 

 

もしもあなたが努力していてもある一つの事に気づかなければ、夢を追う事を諦める時が確実に来るだろう。

 

気が付かなければならない一つの事

hungary_kick

もしも30年以上絵を描き続けている男がいたとしよう。

 

その男は30年間絵を描き続けた。

 

しかし一向に上達せず、描き始めた頃と全く変わらない素人以下の絵を描いている。

 

 

・・・・・・

 

 

そんな人間はいない。

 

 

 

30年も絵を描き続けて全く変わらない素人以下の絵を描く方が難しい。

 

考えながら描き続ける事によって才能がないこの男でも上達するより先に独創性のあるタッチの絵が描けるようになり、人を魅了する先品を生み出せるようになる事は間違いない。

 

30年間描き続けたと言う歴史は魂に響く。

 

バンドでも同じ事。

ギターが下手で何のスキルもない男がバンドにいたとする。

 

バンドメンバーが就職すると言い始め、次々と辞めていった。

 

その男も就職したがギターが好きで毎日引いていた。

 

 

 

ギターを引き出してから40年後、結婚もし、子供もできた。

 

幸せな家庭を築く事ができた。

 

 

 

しかしギターだけはまだ下手で、何のスキルも身に付かなかった。

 

 

 

 

 

そんな人間はいない・・・

 

 

 

 

もしもギターを生活の合間に引き続けたのなら確実にスキルはつくはずだ。

 

毎日1時間引いたとして1年で360時間。

 

40年だと14600時間引いている事になる。

 

 

それだけ練習して上達しないなんて事は確率から考えてもあり得ない話なのだ。

 

 

 

「一つの事」とは夢は絶対に叶うと思い続ける事で他の人にはできないスキルを身につけると言う事なのだ。

 

 

 

 

努力すれば夢は叶うのではない。

 

一つ事だけを続けると独創的なスキルがつくのだ。

 

 

 

 

そこから夢への可能性が広がっていく事になる。

 

30歳が目安と言う言葉に騙されてはいけない。

macyupicyu_rama

世間では30歳が目安と言う。

 

しかし、この考えは間違っている。

 

これは人間が考えだした、ただの数字なのだ。

 

もしも人間界に数字と言う概念が存在しなかったとしたら、30歳だから夢を諦めると言う考えはせず、夢を追い続ける人が増えていただろう。

 

 

 

年は関係ない。

 

30歳からでも画家になった人は世界中に数えきれないほど存在する。

 

 

 

 

彼らが夢を叶える事ができたのは夢を追いかける事で一つのスキルを濃厚に仕上げていった結果なのだ。

 

ようはいつまで続ける事ができるか。

 

バイトしながら活動していく事も僕は全然問題ないと考えている。

 

 

バイト先で働いていて正社員になれるかもしれない。

 

何かのコネで良い会社に転職できるかもしれない。

 

 

 

 

夢を追うのに焦る必要はない。

 

 

 

 

お金を稼ぐ事と両立しながらゆっくり夢を追いかけて行く事で確実に他の人にはできないスキルを手にする時が来る。

 

早く夢を叶える方法はある?

namibia_desert

そんな簡単に夢は叶わない。

 

世間一般ではそれが常識であり、僕もそう思う。

 

と言いたい所だが・・・

 

実は夢に到達するスピードを早める方法は存在する。

 

しかしこれは、絵が上達したい人や画家として生きていきたい人に限る。

 

 

 

 

僕は世界を旅する画家。

 

 

 

 

音楽やダンスなどのスキルは一切ないのでその夢に向かうスピードを早める方法は専門外だ。

 

世界43ヶ国以上を筆と絵具とキャンパスを持ちながら絵でお金を稼いで旅をしてきた。

 

 

絵で収入を得ながら世界を旅する方法はこの「世界画家旅人」の中ですでに公開している。

 

世界中をまわり画家になるために必要な情報を得る

osaka_hotelpaint

世界に僕の絵が通用するのか?

 

僕の絵描きとしてのスキルは世界から見てどのあたりなのか?

 

旅をする前はこんな事を考えていた。

 

 

 

僕は専門学生の時、素人以下の絵しか描く事ができなかった。

 

画家として生きて行くと決断した時にこんな事を思っていた。

 

 

 

 

「この先の人生を画家として生きていけないのなら人生の終わりを迎える」

 

 

 

 

そして今の自分には何のスキルが足りないのかを考え、そのスキルを手に入れる方法を探す事ようにして生きてきた。

 

そのために世界43ヶ国以上を旅してきたのだ。

 

 

 

英語、絵のスキルアップ、外国人とのコミュニケーション能力引き込む話の仕方、日本人と外国人の絵に対する価値の差、世界の旅では数えきれないほどのスキルを身につける事ができ、そしてとうとう僕は日本でも画家になる方法を発見した。

 

 

 

 

情報は武器とはよく言ったものだ。

 

 

 

 

まさにその通りになってしまった。

 

しかし・・・

この情報は中途半端に伝えたくはない。

 

 

 

 

「絵が上手くなりたい」「画家として生きていきたい」と言う信念を持っていない人に伝えてしまうと、

中途半端に辞めてしまい、画家になる夢を持っている人にネガティブな情報を与え、画家にりたい人の信念を崩す魔物に変化してしまうからだ。

 

 

 

 

僕はそんな魔物を生みたくない。

 

 

そんな理由からその情報は信念を持つ限られた人にだけメールで伝えていく事にした。

 

最後に・・・

aoimage
日本で画家になりたい人に言っておきたい事がある。

 

日本人独特の文化なのか、学歴社会と言う言葉がある。

 

日本人は経歴を気にするようだ。

 

 

 

芸大卒、美大卒、どこかの公募展などで得た賞など日本人は肩書きを気にする傾向にあるが、もう一つだけ日本人も外国人も絵を見る時に気にする所がある。

 

 

 

それは、その絵を描いた人物の歴史を見る所だ。

 

 

 

この絵を描いている人はどんな人物なのか?

