絵を描く仕事をするために知っておくべき最重要な事とは?

osaka_hotelpaint

絵を描いて生活し始めてからすでに8年の月日が流れたが、僕はもともと絵のスキルは全くなく、誰も僕が画家の仕事をして生きる事が出来るなんて想像もしていなかった。

 

今は自由気ままな画家の旅を楽しみながら生きている。

どうだろうか?

 

僕はこのような生活を365日しているが、絵は売れていき、さらに絵で作った商品も滞る事なく売れている。

 

 

もちろん日本に帰りたくなればすぐに帰る事もできるが、それでも絵を描く仕事が尽きる事はない。

 

 

なぜこのような事ができるのかと言うと僕はこれまでの旅の中で勉強を怠る事は一度としてなかった。

 

 

まず画力向上のための勉強。

 

外国人とも交流するために英語の勉強。

 

海外で絵を描いて生活するための勉強。

 

日本での画家生活を手にいれるための勉強。

 

人が物を買う時の心理の勉強。

 

などなど・・・

 

 

 

ここでは語り尽くせないほど、様々な勉強をしてきた。

 

しかし、これら全てを勉強しなければ絵の仕事を得る事はできないと言うわけではない。

 

 

僕がこれまで勉強してきた中でも最重要な事を集中的に勉強すれば絵を描く仕事を自分で構築する事も可能である。

 

 

今回は絵の仕事をするために必ずやっておくべき事をお伝えしよう。

 

画力向上だけでは不十分

paint_nihonga2

結論から言うと画力向上だけでは絵の仕事を得る事は難しい。

 

もちろんいい会社に拾われたり、個展などをして絵が売れると言う人もいるだろう。

 

しかし、僕が思うにそれでは会社と固定契約したり、毎月絵を買ってくれるクライアントさんと出会わなければ安定した収入を得る事は難しい。

 

実際の話、かなり画力がある独創的な絵を描ける人でも僕の所へと相談に来る事が頻繁にある。

 

 

ちなみに相談の受付はZiNARTメールマガジンでその窓口を作っているので今現在、絵の事について悩みがあるのなら下の無料登録フォームから僕に直接メールを送って欲しい。

 

 

 

どのような悩みなのか少し紹介しよう。

 

■絵を描いて7年目のTさん

 

初めましてzinさん。

 

いつもブログとメルマガを楽しく読ませて頂いています。

 

僕はかれこれ7年程絵を描いているのですが、zinさんのおっしゃる通り、たまに絵は売れても安定した収入は入ってこず、会社に勤めながら休みの日に絵を描いている状態です。

 

このような生活がこの先も続くのかと思うと将来が不安で仕方ありません。

 

今の日本ではセルフプロモーションを学ぶ環境がないと言う事も芸大に通っていた頃を思い出すと確かに芸大では絵の技術的な事しか学べませんでした。

 

今回のメルマガを見てセルフプロモーションの大切さに気づかされ、zinさんから希望を頂いた感覚に浸っています。

 

本当にいつも有意義な情報をありがとうございます。

 

これからもzinさんから勉強させて頂きたいのでわからない所があればご迷惑をお掛けしますが質問させて頂きたいと思います。

 

長くなってしまいましたが、現状の生活を変えるため日々努力と勉強をしていこうと思っております。

 

今度ともよろしくお願いします。

 

ご丁寧な文で相談メールを頂いた。

 

もちろんこうしてブログに相談メールを掲載してもいいと承諾済である。

 

そして返信して少しアドバイスもさせて頂いた。

 

所でセルフプロモーションとは何だ?

セルフプロモーションって何の事だろう?

 

っと思った人もいると思う。

 

っと言うよりほとんどの人はセルフプロモーションの意味を知らないのではないだろうか?

