アムステルダムで常識を覆す画家になる方法を考えた刺激的な夜

holland_mansyonnarabi

 

常識とは人間がつくりだしたエゴのようなもの。

アムステルダムでは日本では味わえないような
様々なカルチャーショックを味わう事ができる
常識を覆すには最適な場所なのだ。

 

 

それに街並みも綺麗でどこを写真に撮っても
アートになってしまう。

holland_artpic1

 

僕は画家として世界を旅しているのだが、
アムステルダムでは本当に様々な
インスピレーションや見た事もない
もの、感じたこともない感情を
数多く得る事となった。

そのアムステルダムの旅で一番刺激的な
体験を紹介しよう。

 

 

 

この日はいつものように
ラッキーレイクという僕が滞在している
宿のよこにある大きな湖で朝から読書を
しながらのんびり過ごしていた。

holland_mizuumi

 

僕は画家になるために海外を
旅していたのだが、基本的に路上で

ライブペイントをして収入を得ていたが、

チップを払う習慣がなかったり他国に比べて

アートに関心が薄い日本の今の現状を考えると、

日本でライブペイントをしても
安定した収入を得る事ができないと考えていた。

 

 

このままでは一生海外を旅していなければ
収入を得る事がでいないと考え初めていたのだ。

 

 

旅をする事はやめないが、
僕は海外に永住する気はなかったので
いつかは日本で安定した収入を得る方法
を見つけ出さなければならなかった。

 

っとは言え、僕の絵を使ってもらえるように
営業をかけていけばある程度は
生活する事もできるとは思うのだが、
僕は忙しい日々と第三者に絵の仕事を
任せる事に不安があった。

 

 

第三者に仕事を任せるという事は

会社に就職しているのと変わらない。
会社が不景気になれば自分の収入も
不安定になってしまう。

 

つまり自分で収入をコントロールする事が

できないのだ。

 

世間一般では会社に就職する事が
安定に繋がると思いこんでいるが、
この考えは完全に間違えている。

 

 

 

自分でコントロールできない収入ほど
不安定なものはないのだから。

 

 

 

普通の活動をしていても
日本で画家を目指しながらも
結果がでていない多くの画家と
同じ道を歩んでしまう。

 

 

常識的な考え方では成功する見込みは薄い。

 

 

なのでまず常識を覆すような
活動方法を考えなかればならないのだ。

 

そんなわけでラッキーレイクで
安定した収入を得ながらも日本で画家として
活動できる今までにない方法を勉強するために
人の購買意欲を高めるための心理学の
本を読んでいた。

 

 

 

アムステルダムでは朝から昼までは
だいたいこのようなのんびりした
生活をしている。

 

そして夕方になるとアムステルダムの
街を探検しにいく。

holland_im

 

アムステルダムは刺激的で
日本では得る事が出来ない刺激を
得る事ができるからだ。

 

 

街の中を歩いていると
いたる所に大人のおもちゃが販売されている。

holland_eroiomocya

お洒落な女性のおもちゃも売られている。

なぜこのようなものを扱う店が
多いのかと言うとオランダは
マリファナが合法だからである。

holland_henptaikai

 

日本の教育ではマリファナは
悪い事と教えられて育つのが常識であるが、、
ここオランダではタバコのような感覚で
扱われている。

 

教育は洗脳と似ており、
自分の目で見た真実でさえ
信じる事がでないようになる事がある。

 

 

 

何が悪で何が正義なのか
自分の目で直接みて確かめなければ
真実はみえてこないのだ。

 

 

そんな事を考えながら
街の中を探索していると
ちんちんのおもちゃをを
窓の外に出している女性がいた。

holland_chinchinonna1

holland_chinchinonna2

 

アムステルダムは本当に刺激的でおもしろい。

 

 

先に言っておくが、ここは怪しい所ではなく
数多くの観光客が歩いている道である。

holland_eroiroji

 

当然子供も普通に街を歩いている。

 

 

そしてもう一つ・・・

 

 

あなたにこれは正義なのか悪なのか
判断して頂きたいものがある。

 

 

これが何なのかおわかりだろうか?

holland_baisyun

 

人はこれを売春と言う・・・

 

 

日本では売春は犯罪であるが、
アムステルダムでは普通の街中で
堂々と売春をしており、もちろん
普通の職業として扱われている。

 

目の前に子供が通っていても
お構いなしに男を誘惑している。

 

しかし、これがアムステルダムの
普通の日常なのだ。

 

 

 

 

PS.

