海外で絵の依頼を頂く方法と絵の描き方!

byronbay-higeojisan

 

海外で活躍して絵の依頼を頂いて

将来は有名な画家になりたい!

と言う夢を持つ多くの人から

僕の所へと相談にくるようになった。

 

僕はその夢を一足先に叶えてしまったからである。

 

 

その中でも一番多い相談が

「どうすれば海外で絵を描いて生活できますか?」

っと言うものであった。

 

今回はその事について詳しく

僕の経験を元に話をしていこうと思う。

 

まずは何から始めるのか?

paronellaparkpaint

 

海外で絵の依頼を頂くには

人と出会うと言う事が基本的な事である。

 

人と出会わなければ依頼も何もないのは

誰が考えてもわかる。

 

 

 

どうすればそのような人と出会う事ができるのか?

 

 

 

僕も最初の絵の修行の旅では

オーストラリアのケアンズから始まったのだが、

全く何をしていいのかすらもわからずにいた。

 

友人もいるわけでもなく、

英語が話せるわけでもない、

ましてや外国なんて韓国くらいしか

行った事がなかった・・・

 

そんな僕でも現在は

世界中を旅しながら絵を描いて

十分な収入を得るまでに成長できた。

 

 

何をしていたかと言うと・・・

 

 

 

公園で絵を描いていた。

 

最初はただこれだけである。

 

しかし外国人は絵に関心がある人が多く、

その中で絵を買ってくれる人や

絵の依頼を頂ける事が少しづつ多くなっていった。

 

ライブペイントで依頼の数が増える!

livepaint1

 

得に絵の依頼が増えた時期が

路上でライブペイントを始めた時期であった。

 

まだまだこの時は英語もまともに

話せなかったがノートに英文を

描いて丸暗記し、ライブペイントを

見てくれるお客さんと会話をすると

絵を買ってくれるし、依頼される

数も大幅に増えていったのだ。

 

その時の詳しい方法やどれくらいの収入なのかは

こちらの記事で書いているので興味があればどうぞ。
絵を描くだけ!?路上パフォーマンスでお金を稼ぐ方法
海外では本当に多くの人と出会う事となったが、

その経験が今の僕の人生を構築したと

言っても過言ではない。

 

人との出会いが増える

ライブペイントは僕の画家人生を大きく

変えてしまったのだ。

 

絵の描き方とデザインの決め方

byron-hatue

 

以前3.11東北地方大震災のイベントが

オーストラリアのバイロンベイで開催される時に

主催者であるインド人のハーシャのシェアハウスで

絵のデザインの打ち合わせに行った事があった。

 

そのイベントは無事に終了したのだが、

そのシェアハウスに滞在した時に

ブラジル人のリーフと言う青年と仲良くなる。

 

彼はブラジルで有名なサウンドクリエイターの

仕事をしており、僕も彼の事を天才だと思っている。

reefsound

 

 

リーフは僕の絵をかなり気にいったようで

こんど出すCDジャケットのデザイン依頼を

僕に頼んできた。

 

テーマは「マンダラと化石と自然」

 

この時点でかなり難しそうだったが

僕には描ける自信があった。

 

今まで旅をしてきた中で絵の上達を

する事もできたし、何でも描けると言う

自信がついてきた頃だったのだ。

 

 

僕はいつもビーチに車をとめて

そこで一日中絵を描いていた。

byronbay_umikuruma

 

まずは下書きから。

byronbay_reefsitagaki

 

普段は下書きなんてせずに

絵具をのせていくのだが、

依頼があった場合はまずデザインを

依頼者に確認しなければならないので

そのような場合だけ下書きをするようにしている。

 

 

下書きを確認してもらい、

気にいってもらえればそこから

絵具を載せていくと言う流れになる。

 

まずはバックから描いていき、

ここで依頼者のテーマである

化石の色合いで描いていく。

byronbay_reefsitagaki2

 

次にマンダラと言う上下左右が

対象になるようなデザインを考え、

絵具を載せていくと完成する。

reefjob

 

リーフにデザインが完成したと報告し、

確認してもらうと・・・

 

 

「ん〜〜・・・化石感がない・・・」

 

 

っとダメだしを頂いた。

 

僕的には上の写真のデザインの方が

色合いも含めて気にいっているのだが、

依頼者が気に入らなければ意味がない。

 

 

なのでさらに化石感をだすために

描き直す事にした。

 

こちらが最終的に決まったデザインである。

paint-reefkaseki

 

再びリーフに見せにいくと

彼は大喜びしながら、

「本当にありがとう!ZiNに頼んでよかったよ!」

っとお礼を言ってくれた。

 

この瞬間があるので

絵を描く仕事はやめられない。

 