 

絵を描く仕事をするため、そして独立して個人で絵の仕事をして生活するために必ず必要になってくる事こそこのセルフプロモーションである。

 

 

セルフプロモーションとは簡単に言えばあなたと言う人物をどのようにして世に出すのか?っと言う事である。

 

 

 

「何だ・・・それだけか・・・」

 

 

っと思ってしまったのならその重要性に全く気づいていないと言ってもいいだろう。

 

 

これは

「なるほど!世にどうやって出せばいいのか考えればいいのね!」っと言ってできる程簡単なものではない。

 

 

僕はここを猛勉強して今の生活を手にいれたのだ。

 

 

 

セルフプロモーションは海外の芸大や美大では画力よりも最重要な事とされており、学ぶ場所も沢山あるが日本の芸大や美大には全くと言っていいほど浸透していない事実がある。

 

 

海外では例え無名でもこのセルフプロモーションをフル活用して絵を描いて生活している人は大勢いるが日本では見た事がない。

 

 

僕を除いて・・・

 

 

ここで質問させて欲しい。

 

 

画家が人を魅了して引き込むために必要なものは何が一番効果的なのかご存知だろうか?

 

 

「画力?」

 

違う・・・

 

「努力?」

 

当たり前である・・・

 

「SNSでの宣伝?」

 

全く違う・・・

 

 

 

その答えは

「ストーリー」である。

 

人は日記のような日常の話よりそれをストーリー調で話す事によってさらに引き込まれる事が科学的にも証明されている。

 

 

1つ例を出してみよう。

最近ニキビが増えてきて顔にぶつぶつができたせいで彼氏に振られた。

 

でもクロアクティブを使ったらニキビが治ってきて新しい彼氏もできた。

 

っと言う人がいたとしよう。

 

これにストーリーを持たせるとこうなる。

 

今まで生きてきた私の人生の中で最もショックな出来事が起きてしましました・・・

 

昨日、大好きな彼氏から電話がかかってきた。

 

何だろう?っと思い電話をとると彼は突然衝撃の一言を口にしたのです。

 

「もうおしまいだ・・・別れよう・・・」

 

私は天と地が逆転したかのような錯覚に襲われ何が起きているのか状況を把握できずにただただ沈黙が続く電話を片耳に当てながら呆然とその場に立ちすくんでいました。

 

気がつくと涙が自然と流れ落ちていて最後に何を話したのかさえ思い出せずに電話をきってしまっていたのです。

 

1つ覚えている事と言えば彼に振られた原因だけ・・・

 

彼は私にこう言いました。

 

「最近ニキビとか増えてきて可愛くなくなったから好きな気持ちがなくなってしまった。ゴメン。」

 

その言葉だけがいつまで経っても脳内を駆け巡り、ひと時も私の側を離れる事はありませんでした。

 

なぜニキビのせいでこんなに苦しい思いをしなければいけないの?

 

苦しい・・・誰か助けて・・・

 

そんな苦しい日々が続いていたある日まだショックから立ち直れない私は見ているようで見ていないテレビの前でボーッと彼の事を思い続けていました。

 

その時、あるCMが私の目に飛び来んできたのです。

 

それはクロアクティブのCMでした。

 

気がつけば私はクロアクティブを取り寄せる電話をしていました。

 

「これで絶対に治してやる」

 

クロアクティブが届いたのはそれから1週間後。

 

私はそれからあのCMを信じ、絶対に治ると願いながら毎日のケアを怠る事はしませんでした。

 

1ヶ月も経った頃でしょうか・・・

 

友人とカフェに行った時に言われた一言で私は喜びを隠せずにはいられませんでした。

 

「最近肌奇麗じゃない?何かしているの?」

 

自分では毎日鏡を見ているので気付けなかったのか私の肌は確実に昔の美しさを取り戻していたようです。

 

それから数年たった今では誰に見せても肌が奇麗と言われるまでになっています。

 

クロアクティブのおかげなのかどうかわかりませんが私は今新しい彼氏と出会い、幸せに暮らしています。

 

人生のどん底を味わったからこそ今の私があるんだ。

 

今ではあの時の悲惨な状況ですら良い思いでになっています。

 

っというようにまわりの人やその時の心境を語る事で単純に出来事を話すより確実に人を引き込む事ができる。

 