 

どんな方法で描いていくのか?

 

 

 

あなたがその情報を正しく正確に発信する事ができれば、あなたが絵に注いできた情熱のある人生の歴史が伝わり、多くの人の目に止まる結果となる。

 

 

 

あなたが絵を描き続けると言う事はあなたが得たスキルを使いあなたの歴史を描いて行くと言う事なのだ。

 

これは僕が絵を描き続けてきた人生の歴史を見せるための動画作品だ。

これから多くの絵描き仲間と共に活動していき、正しく学ぶ事でスキルが身に付く事を証明していこうと思う。

 

 

 

先ほどもメールで情報を公開しているという話をしたが登録は無料なのでもしも、画家になる夢を持っているのなら一度ZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

働きたくないが夢を追うため就職した18歳の時の話

まだ僕が絵を本気で描き始めた頃から4年も前の話。

 

絵の大学へ行きかったが親に反対され就職して学費を

稼ごうと思い工場で働いていた。

 

その選択が夢を追う僕の人生最悪のスタートラインになる

とも知らずに・・・

 

高校を卒業した18歳の僕は大阪の港にある工場で

働く事になるのだが結果2年で仕事を辞める事になった。

 

 

仕事場の主任からひどいパワハラをうけていたのだ。

 

 

今思えばよくあの環境で2年も持ちこたえたなと関心

するほどだった。

 

他の社員のおじさんは優しく面倒見のいい人ばかりだった。

 

 

しかしその一人の主任だけはどうしても我慢できなかった。

 

 

本来なら10年かけてやっと扱える精密機械をまだ未経験の

なんの技術も持たない新人の僕に任される事になった。

 

 

始めはそんな機会を任されたので責任重大と感じ、かなり

勉強しながら感覚で覚えていく事にした。

 

 

もちろん主任は僕の事などほったらかしである。

 

 

ミスがあれば怒られるのは当然だが教えてくれる人が

いないのでミスをするのは当たり前であった。

 

主任は僕がミスをする時だけ大声でどなりちらし

威圧的な態度で僕を脅すような事も言った。

 

 

しかしそれから1年後僕も仕事になれてきたのか

ミスをあまりしなくなり製品も順調に仕上げる事が

できるようになった。

 

しかし主任はそれが気にいらなかったのか

自分のミスをわざと僕に押し付け、僕がミスを

したかのように偽造し社長に報告していた。

 

したくもない仕事を毎日こなしながら

学費をためようとしても給料は驚くほど低く

その上、ミスを押し付けられミスをした主任は

事務所でコーヒーを飲みながら知らん顔だ。

 

入社して当初は主任の言う事は絶対と思っていたが

1年を過ぎる頃には言い返すようになっていた。

 

 

それが気にくわなかったのか僕のつくった完璧な製品を

ゴミ箱に捨て、なくなったからもう一度つくれと言ってきたり、

社長に僕の管理能力のなさをアピールしにいくなど

様々な攻撃を受けた。

 

したくもない仕事と学費を貯める事のできない環境、

そして主任から受ける毎日のストレスで僕の額は

デコボコに腫れ上がるようになっていた。

 

思い描いていた未来の自分とは真逆の無様な現在の状況に

僕の心は病んできてしまい少しずつ会社を休み家から

一歩もでず約1年間友達とも会わないようになっていた。

 

今思えば辞めればいいのにと思うが、まだ若かった18、19歳の

青年にとっては就職してお金を稼ぐという考えしか浮かばなかったのだ。

 

 

想像していた自分の姿とは180度違いその情けなさに

絶望を感じていた。

 

 

そんな状況だった僕も30代に入り世界を旅しながら

絵を描いて収入を得るまでに成長した。

 

やはり何か大きな夢を追いかけると言う事は

それなりに大きな壁が何度もやってくるものだと

僕の人生経験から実感している。

 

そしてその壁を乗り越える精神力がある人だけが

夢を追う事を許されるのだと思う。

 

世界の旅で出会ったアーティスト達はまさに精神力の固まり

のような人達がおおかった。

 

精神力とは考え方を変える事で鍛える事ができる事も

旅をしていく中で知る事になる。

 

今もしそういった状況で仕事に悩んでいるのなら

環境を変え、考え方をもう一度考え治す事をお勧めする。

 

人生の壁には絶対に乗り越える事ができる道というものが

存在するのだ。

 

問題はその事に気づくか気づけないかなのだ。

 


タグ: 

カテゴリ:下積み時代 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