世界を旅する画家のまとめ。

reef_back

 

このオーストラリアの旅が終わり、

その後は世界中をまわりながら

絵を描く仕事をしていたのだが、

ブラジルに行った時にリーフの家に

お邪魔する事となった。

 

 

彼は森の奥地に住んでおり、

まわりには野生動物が現れるような

最高のロケーションに家を建てていた。

 

 

このような出会いから絵の依頼も頂けたり、

旅さきで助けてもらったりできるので

海外で絵を描いて生活する事へ挑戦すると

絵以外にも僕にとって得になる事が

頻繁に起こるようになった。

 

 

しかし、日本人は英語が話せないだとか

海外に行った事がないと言う理由で旅にでる

事を恐れている人が多い。

 

 

僕は旅の中で日本でも海外でも

絵を描いて生活する方法を発見した。

 

もしも海外に行くのが怖い!

と考えている画家を目指している人が

いるのなら僕の活動方法を真似る事をお勧めする。

 

 

これは海外に出なくても可能な方法である。

 

 

詳しくはZiNARTメールマガジンで

話しているので興味があれば

無料の登録フォームから

その情報を受け取って欲しい。


ライブペイントと絵の依頼だけで海外に長期滞在する画家

僕のメインの活動方法はライブペイント。

 

そしてそこで出会った人達や旅中に出会った

人達からの絵の依頼で生計を建てていた。

byronbay_kasegu

今でこそ海外を旅しながら

絵を描いてインターネットをフル活用

する事によってどこの国に滞在しながらも

画家として生活できるようになったが、

オーストラリアのバイロンベイに滞在

している頃はまだその方法を発見できていなかった。

 

なのでひたすらライブペイントで絵を描き、

依頼がくるのを待っている事しかでなかった。

 

音楽と絵は稼ぎ方が違う

この日もいつもどおり

今日一日分の生活費を稼ぐために

ライブペイントをしていると・・・

 

4人組の青年が楽器を持って

隣で一緒にやってもいいかな?

 

とお願いされたので僕は彼らの

演奏をBGM変わりにして絵を描けば

さらに皆立ち止まると考えた。

 

 

彼らの奏でる演奏に合わせてリズムよく

僕も隣で絵を描いていると

僕の方に人が集まってきた。

 

通りすがる人が僕のお金入れに

コインやお札を入れてくれるので

内心「この人達に悪いな・・・」

と思いながらも絵を描き続けた。

byronbay_yokonaga

2時間やって僕は3000円程度稼げたが、

彼らは1円も稼ぐ事ができていなかった。

 

そろそろ引き上げるよと言い

僕にお礼を言ってCDをくれた。

 

僕は1500円を彼らに渡そうとすると

「いいよいいよ!それは君が稼いだお金だから!

楽しめたしそれだけで十分さ!」

と言い、少し話をして彼らは去っていった。

 

音楽でお金を稼ぐ人は大勢いるので

その分お客さんも見慣れているのか

本当にずば抜けた音楽を奏でないと

稼ぐのは難しい。

 

その点ライブペイントでお金を稼いでいる人は

バイロンベイでは僕だけだったので

物珍しさからかお金を出してくれる人が多い。

 

音楽で生きていくのも大変なのだ。

 

この時、絵を描く人生を選んで

本当に良かったと心のそこから思った。

 

絵の依頼を頂いた

byronbay_reefbibiru

僕もライブペイントを切り上げて

海の前でのんびりビールを飲みながら

読書を楽しんでいた。

 

すると携帯に以前ハーシャと言う

インド人から絵の依頼を頂いて

仕事をした時にハーシャの住んでいる

シェアハウスに同居している

リーフと言う青年から電話がかかってきた。

 

僕は毎日そのシェアハウスにお邪魔していたので

リーフともすでに仲良くなっていたのだ。

 

ちなみに上の写真はブルートゥースの

ワイヤレスヘッドホンの音の良さに驚くリーフ。

 

 

リーフが僕に電話をしてきた理由は

絵の依頼をしたいと言う事だった。

 

リーフはブラジルでは有名なサウンドクリエイター。

 

その他にもデザインの仕事をしているが

僕の絵をかなり気にいってくれており、

ブラジルに帰国した時に新しくだす

CDジャケットのデザインを描いて欲しいとの事だった。

reefsound

旅に出てからすでに4ヶ月以上が経過しており、

旅当初の時には考えられないほど

絵の依頼をいくつも頂けるようになった。

 

僕は旅をして画家として成長したのだ。

 