まぁクロアクティブが効くのか効かないのかは僕は使った事がないので知らないのだが。笑

 

これは肌の事についての例だったが、人を引き込むための手段としては画家にとっても同じ事だと言えるのだ。

 

 

このようにストーリー調にする事で人を引き込む事ができるのだ。

 

 

ここではほんの一部のセルフプロモーションのスキルしか話せなかったが、セルフプロモーションは奥が深い。

 

このスキルを手にして最大限に活用する事で絵を描く仕事を自分で構築する事ができる。

 

その詳しい話は長くなってしまうので詳しく知りたい人はZiNARTメールマガジンを読んで欲しい。

 

 

 

 

PS.

僕は画家専門のセルフプロモーションのやり方を日本で唯一教える場所を提供している。

 

この重要性に気付くか気付けないかでこれから先の未来が大きく変わっていく事は間違いないと言えるだろう。

 


タグ:

カテゴリ:画家になる 

絵を描く仕事をする人にタダで依頼する事の問題点とは?

livepait_zin1

絵を描く仕事をしていると必ず通る問題点・・・

それは「絵を描いてよ」という言葉。

 

「え?普通じゃない?」と思うかもしれないが

これは画家だけではなくグラフィックデザイナーや

WEBデザイナーなど何かを0から造り出すアーティスト達

にとってはかなり深刻な問題なのだ。

 

 

なぜそれが問題なのか?

 

 

例えば絵を描く仕事をしている人に

「絵を描いてよ」と言うとする。

 

しかしその言葉の裏には

「タダで」

という意味が隠れている時もあるのだ。

 

 

この問題点は「簡単に頼むな!」という単純な理由ではない。

 

社交辞令で頼むのならまだこちら側も簡単に受け流せる。

 

しかし、なかには絵を描いて欲しいと本当に思っていても

「知り合いだからタダでと描いてくれるだろう」

と思い込んでいる人もいるのは事実。

 

そういった頼みをする側の人は自分だけが頼んでいると

思っている人がほとんどなのだが、実際は

複数人から同じようなお願いをされている場合が

ほとんどなのだ。

 

グラフィックデザイナーなら

「今度イベントするからフライヤーをつくって欲しい」

の裏に「タダで」

WEBデザイナーなら

「HPのつくれる?」の裏に

「タダで」と言う言葉が隠されている。

 

 

もちろんそのような人ばかりではないし、

僕もできれば要望に答えたいが、

その要望に答える事ができない理由があるのだ。

 

このお願いを受け入れた時の事を僕の実例で説明しよう。

特にオーストラリアに絵の修行の旅へ行く以前にこう言った

頼み事が多かった。

 

一年間で約10件ほど「絵を描いてほしい」と

頼まれる事があったが当時の僕は

旅の資金を貯めるのに必死になっていた。

 

「結婚するから描いて欲しい」

「新築を建てたから描いて欲しい」

「部屋をかっこよくする絵が欲しい」

 

それは僕がまだまだ画家としての魅力がなかったのか

どうかは今となってはわからないが、

知り合いだからタダで描いてくれるだろうという思いを

強く感じた。

 

僕は基本的にB1(728×1030)サイズを描いているのだが

その4分の1程度なら描くと承諾してしまったのだ。

 

現在ではこんな事は確実にしないし基本的には

世界にいる5人のクライアントさんにしか

原画を売らないようにしている。

 

 

完璧を求める僕はその4分の1の作品でも手をぬかなかった。

 

 

その「タダ」の頼みが10件ほどたまってしまった当時

収入が発生する絵の依頼3作品ほど描く合間をぬってタダの絵を

描こうとした。

 

僕の絵は繊細で細かい作業が多いため休憩しながら描いて

小さいサイズでも最低で1ヶ月はかかるし、

B1サイズなら1ヶ月半はかかる。

 

3作品を描き上げるのに最速で4〜5ヶ月。

旅へ出発する予定がここから7ヶ月後だった。

 

