海外で絵を売る前に絶対に知っておくべき事とは?


「海外で絵を売って自由気ままに旅をしたい」

 

そんな夢を抱いている人が

僕の所へ相談によく来るようになった。

 

なぜなら僕はこれまで43ヶ国以上を

絵を描いて十分な収入を得ながら

旅を続けているからだ。

 

旅の当初はそれほど魅力的な

絵は描けていなかったのかもしれない。

 

 

 

しかし、旅の中で画力が上がり、外国人との

コミュニケーション能力も格段に向上し、

今ではたとえ絵に関心がない国や

危険地区に指定されている国に

滞在していてもパソコンと絵具道具さえ

あれば収入を得る事ができるまでになった。

旅の最初の頃はバスキングと言われる

路上パフォーマンスのようなもので収入を得る事に。

 

それだけでも生活するのには

十分な収入が発生していたので

その時はこの先の未来に

不安なんて感じる事はなかった。

 

どれくらい稼いでいたのかは

こちらの記事で紹介しているので

興味があれば読んでおいて欲しい。
海外で絵の上達をしながら収入を得る方法
今回は海外で絵を売る方法と

日本に滞在しながら外国人に絵を売る方法で

僕が今もなお実践している方法を紹介しよう。

 

海外で絵を売るには何をすべき?

mexico_minapaint

海外に滞在しながら絵を売るのか?

それとも日本に滞在しながら

外国人に絵を売るのか?

 

この2つの道は全く違う方法である。

 

まず「海外に滞在しながら絵を売る」

と言う事から説明していこう。

 

海外に滞在しながら絵を売る

 

これは冒頭で話したバスキングが1つの方法である。

 

僕の場合路上でライブペイントをして

収入を得るのだが、ここでは絵を売らなくても

絵を描いている所を見せるだけで通りすがりの

人がお金を投げ入れてくれる。

 

日本にはチップを払う習慣がないためか

路上で絵を描いていても何かを売らなければ

収入が入る事はないのだが、海外は逆に

独創的な絵を描きあげていくパフォーマンスに

お金を払うと言う習慣が強く根付いている。

 

 

 

 

そして僕がお勧めしている国はオーストラリア。

 

 

 

 

オーストラリアではバスキングで

収入を得ながら旅をしている人が

世界各国からやってくる場所。

 

しかし、そのほとんどの人が

楽器で演奏をしてお金を稼いでいた。

 

ライブペイントでお金を稼いでいる人は

数人しか見た事がなかったし、僕の友人も

僕の真似をしてライブペイントに挑戦していたが、

あまり稼いではいなかった。

 

ライブペイントでお金を稼ぐには

立ち止まってくれる人との会話が

必要不可欠になってくるのだ。

 

日本に滞在しながら外国人に絵を売る

 

海外に出るのが怖いけど

自分の生み出した作品を世界に発信してみたい

と言う人からの相談が後を絶たない。

 

 

日本に滞在しながら海外に住んでいる人に

絵を売るのなら間違いなくインターネット

利用するしか方法がない。

 

 

 

今の時代はSNSがあるので

簡単に外国人と交流する事も可能なのだが、

英語が話せないと海外に向けて発信しても

意味はないだろう。

 

もしも、絵が欲しいと言われても

そこから先の細かいやり取りの時点で

かなり大変になってきてしまう。

 

日本に住みながら世界に発信するのであれば

まず英語を勉強するしかない。

 

日本に住みながら絵を売る方法

tabimaepaint

日本に住みながら外国人に絵を売るのなら

英語が必要だと話たが、英語を話せない日本人

にはかなりハードルが高いと言える。

 

なので日本に住みながら絵を売るのなら

売る相手を日本人にすればいいだけの事である。

 

 

しかし、日本人は未だにアートに対する価値観

と言うものが外国人に比べて低い。

 

 

高額なお金を出して絵を買う日本人は

たいがい成功した富裕層の人達である。

 

 

しかし、それならそれなりに

絵を売る方法がある。

 

 

 

 

僕はその方法で世界を旅しながら

絵を描いて収入を得ているのだ。

 

しかもこれは、日本に住んでいたとしても

絵を描いていれば収入が入ってくる。

 

 

 

 