アートイベントを見にいく

aus_tenji1

リーフがおもしろいイベントがあるから

絶対に僕をそこに連れていきたいと言うので

一緒にイベントに行く事にした。

byronbay_reefivent

そこにはバイロンベイに住むアーティストや

世界各国から集まった作品が展示されていた。

byronbay_reefivent2

リーフもサウンドクリエイターとして

活動しているのでアーティスト仲間が大勢いたのだ。

 

グラフィックを活用したアートや、

今でこそ有名であるが、当時ではまだ珍しい

プロジェクトマッピングを駆使してダンスを

踊っているアーティストもいる。

koten_aus

バイロンベイは小さな町であるが、

さすが世界各国からアーティストが集まる

町なだけあり、最先端のアートを見る事もできるのだ。

 

町にはギャラリーも数多くあり、

そこで何度も絵を販売してくれと

頼まれたが、自分で稼ぐ方が効率が良いし、

生活もかかっていたので全て断ったている。

 

CDジャケットのデザインを考える

byronbay_reefcdkouan

リーフが住むシェアハウスに一緒に戻り、

晩ご飯を食べながらリーフとCDジャケットの

デザイン案を考える事に。

 

リーフが言うには化石のようなデザイン

マンダラと言う仏の悟りを表現したデザインと

僕のデザインを融合させて描いて欲しいとの事・・・

 

このような難しい依頼を何度か頂いた事がある

それを乗り越えて今の僕がいるので出来ない

はずがないと考えそのデザインを考える事に。

 

マンダラは上下左右が対象のデザインが多いので

その雰囲気を壊さないようにし、しかも

僕の世界観を融合させた化石のようなデザイン

考えた結果、このようなものにする事にした。

byronbay_reefsitagaki

まだ下書きなのでどのような色使いに

なるのかわからないが、このデザインを

リーフは気にいってくれたようでこのまま

絵具で描いて仕上げて行く事に。

 

 

少しずつ時間をかけてこのデザインを

完成させたかったので完成は後日になる。

 

この日から毎日ライブペイントで

お金を稼いだあと、海の前に車を

とめてCDジャケットデザインを完成させる事にした。

 

リーフは天才サウンドクリエイター

リーフの仕事場を見せてもらったが

彼は様々な楽器を持っており、

それらを使って様々な音楽を作り上げていた。

 

音楽センスがない僕からすれば

かなり凄く感じるし、実際にそれで

食べていける能力があり、リーフは音は一生

作り続けながら生きていくと言う。

 

 

 

僕と仲良くなったのもこのような

考えが同じ仲間意識があったからなのかもしれない。

 

僕も一生絵を描き続けて生きていこうと

決断して今まで生きてきたのだ。

 

 

 

継続して絵の活動をしながら旅をしていれば

このような出会いが向こうからやってくる。

 

行動をしないでただ闇雲に絵を描いている

だけでは何も始まらない。

 

チャンスは行動し続け、成功する時のための

準備をしている人の元へとやってくるのだ。

 

 

明日からリーフのCDジャケット制作と言う

大きな仕事があるので、よりいっそ

画家として成長できると確信できた日でもあった。

 

 

しかし、そろそろバイロンベイを離れないといけない。

 

 

なぜならセカンドVISA(2年滞在できるようになる)

を手に入れるために農場で働かなければ

ならないからだ。

 

この後、ライブペイントと絵の依頼を平行しながら

農場の仕事を探す事になるのだが、考えていたよりも

かなり苦労する事になる。


理不尽な絵の依頼を頂いたので逃げた話

byronbay_beache1829

絵の修行の旅に出てから
これまで何度も絵の依頼を頂いた。
今でこそ世界に5人いるクライアントさん
にしか原画を得る事はなくなったが、
この当時は絵の依頼を頂いても断る事なく
全ての依頼を受けていたし、
それが生活の糧になっていた。

 

しかし、そんな状況でも
一度だけ理不尽な依頼を頂いて断った事がある。

 

ボーナスは絵の依頼

byronbay_gakakatudou1113

バイロンベイに長く滞在していて、
そこでライブペイントを中心に
絵でお金を稼いでいた。

 

路上でライブペイントをしているだけで
通りすがる人がお金を放り投げてくれるし、
ポストカードの売れ行きも申し分ない。

 

 

そして最大のボーナスは絵の依頼であった。

 

 

絵の依頼がある時は急激にお金が貯まる。

 

僕は常にそのボーナス収入を意識しながら
絵を描いていた。

 

 

そんなある日、1人の男が
ライブペイントをしている時に話しかけてくる。

 

 

 

「僕はホテルを経営しているんだけど壁画を描いてくれない?」

 

 

 

突然の事だったので戸惑ったが
ひとまずそのホテルの見学をしてから決める事に。

 

ジャングルの中の宿

byronbay-morinnoyado

そこはバイロンベイからジャングルの

奥地に車を1時間ほど進んだ所にある

レインボーテンプルと言うホテル。

 