仕事が終わればその休憩時間を「タダの絵」についやし

休日で何もしない予定の日も描かなければ旅の出発に

間に合わなかった。

 

結果、1ヶ月間寝る以外の時間は絵を描いていて

休憩なしで休日なしの日が続いてしまい

絵を描くモチベーションも落ちていった。

 

絵を描くには気分転換が絶対に必要なのだがその時間も

つくれなかったので心が病んでいくのがわかった。

 

結局タダの依頼の絵は1作品であとは断る事にした。

 

その1作品もそんな気持ちで描いたので

僕の納得いく作品には仕上がらなかったのが

僕の中で最大の汚点となっている。

 

 

断る時も自分の浅はかな考えと相手に申し訳ないと

いう罪悪感でいっぱいになってしまうのでこの時から

こういったお願いは事前に断るようになった。

 

 

ちなみに他の3作品は自分の満足いく作品までに仕上げたので

海外のクライアントさんや日本のクライアントさんの手元に

無事わたる事になった。

tabimaepaint

sirowakuseipaint

 

タダで依頼をする時に考えるべき事

最近では世界43ヶ国以上を絵の仕事をしながら旅をしてきた

事を知ってか知らずか、そう言ったお願いは少なくなってきたが

それでもまだ完全になくなっているわけではない。

 

別に「タダで」と言う事自体が嫌なわけでも悪いわけではないのだが、

最大の問題点は頼む人がこちらの休日や休息の時間を奪う事を

理解できていない事にある。

 

これを一ヶ月普通に働いて20万円の給料をもらえる

普通の会社員に例えて説明してみよう。

 

 

想像してみてほしい。

 

 

朝の9時から夕方の6時まで会社で働いて

その後の夜12時に寝る間の時間はタダで働く。

 

そんな平日が5日間あった後の土日も収入が発生しない仕事を

寝るまで丸一日する。

 

休日が一日もない仕事ばかりの日々をまる一ヶ月

したのにもかかわらず給料は同じ20万円。

 

もしこの働いた日全て収入が発生するとしても、

休日もない日がこれからずっとも続くと思うとゾッとする。

 

 

画家やグラフィックデザイナー、WEBデザイナーなどの

時間がかかる何かをつくり出すアーティストにタダで頼む

と言う事は

「給料はあげないけど休みなしで働いてくれ」

と会社に言われるようなものなのだ。

 

それが一件だけなら引き受けてもいいと思うかもしれないが

実際そういった頼みは何件も頼まれていると意識した方がよい。

 

まとめ

もしも僕が適当で完璧ではない絵を相手に

渡す事に何も感じない性格なら適当な絵を描いて

その10件の頼みもすぐ終わらしていただろう。

 

しかし僕は絵だけは中途半端で終わらす事はできない性格だ。

 

完璧を目指すあまり休日や休息の時間を全て使ってしまうのだ。

 

なのでさきほども言ったとおり今では世界にいる5人の

クライアントさんにしか描かない事にしているが、

中にはどうしても描いて欲しいと熱望してくれる人もいる。

 

それに僕の絵をもらってもらう人は信頼でき

なおかつ僕の絵を子供のように大事に扱ってくれる

人にもらって欲しいのだ。

 

こう言った頼みがあったので今では人数をしぼるため

これからつくるZiNARTメールマガジンのなかで

僕に直接連絡をとれるようにして話を聞いていこうと考えている。

 


絵を描く仕事をしている人がしてきた活動の流れ

livepait_zin1

絵を描く仕事と言っても画家、漫画家、

イラストレーター絵本作家など

様々なジャンルの仕事があるが、

自分の作風にあった仕事を選ばなければならない。

 

 

なぜなら描きたくない絵を仕事だからと言って

描いていると少しづつモチベーションが

下がってしまい、いつしか絵を描く事が

好きではなくなってしまうからだ。

 

 

 

絵を楽しく描けなくなると

作風にもその様子が現れてしまい、

好きな仕事をしているという

充実感や達成感もすべて失われていってしまう危険がある。

 

僕は世界をまわりながら画家として

絵の仕事をしているが、常に刺激があり

楽しくないと思う事は一度もなかった。

 

 

今回は絵の仕事をしている人が

どのように行動してきたのか?