何の知識のない人がこの話を聞くと

夢物語のように思うかもしれないが、

事実、僕はその方法で自由な暮らしをしているのだ。

 

冒頭でも話した通り、この方法は

パソコンと絵を描く道具さえあれば可能な方法。

 

 

しかし、日本人の多くはこの方法がある事をしらない。

 

なぜならこれは僕が旅の中から

導きだしたものなのでgoogleで検索しても何もでてこない。

 

この情報は僕からしか発信されない。

osaka_hotelpaint

ライブペイントをして稼いでいた当時の僕には

何の不安もなかったが、旅をするにつれて

日本に帰るのが怖くなってきていた。

 

なぜなら日本でライブペイントをしても

全く稼げないからである。

 

そこで日本に滞在しながらも

絵を描いて収入を得る方法を試行錯誤した結果

今のような僕のスタイルが誕生する事となり、

世界を旅する自由な画家としてこれまでしてきた

活動の情報を発信している。

 

 

僕の生きてきた道を多くの人に知ってもらい

僕と同じような生活ができる絵描きが

日本で数多く現れる事を願ってこの

世界画家旅人を立ち上げる事となった。

 

世界画家旅人では海外で絵を描いて

活躍したいと思っている人のために

海外の情報を発信しているのだが、

日本に住みながらも画家として生活できる方法は

ZiNARTメールマガジンでしか発信していない。

 

なぜ世界画家旅人でその情報を発信しないのか?

mexico-toppaint

なぜ日本に住みながらも画家として

生活できる方法を世界画家旅人で発信しないのか?

 

それは夢を奪うモンスターが

この日本には大勢いるからだ。

 

 

日本で画家になる事はかなり難しいと

言われているが僕はそうは思わない。

 

難しいと言っている人は

途中で挫折した人

最初から行動もせずに諦めてしまった人

人の話を鵜呑みにして間違った情報を

真実だと勘違いした人が大半である。

 

 

もしも画家として成功している人なら

「画家になんかなれない!」と言うわけがない。

 

 

そして挫折した人達はこれから

画家を目指す人達の足を引っ張るような事を言う。

 

画家になるにはどれだけ否定されようが

継続して自分を信じて突き進める人がなれるものなのだ。

 

 

 

 

 

挫折した人達は画家になる夢を追う人を

潰しにかかってくるモンスターと化している。

 

 

そのような人の足を引っ張る人間が

まわりにいては叶う夢も叶わなくなってしまう。

 

 

 

実際、僕が画家になると言いだした時、

僕を真っ向から否定する人と何人も遭遇してきた。

 

しかし、夢を追いかけ続けた結果、

僕は絵を描いて生きていけるまでに成長している。

 

 

 

 

もしもこのモンスター達の言う事を

聞いてしまっていたら今の僕は存在していない。

 

 

 

 

このような事から僕が歩んできた道は

ZiNARTメールマガジンでしか発信していないのだ。

 

 

絵を描いて生きていきたいと本気で

思える人だけ僕からの情報を受け取って欲しい。

 

 

登録は無料で解除も簡単にできるので

まずは行動に移してみて欲しい。

 

 

 

 

 

何の知識もなく、

何の行動にも移せない人を僕は恐れている。

 

このような人が人の夢をバカにする

モンスターとなってしまうので。

 

モンスターと関わっていては何も始まらないのだ。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

SNSで絵を売る人がよくする間違いと僕のお勧めの方法

絵を描いて売りたいと思っている人のほとんどがSNSを活用しているようだが、その中で間違えた売り方をしてしまっている人をよく見かける。

 

趣味で絵を売りたいと考えているのなら個人の自由なので構わないのだがもしも画家になりたいと考えているのならSNSでの売り方を間違えてはいけない。

 

今回はSNSで絵を売る人が気付いていない間違いと

どうすればいいのかを記事にしてみた。

 

そもそもSNSではあまり売れないその理由

17185230756_8f470c81f8

よく見かけるのが絵のサイズと写真を記載して「絵売ります!」

と宣伝している書き込み。

 

これは得にfacebookで見かけるがそもそもSNSでは絵がそれほど売れるわけではない。

 

なぜなら現在のインターネット上の世界では多くの情報や広告であふれている。

 

 

facebookを見ていて皆さんも感じている事があると思うが、

あまりにも広告が多すぎる。

 

その中には怪しいサイトへ誘導する書き込みや

「1日で10万円稼げます」

のような悪徳業者が運営するサイトの書き込みが多数存在する。

 

 

 

そんな広告の多さにfacebookユーザーはうんざりしているのだ。

 

 

 

実際に僕もそういった書き込みは一切見ずにスルーしてしまう。

 

 

あなたもスルーしてはいないだろうか?