ホテルと言うより民宿のような宿だが
周りは自然に囲まれており、
野生動物も頻繁に出没する。

buronbay-moriyadosoto

この中にはステージのようなものも
用意されており、ジャングルの中で
ひっそりと行われる音楽イベントも
開催されるようだった。

buronbay-sutage

トイレはポットン便所で匂いがきつい。

綺麗なトイレでしか用を足せない僕は
ここには滞在できない。

 

 

中は4回建てで螺旋状に階段がかかっており、
部屋が無数にある。

 

セカンドVISAが欲しい・・・

byronbay-rasen

宿のオーナーに依頼されたのが

壁がを僕のタッチで描いてくれとの事・・・

 

 

この宿の3階は360度壁に囲われており、

その360度全ての壁に絵を描いて欲しいとの事。

byronbay-rasen2

しかし、この時僕はセカンドVISAを

手に入れるため農場で働かなければならなかった。

 

セカンドVISAとはワーキングホリデーの

システムで農場で3ヶ月以上働くとさらに

1年オーストラリアに滞在する事ができる

滞在許可書のようなもの。

 

そのVISAを手に入れるため長期間は

絵の仕事ができい状況であった。

 

オーナーの理不尽な依頼

byronbay-rihujin

この大きな絵を僕のタッチで描けば

恐らく3ヶ月以上はかかる。

 

僕は絵を描く時は絶対に手を抜かない。

 

中途半端な絵を描けばその作品を見た人が

そのレベルの絵を描く人と思ってしまうからだ。

 

それ以前に僕自身が納得できない

作品は絶対に描けない。

 

それをオーナーに伝えると

「頼む!1週間で描いてくれ!」

 

と僕の都合は全くの無視。

 

そこから僕はここのオーナーに

何か違和感のようなものを感じた。

 

 

怪しかったので値段はどれほどを

考えているのか尋ねると・・・

 

「お金払えない!泊まってもいいから!」

 

 

さらに

 

「5千円までなら絵具を買うから

なくなれば君の絵具を使ってくれ!」

 

 

 

僕の絵具はリキテックスのアクリル絵具を

使っており、日本からわざわざ愛用しているものを

持ってきたのだ。

 

3、4色買えば5千円なんて余裕で超える。

 

 

このオーナーは僕のこれからの旅の事を

考えてくれていない。

 

できるだけ安くで絵を描いて欲しいと

言う欲望が丸見えである。

 

僕は考えておくと言い残し、

バイロンベイに戻っていった。

 

もちろん仕事をする気はない。

 

ライブペイントをしている方が

僕の絵の価値を分かってくれる人からの

依頼を頂ける可能性の方が高い。

 

僕は僕の絵の価値を理解し、

絵を大切にしてくれる人からの

依頼しか受ける事はない。

 

ここのオーナーは僕の絵を

安く扱おうとしていたので気分が悪かった。

 

追いかけてきたオーナー

umibyron

バイロンベイにはアーツファクトリーと言う

アーティストが集まる宿がある。

 

僕は普段車に寝泊まりしていているが、

ここの受付にパスポートを渡すと中に

入る事ができ、シャワーとキッチンを

使わせてもらい、友人たちと朝食と夕食を

食べる生活を繰り返していた。

 

この日も朝からアーツファクトリーで

朝食を食べていた。

 

すると聞き覚えのある声で

僕の名前を呼ぶ声がする。

 

 

よく見るとそこにはレインボーテンプルの

オーナーが立っていた。

 

なぜ僕がここに滞在しているのを知っているのか?

 

僕は毎日ライブペイントをしていたので

すでにバイロンベイでは少し名が知れ渡っていた。

 

 

彼は街の人に日本人の絵描きを探していると

聞き歩いて僕の居場所がわかったらしい。

 

それから1時間ほど

「お金は払わず、絵具代を5千円まで、1週間で」

と言うむちゃくちゃな条件で頼まれていた。

 

 

ずっと断っていたがl、

いい加減面倒になったので

わかったわかったOKOKと言うと

満足して帰っていった。

 

もちろん僕はセカンドVISAを手に入れるため

農場に働きにいく事にする。

 

世界を旅する画家のまとめ

byronbay-hajimetebasukingu

たまにタダで描いてくれだとか

1週間以内に描いてくれだとか

無茶なお願いをする人が来る事がある。

 

 

僕の絵は独特のタッチを出すために

時間をかける必要がある。

 

中途半端な絵は絶対に描かない。

 

それは僕のプライドというか、

ポリシーと言うのか・・・

 

とにかく無茶な依頼は断るように

しているのでわかって欲しい。

 

僕は完璧な商品しか売らない事にしているので。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