 

 

その一般的な流れを説明していこう。

 

とにかくスキルをつけないと始まらない

paint-muzousa

やはりどこの会社も誰でも描ける絵よりも、

その人にしか描く事ができない絵の方を

優先的に欲しがるのは当然であり、

会社が欲しい人とはその会社にあった

作風を描ける人の事を言う。

 

 

例えばRPGゲームの世界を描く会社に入りたいのなら、

自分だけしか描けないファンタジーの世界を

生み出すスキルが必要とされたり、

挿絵の仕事がしたいのならその物事を忠実に再現して

絵にする事ができるスキルが必要だ。

 

 

 

絵が好きでも得意、不得意なジャンルが

あると思うが得意な方のスキルをのばし、

他の人には真似できない技術を身につける事が

絵の仕事につながる道への大きな基盤となる。

 

自分の作品を世に出すために行動に移す

hungary_kick

自分の中で絵への自信がついたのなら、

次はその作品を見てもらえる環境をつくる必要がある。

 

会社に持っていくならポートフォリオを制作したり、

画家になりたいのなら個展や公募展に出展して

多くの人の目に止まるチャンスを自分自身でつくり上げるしかない。

 

 

 

僕の場合は初めはSNSやアメブロで

絵を公開したりして多少の仕事を

もらえたがやはり生活できるレベルではなかった。

 

そのため世界43ヶ国以上を絵の修行や仕事の取り方などを

勉強しながら旅をした結果、多くの友人やクライアントさんとも

出会い海外で絵だけで生活できる術を身につける事ができた。

 

 

 

個人的には人に見てもらえる

環境をつくる事にお金を投資する事で

チャンスをつかむ可能性が広がるのではないかと思う。

 

 

 

何の知名度もない状態の人が小さい個展会場を

借りてグループ展をすればお金もかからないが、

絵を買う目的できたり、会社への引き抜きに

来る人もあまり多くはないだろう。

 

 

 

それより東京や大阪で人が大勢くるような

場所を借りてグループ展をする方が

費用は高いが絵を必要としている

会社の人がくる可能性が多いにあるし、

もちろん個展の宣伝費も必要になってくるが、

絵の仕事につながる確率が格段に上がる事は事実だ。

 

 

 

僕の場合は手持ちのお金をすべて

世界をまわる費用にまわす事にした。

 

SNSで有名になる事もある

te_aus

この時代に生まれてよかったと思う一つが

インターネットが全世界をつないでいると言う事だ。

 

 

昔では絵を描いてからすぐ違う国の人に

見てもらうなんて事はできなかったが、

今の時代はSNSが普及しているためすぐに

見てもらう事ができる。

 

世の中にはこのSNSに毎日絵を投稿して

有名になった画家や、仕事をするきっかけを

つかんだ人は大勢いる。

 

 

 

しかし、これは毎日続ける根気強さや、

運も必要とされている。

 

 

 

一番効率がいい方法がSNSを利用しながら

自分自身の足で行動に移す事が仕事を得る

チャンスをつかむ可能性が広がる。

 

まとめ

おおまかな流れは

 

「会社にあった絵のスキルアップ」

 

「絵を世に出す活動」

 

「就職、クライアントさんを持つ」

 

と言う感じになる。

 

しかし画家は少し特殊で会社や他の誰かに

合わせた絵ではなく、自分自身の思い描く

物を認めてもらう必要がある。

 

 

 

僕の場合、どこかの会社に入って

自分の描きたい絵を描けない生活を嫌う

ただの社会不適合者である事がわかったため、

自由に描いて生きていきたいと言う思いから

画家として世界へ旅にでる活動をしてきた。

 

 

 

チャンスは待っていてもやってこない。

 

 

 

絵を描く仕事を現実にするチャンスは

自分でつくり上げていくしか道はないのだ。

 


タグ:

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