 

 

そんな状況の中で「絵売ります」と言ってもスルーするのも当たり前であり、目に止めてくれるのは親しい友人ばかりで中々絵を買ってもらえない。

 

もしも1枚売れても立て続けに売れる事はないので生活するほどまでは稼ぐ事はできないであろう。

 

しかし例外は存在する

もしもあなたが個展を頻繁にしていたり海外などで活動している場合はSNSで絵を販売しても個展や海外などで直接会ったお客さんが買っていく事もある。

 

 

僕は世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら旅をしているが、SNSで売り込む事はしないが絵をアップしただけで外国人から絵を売って欲しいと直接連絡がくる事がある。

 

しかし、それは僕が正しく相手に自分の人生や絵の価値を伝える仕組みを作りあげたので成功しているだけであって普通にSNSを利用しても絵が売れて余裕のある生活できるようになる事は難しい。

 

絵の値段にもよるが安い金額で売っているのならなおさらである。

 

絵を販売するサイトを活用するのは?

artmater

自分で描いた絵やオリジナルグッズを販売できるサイトが数多くあり、その中でも「アートメーター」「mine」そして、最近多くの人が利用している「BASE」といわれるサイトに登録すれば誰でも簡単に商品を販売する事ができるサイトが存在する。

 

こう言ったサイトを活用している人の中にはここだけで生活している人もいるようだが、ほとんどの人は普段会社に勤めながら休みの日に作品を描いてサイトで販売している。

 

 

僕のような一枚に何週間もかけて描くスタイルの絵では収入が間に合わず生活する事ができない。

 

 

 

実際僕も学生時代にこのようなサイトで販売していたが一ヶ月に一枚売れれば良い方であった。

 

そして販売サイトで絵を売るとなるとそのサイトに手数料を払わなければならない。

 

mineでは販売価格の10%

サイト側に払い、アートメータでは

販売価格の55%を払わなければならない。

 

 

アートメータは世界中に販売する事も可能なのでこのくらいの手数料を払うのも当然であり、mineでは手数料は安いようだがその分アートメータよりも売れゆきは落ちるようだ。

 

どうすれば絵は売れるのか?

25522948326_042524d484

一番いい方法がやはりお客さんと

直接触れあえる環境をつくる事である。

 

「それは当たり前だろ!」

 

っと言われてしまいそうだが、実際この直接触れあえる環境というものを理解している人は少ない。

 

 

まず1つの直接触れあえる場所としては個展。

 

 

個展などで出会うお客さんは、少なからずあなたの絵に興味があって会いにきてくれる人が集まる場所。

 

あなたの絵に興味があり、話をしてどんな思いで絵を描いているのか,

どんな活動をしてきたのかを直接伝える事でその場で買っていってくれる人や後からSNSで連絡が来て買ってくれる人が増えてくるだろう。

 

ここまでは誰もが想像できる事である。

 

 

そして個展以外にも触れ合いの場というものは自分で作り上げる事もできる。

 

 

例えばイベントを企画する事。

 

僕の場合は世界中を旅してライブペイントをしてお客さんと話をする事によって口コミで絵の依頼がきたり、SNSのメッセージでアップした絵を売って欲しいと連絡がきたりするようになった。

 

沖縄でのキャンプペイントもイベント企画の1つ。

自然の中で絵を描くと集中力が増す。

 

そしてそこに集う仲間達と共に

南の島のキャンプ生活を楽しむ。

そして一年の始まり年末年始はハワイで約2週間〜3週間

毎日ライブペイントをしてそこで出会った人達と交流をして繋がりを獲得していく活動もしている。

このイベントを企画するというのは言葉だけで聞けば大変そうな事であるが、実際、僕が好きな所で好きな絵を描くので集まって欲しいという事を伝えるとかなりの人数が集まるようになった。

