絵描きの世界一周の旅にはストレスが付きまとう


 

絵具道具、そして巨大な折りたたみキャンパス、
それに重すぎる水彩用紙のロール、
さらにバックパックの中には洋服や
一眼レフ、IPad、パソコン、などなど
総重量20キロはある荷物を持ち運びながら
僕は絵描き世界一周の旅に出発した。

 

 

この大量の荷物があるだけでかなり
ストレスになるのだが、旅にはトラブルも
つきもので僕のストレスをさらに倍増させる
出来事が頻繁に起こる。

 

 

しかし、不思議と「もう日本に帰る!」
っとはならなかった。

 

 

それもそのはず、世界の旅では
日本では決して味わえない経験や
貴重な絵の資料となるものが
いくつも存在するからである。

 

 

 

ごくまれに「海外に逃げたのですね!」
っと言ってくる頭の悪い人もいるが
必ずと言っていいほどそのような人は
絵で生活する事ができていない。

 

そんな負け組の遠吠えは
僕の前では霞んでしまい
まったく聞こえない。

 

そんな事はストレスの一部にも
ならないのだが、旅をしていると
どうしてもトラブルというものが
発生してしまい、僕にとってそちらの方が
ストレスを溜める要因になってしまう。

 

 

ヨーロッパの旅は
ポルトガルから始まった。

 

そこではモンサントと呼ばれる
巨石でできた村を訪れる際に
違うモンサントと呼ばれる村に
来てしまい時間を浪費したり、

 

スペインではやる気のなさすぎる
ミッキーを目撃したり、飛行機の予約が
ダブルブッキングになっていたり、

 

イタリアでは絵の新しいインスピレーションを
頂いたり、黒人に無理矢理へんてこな商品を販売
されそうになったり、

 

その後もベルギー、オランダ、ドイツ
と旅をしてきた中で何度もトラブルが発生してきた。

 

そして僕は今チェコからスロバキアに
向かう途中のバスにのっている。

 

このチェコから出発する時にも
トラブルが発生してしまった。

 

 

チェコで人骨教会を訪れる
目的を果たした僕はスロバキアへと

向かう決断をした。

 

 

目的はスピシュスキー城と呼ばれる
草原の中にそびえ立つ古城を訪れる事。

 

 

新しい地を訪れる時はかなりワクワクする。

 

 

チェコのプラハからスロバキアの首都である
ブラチスラバ行きのバスチケットを
ネットで予約して朝の出発に備えた。

 

 

そして早朝6時に大量の荷物を
引きずりながらチェコの
バスターミナルへと向かった。

 

 

バスターミナルに到着すると
少しずつ太陽が登り始め、
いつのまにかバスターミナルを赤く染めている。

 

その時なぜか太陽が2つでる現象を見る事ができた。

 

そしてコーヒーを飲みながら
ブラチスラバ行きのバスが到着するのを待つ。

 

 

5分程度待ったか・・・

 

 

むこうから大きなバスが移動してくるのが見えた。

 

バスの乗務員がスロバキア行きの乗客を
収集するために大声で叫んでいる。

 

 

当然僕もそのバスに向かい、
昨日予約した時にメールで送られてきた
予約番号を乗務員に見せた。

 

 

すると・・・

 

 

「乗客リストにのってないので乗せれません」

 

 

・・・・・・・

 

 

え〜!!?

じゃあこの予約番号のメールは何?

 

 

昨日確実に予約して予約メールまで
受け取っているの乗務員は乗せる事が
出来ないの一点張り・・・

 

 

どうしても納得ができず、
何度も何度もメールの予約番号を
見せて説明したが乗務員は
「そんなに言うなら受付で確認してきてください」
っと言うだけ。

 

 

 

これはまたストレスが溜まりそうだ・・・

 

 

 

仕方なく受付にいって事の内容を説明すると、
「わからないからインフォメーションセンターに
連絡してくれ」との事・・・

 

 

 

ヨーロッパの移動サービスは本当に最悪である。

 

こちらのミスではない事でも
何かあれば必ずインフォメーションセンター
に連絡しろと言われる。

 

 

 

いつもは面倒で電話しないが
この時はストレスが限界にきていたので
電話してボロカスに言ってやった。

 

 

何やら予約センターのミスだったらしい。

 

 

そしてバスも満員なのでもう
乗る事ができないようだ。

 

 

お金もすでにカードで払ってしまっている・・・

 

しかし、バスに乗る事もできない。

 

 

これはもうブチぎれるしかなかった。

 

「金返さな訴えるかなら!」

 

っと言い残しその会社のサイトに
アクセスして、今日あった事を
事細かに文章にしてトラブルセンターの
相談窓口にメールで送信してやった。

 

 

これだけしてもヨーロッパの
サービスは無視する事がある。

 

そうなれば本気で訴えてやとうと思った。

 

 

もうどうしようもないので
他のバス会社の窓口に行き、
ブラチスラバ行きのバスがないか
確認してみると意外とすんなり予約する事ができた。

 

再びお金を払わなければならない事に

かなりストレスを感じながらも
ようやく僕はブラチスラバへと向かう事が
できたのだった。

 

 

バスの中でイライラしながら
移動する事約4時間・・・

 

ブラチスラバに到着した僕はすぐに
宿を探す事にした。

 

 

スロバキアの首都にもかかわらず
人も少なく、何だか寂しい街の雰囲気が
漂っていた。

 

この日は何もする気にもならなかったので
バス停のすぐ近くにあった宿に
チェックインしてシャワーを浴びて
寝る事にしたのであった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