常識に洗脳されていては何も見つからない。

 

得に日本で画家になるには
常識的な活動をしていては
今までの画家と同じ道を歩んでしまう。

 

僕はその画家の常識を突破してしまったので
日本でものんびりしながら絵を描く

生活を手にいれたのだ。

 

 


アムステルダムで路上パフォーマンスをしてお金を稼ぐ人達

holland_yado2

 

太陽の光がカーテンの隙間から
まぶたを照らし目が覚めた。

 

一緒の部屋で寝泊りしている
チェナーが「おはよう!コーヒー飲む?」
っと言ってキッチンでお湯を沸かしている。

 

 

チェナーはいとこのジェイクと
アメリカからアムステルダムに旅行にきていた。

 

 

「ジェイクは?」

っとたずねると部屋の外で
椅子に座りながらラジオを聞きながら
朝食を食べていると言う。

 

 

コーヒーを片手に部屋の外に出ると
雲一つない青空が飛び込んできた。

 

おはよう!
っとジェイクに挨拶を交わし、
今日は何をするの?っと他愛もない会話が始まる。

holland_heyanomae

 

 

 

これが僕の毎日の朝の習慣となっている。

 

 

好きな時間に起き、仕事に追われる事もなく
朝の時間をのんびり過ごす。

 

 

昼はアムステルダムの街で買い物や
観光をして新しい刺激を頭の中に叩き込み、
そこで得たインスピレーションを利用して絵を描く。

 

 

 

最近、のんびり遊びすぎて
絵は描いていたが、
お金を稼ぐ事をしていなかった。

 

 

そろそろお金を稼がないと・・・

 

 

 

この頃の僕のお金を稼ぐ手段は
バスキングと言われる路上でパフォーマンスを
する事がメインとなっていた。

 

 

 

ちなみに僕は旅をしながらライブペイント
をしてお金を稼いできた。

 

以前オーストラリアでもバスキング
お金を稼いで貯金もできた経験もあるので
物価が高いアムステルダムに長期滞在していても
全くお金の心配はしていない。

byronbay_gakakatudou1113

 

 

なぜなら街では数多くの路上パフォーマーが
バスキングをしてお金を稼いだからである。

 

その中のほとんどが音楽で勝負をしていたが、
僕の場ライブペイントをしている。

 

 

絵を描くパフォーマンスはあまり
やっている人がいないので数多くの
お客さんが立ち止まってくれるはずだ。

 

 

 

とりあえず中心街に行って下見をする事にした。

 

 

 

沢山のパフォーマーの中でこの人達が
一番うまかったし、お金を渡す人が
一番多かったように思う。

外国では何か一つ特技を持っていれば
生きる事は可能である。

 

 

 

とりあえずここでキャンパスを広げて

ライブペイントをしようと考えた。

 

が・・・

 

 

カバンの中を開けると絵具道具を

持ってくるのを忘れた事に気がついた。

 

 

今からとりに戻るのは面倒だったので

以前から鉛筆で描いていた絵の下書きを

路上に並べ、スケッチブックに鉛筆で

僕の世界を描いてライブペイントをし始めた。

sitagaki_1

 

ここで絵の路上パフォーマンスの強みが

でてくるのだが、絵を描いている最中に

立ち止まってくれたお客さんと会話をする事ができる。

 

 

 

 

このお客さんとの会話で

自分が何をやっているのか?

なぜ旅をしているのか?

絵の世界観は?

これからどんな活動をしていくのか?

 

このような事を相手に伝えるようにすると

大抵の人は頑張ってね!と絵を買っていってくれる。

 

 

例えそれが絵の下書きであってもだ。

 

 

 

 

この日は3時間絵を描いて3000円稼ぐ事となったが、

絵の下書きだけでこれだけ稼げれば上等である。

 

これにポストカードや、アクリル画などを

並べればもう少し売り上げがのびるだろう。

 

 

 

しかし、時給1000円程度の収入が入ると

確認できた事に満足した僕はこの日はこれ以上

稼ごうとは思わなかった。

 

 

 

 

日本では働かないとお金を稼ぐ事ができない

という思い込みが強い。

 

実は常識なんてものは誰もやっていない事に

挑戦すれば覆す事なんて簡単なのだ。

 

 

常識を破壊する事ができれば

誰でも画家になる事が可能である。

 

 

 

その後ライブペイントで稼いだお金で

お昼にコーヒーショップでランチを楽しむ事に。

 

 

 

 

実はここオランダのコーヒーショップでは

日本では考えられないものを購入する事ができる。

 

僕も最初は驚いたが、これが旅の醍醐味である。

 

 

日本とはまるで違う文化をかいま見たそれとは・・・

 

 

 