 

 

人を集めるというスキル

というのは継続さえできる人なら確実に得る事ができる。

 

知識と学びが必要であるが、

それを乗り越えた人だけが

個展やイベントなどに数百人、

数千人を集める事ができるようになるのである。

 

しかし、この話を聞いて

「本当にできるの〜?」

っと自分自身が出来るのかを疑ってしまう人は不可能。

 

そもそも、自分自身を信じる力を持っていない人で成功した人を僕は見た事がない。

 

何事も実践して経験し、それを学んで知識という武器にする事で想像する未来の自分へと近づいて行く事ができるのである。

 

他にもここでは語り尽くせないほど絵を販売するのに必要な知識や活動方法がある。

 

 

 

もしも、今現在、どのように活動していけば良いのか道に迷っていると言うのなら僕が直接相談にのるので気軽に連絡して欲しいと思う。

 

 

僕には最善の活動方法をお伝えする事もできる自信があるので。

 

実際、僕の言う通りにして成功してしまった人もいたり、

海外からの絵の仕事も手に入れた人も最近かなり多くなってきた。

本気で絵を描く生活を手に入れたいと思う人の願いを叶えた事で、僕自身も「もっと頑張らなくては」っというモチベーションが上がってくる。

 

 

ちなみに僕は今まで日本ではあまり活動してこなかったので僕の事を知らない人は大勢いると思う。

 

日本でも活動したいと考えたのだが、今の日本のアート業界の地位の低さを考えると他の方法で活動しなければならない事を悟った。

 

 

 

その日本でも可能な活動方法を探し求めた結果、今の日本人のほとんどが知らない活動方法を発見する事になった。

 

そして、今では僕と同じ活動ができるアーティスト仲間を育てる活動もしているわけである。

 

人と人との繋がりは大切に

先ほど海外からの絵の依頼を得る人が増えてきたと話したが、僕は世界を旅してそこで出会った社長さんや、アーティスト達との繋がりがある。

 

その繋がりを駆使して海外からの絵の仕事を提供する活動もしている。

 

この活動は最近始めたのだが、

すでに海外からの絵の仕事を手に入れたアーティスト達が30人ほど出て来てしまった。

 

ちなみに僕は海外在住のコンタクトをとれるようにする紹介する事しかしていないので、僕には何の報酬もでていない。

(英語が話せなくても問題ない)

 

まぁ実際、紹介料を払うと海外の社長さんやプロジェクトチームから言われたのだが、僕はお金目当てでこのような活動をしていないため

「お金はいりませんよ」と自ら断った。笑

 

この活動をして海外からの絵の依頼を手にするアーティストが増えれば僕はそれで良い。

この日本で絵を描く生活を手にいれるアーティスト仲間を増やす事が最終的な目的なので僕からすればお金はどうでも良いのだ。

 

ちなみに、非常識な人にだけは

この海外からの絵の仕事を紹介したくない。

 

なぜならこの海外のアーティストや社長さんは僕の大切な絵の

クライアントさんでもあるからである。

 

 

 

中には

「もしかして詐欺なのかも?」

 

っと疑い、僕の大切なクライアントさんに失礼な発言をする人もいるかもしれない。(今の所、そのような失礼な人はいない)

 

 

 

そんな理由から僕は僕の信頼できる人にしかこの海外からの絵の

仕事を提供したくないと考えているのである。

 

 

 

僕への相談や連絡、日本での活動方法、そしてこの海外からの絵の

仕事などの紹介はZiNARTメールマガジンに記載している。

 

もちろんSNSの正しい使い方や

僕がどのようにSNSを活用しているのかも配信していく事にしている。

 

ZiNARTメールマガジンに

メールアドレスやLINEの連絡先を記載しているので、

それに返信すると僕に直接届くようになっている。

 

今もしも、

何か思い悩んでいる場合は

僕に直接連絡して頂ければと思う。

あとちなみに、念のため言っておくが、海外からの絵の仕事は

むこうからの絵の依頼なのでこちらからお金を払う事は一切ない。

 

疑い深い面倒な人はここすらも

疑うので先に言わせて頂いた。

 

ブログ上での出会いなので

仕方ないのかもしれないが僕は何の行動もせず、努力もせずに

ただただ疑ってかかる人とは関わりたくない。

 

そのような人は

ZiNARTメールマガジンに

登録しないようにお願いしたい。

 

迷惑以外のなにものでもないので。

 

僕は僕と共に生きる

アーティスト仲間を増やしていきたいだけなのである。

 

世界を旅する画家のまとめ

mexico_atorie

絵をSNSで販売するのはよほどの自信がないかぎりやめておいた方がいいだろう。

 

それよりも絵を売るには個展をして絵を直接見てもらい、SNSは見てくれる人を集めるものと割り切って活用する方があなたにとっても有効な手段になるだろう。

 

そして

本当に僕がお勧めしたい事

海外に出て活動すると言う事だ。

milano

外国人は日本人に比べ絵の対する考え方や価値の違いがあり、

確実に日本人よりも外国人の方が絵が欲しいと言う人が多い。

 

そして海外で活動する事によって英語を話せるようになれば

日本にいながら外国人とSNSを利用して親密に連絡を取り合う事ができるのでわざわざSNSで「売ります」と言わなくても絵を欲しいと言う人が現れてくるようにもなる。

 

 

しかし海外に出るのが怖いと言う人もいる。

 

 

そんな人のために僕は

画家になる事ができる可能性を

高める方法をメールマガジンで伝えている。

 

興味がある人は是非僕からの無料の情報を受け取って欲しい。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

絵を売るのにはどうすればいいのか?うまくいかない問題点と理由

突然だが絵を売ると言う事が

どういう事かおわかりだろうか?

 

絵を描いて生きていきたい人はこの日本は大勢いるが、彼らのほとんどが挫折していき、画家になる夢を諦め普通に会社に就職して仕事をする、あるいは仕事をしながら絵を描いて売ろうとするがどうしてもうまくいかない。

 

 

そんな悩みをネットでもよく

目にする事もあるし直接僕に相談をしにくる人も数多くいた。

なぜ絵がうれないのか?

 

それにはいくつかの問題点と

その理由が存在する事を知る人は少ない。

 

 

 

例えば最高傑作を描けたと思い

絵を売ろうとしたとする。

 

多くの人はFacebookやtwitterなどのSNSに絵の写真をアップして少しの説明と「売ります」と記載する。

 

 

 

それが大きな間違いだとも知らずに・・・

 

 

 

今回はそんな悩みを持つ人へ少しでも参考になるように情報をまとめてみた。

 

絵に独創的な表現があるか?

paint_japan1

絵を買う人の気持ちになって考えてほしい。

 

どこかで見た事あるような絵やあきらかに誰でも描けるような絵をお金を出してまで買おうと思うだろうか?

 

僕は少なくとも買う事はない。

 

 

 

しかし抽象画を描く有名な画家の作品は絵の初心者が見ると誰でも描けるように見える場合があるが、その絵は実際その人しか描く事ができない。

 

僕はこのような絵なら欲しいと思うし買う意欲も生まれる。

 

 

 

なぜならその絵には

意味が込められており、

その画家独特の手法で描かれていているからだ。

 

それが手法による絵表現がプロの目に止まり、認められていく事によって有名になっていく。

 

その人から生まれないという絵の独創性は人を魅了するが、それを得るには絵の上達に徹する以外に方法はない。

 

知名度が絵を売る?

newspaper

もしもあなたがすでに有名人ならば絵を買ってくれる人は多くいるだろう。

 

個展や公募展で知名度が上がれば

絵を売って生きて行く事も可能になる。

 

 

 

例えばあなたが芸能人でテレビにもそこそこ出ているならそこで知名度を確保でき、この場合だとSNSで「売ります」と言うだけで絵も売れていき、十分生きていく事は可能だが、まだ名も知れ渡っていない誰かもわからない人の絵を買う人は特に日本では少数ではないだろうか?

 

芸能人で画家と言えばジミー大西さんだが、彼は画家になる前に芸能界で活躍して「ジミー大西」と言う名を広める事で画家としても成功したのだ。

 

 

 

しかし、ここで言っておきたい事がある。

 

 

 

知名度が絵を売るのは確実でもあるが、その絵を描いた人が魅力的だから絵を買いたいと言う心理が働く事も多いにあり得る。

 

 

 

よって有名にならなければ絵は売れないと言う事はない。

 

 

 

 

それに僕はどんな素人であろうと

1ヶ月の間に数百人、数千人に

あなたの絵を見てくれるようにする方法も知っている。

 

その方法を利用する事ができれば

絵を売る事や、絵を使った商品を

販売する事も可能になってくる。

 

 

 

 

 

僕はその方法で今の自由な暮らしを手にいれた。

 

ここで話すと長くなるので詳しくは下まで読んでおいて欲しい。

 

 

 

絵を売るなら、有名になるより

まず最初にしなければならない事が沢山ある。

 

絵を買う人は何を見るのか?

eye_1

絵を売るなら絵を欲しいと言う人を魅了しなければならない。

 

 

どうすれば魅了できるのか?

 

 

そもそも原画を買う人は何を気にするのかと言うと

絵と言うよりもその絵を描いた人を知りたい

思うのが人間の心理なのだ。

 

 

 

 

 

大量生産された安いコピー製品なら描いた人の事はあまり気にしないと思うが原画を買いたいと言う人は確実に「誰が描いたのか?」と言う事を意識する。

 

 

 

 

 

 

その人がどのような活動をしてきたのか?

 

どのような思考回路で絵を描いているのか?

 

絵にどのような意味が込められているのか?

 

などを知ってから原画を買う人が大多数だ。

 

 

 

なので絵が売れないと悩んでいるなら絵を売る前にまず、あなたの事を深く知ってもらう事が重要な事でもある。

 

 

 

そしてあなたの絵の考えに共感できたり、世界観を伝える事で魅了する事ができる。

 

まとめ

360paint

僕もこれまでキャンパスと筆と絵の具を持って世界43ヶ以上の国を旅しながら原画を売って生活してきたが、日本人より外国人の方が絵に対する価値観が違い、絵を買う文化が日本よりもはるかに根付いている事を知った。

 

 

できるならば海外の人に認めてもらう方が絵で生きていける可能性は高いだろう。

 

僕もこれまで原画を売ってきたが、今では世界にいる5人のクライアントさんを中心に売る事にしている。

 

その人達以外には絶対に原画は売らない。

 

それだけで生活できるのか?

っと聞かれれば「余裕」と答える。

 

なぜなら原画を売らなくても

絵で生きていく方法を知っているからだ。

 

なぜか

「絵で生きていく!」

と願う人達は原画が売れなければ

生活できないと思い込む人が多いようだ。

 

情報と知識が足りていないので

仕方のない事かもしれないが・・・

 

もしも今現在、画家の道、絵で生きるという事に悩みを抱えているのなら僕が相談にのるので直接連絡を頂ければと思う。

 

「絵で生きていくには何が必要なのか?」

 

「どうすれば絵が上達するのか?」

 

今までこのような相談を数百通頂いた。

 

下手をすれば数千通を超えるかもしれない。

 

 

1人1人に同じ質問の解答を返信するのは大変なので、画家として生きるには一体何をしていけば良いのか?っという事を皆さんの相談案件を元に

ZINARTメールマガジンでお伝えしている。

 

そこに僕のgmailアドレスやLINEのIDを掲載しているのでそこから気軽に相談して欲しいと思う。

 

 

ちなみになぜここにgmailとLINEのIDをのせないのかと言うとすでにこの世界画家旅人の読者は年間36万人を超えてしまっており、そんな中に僕の連絡先を記載してしまうと相談メールが今以上に届いてしまうからである。

 

その為、ZiNARTメールマガジンを読んでいる人限定で

連絡をとれるようにしている。

 

 

 

 

ちなみにメールマガジンに登録すればどうすれば日本でも画家として生きていけるのか?っという情報と一緒にプレゼントとしてスマホ用の待ち受け画面と日本での画家活動の仕方を伝える日本画家旅人という読者限定ブログをプレゼントしてる。

 

 

 

 

常識に捕われた考えをずっと持っていては今の日本で絵を描いて生活する事はかなり難しいだろう。

 

 

正直言って日本で画家として生きていくには今の時代、僕の方法でしか生きる術はないのではないかと考えている。

 

 


タグ:

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