 

 

マリファナである。

holland_henptaikai

 

街中ではいたる所にマリファナショップがあり、

ジュースやクッキーなどが販売されている。

holland_kusajyues

 

 

 

実はオランダはマリファナが合法であり、

よくお昼休みにサラリーマンが公園で

プカプカ吸いながらのんびりしている

光景を見る事があった。

 

 

日本人に「マリファナのどこがいけないの?」

 

っと訪ねると多くの人は

幻覚を見るだとか、身体に悪影響がある

だとか言うのだが、それは覚せい剤などの

人工的につくられたものであり、マリファナでは

そのような減少は見られない。

 

それにオバマ大統領もマリファナより

アルコールの方が危険度が高いと公言していた。

 

中毒性は確実にタバコの方が高い。

 

 

しかし、アルコールもそうであるが、

マリファナは記憶力が低下する事も事実である。

 

 

 

 

 

そしてオランダ人の友人にこの事について

訪ねてみると「なぜタバコやアルコールが良くて

マリファナがダメなのか意味がわからない」

っと話してくれた。

 

 

そもそもなぜオランダではマリファナを

合法化しているのかと言うと、

覚せい剤やLSDなどの使用を押さえるためであり、

実際にその犯罪率は減っているようだ。

 

 

 

 

このような事を聞くと何が悪で何が正義

なのかわからなくなってくる。

 

 

 

それぞれの国によって考え方が違い、

人の捉え方によって良い事悪い事が

まったく違ってくる。

 

これは洗脳の一種なのではないかと僕は思う。

 

 

 

 

その国のトップがこれは良い事と

決めればそれは良い事になり、

それは悪い事となれば国民もその思想を

小さな頃からの教育で定着させられてしまい、

悪い事だと思い込んでしまう。

 

まさに洗脳である。

 

 

 

正義なのか悪なのかは自分の目で見て

確かめなければ真実は見えてこない場合もあり、

今考えている常識も実は世界的に見れば

非常識になるのかもしれないのだ。

 

 

 

っとは言え・・・

 

タバコもアルコールもマリファナも

もちろん覚せい剤も使用しない方が

身体に良いのは確実である。

 

なので良い子は何もしないように。

 

 

 

 

 

 

コーヒーショップを出て街を探検する事にした。

 

 

街の至る所にアートがあったりおもしろい事に遭遇したりと、

毎日探検しても飽きがこない。

 

 

 

 

サンタさんがスカートをはいた男の人を見ている。

holland_santa

 

男がスカートをはくなんて・・・

holland_ska-todansi

 

 

っと思うかもしれないが、

民族衣装なのか何なのかわからないが、

スカートをはいた男性を何度も目撃した。

 

 

小さな頃から女性はスカート、

男性はズボンをはくと教育された

日本社会では考えられない事である。

 

しかし、オランダではそれを変に思う人は

ほとんどいないようだ。

 

 

これも「男性がスカートをはくと気持ち悪い!」

っという洗脳の一種なのかもしれない。

 

 

一時期オシャレでスカートをはく

男子も現れたが、一瞬でいなくなってしまった。

 

やはりスカート男子が気持ち悪いという

日本人の価値観はいつまでも変わらないようだ。笑

 

 

 

 

 

 

PS.

なぜかオランダの写真がごっそり

削除されてしまっていた。

 

ライブペイントをした写真が

全て消えてしまって非常に残念だ。

 

 

 


どこを撮ってもアートになる!アムステルダムで写真を撮る画家の日常!

holland_syasinkazin

 

どうすれば美しくない写真を撮る事が出来るのだ?

 

どれだけ写真を見返しても全てがアートになってしまう・・・

 

そんな不思議で美しい街がオランダのアムステルダムである。

 

 

街並みは美しく、その中を運河が通っており、
そこには沢山の船が浮かび、人々は幸せそうな笑顔で

アムステルダムの観光を楽しんでいた。

holland_unga3

僕は世界を旅する画家。

 

絵を描く仕事をしながら旅をしているが、

旅をする前に世界中の写真を取ろうと

一眼レフを購入して写真を撮りためる事にした。

 

 

これまで様々な国の大都市を旅してきたが、

アムステルダムは別格である。

 

 

 

例えば街を歩いていると必ず目に入る

マンションなどですら構図を工夫して撮る。

holland_mansyonkawa

 

するとこのような写真が撮れてしまう。

holland_mansyonnarabi

僕は絵を描く事を生業としているので

写真は全くの素人であるが、それでもアムステルダムは

このように綺麗で洗礼された写真を自然と撮れてしまう。

 

 

 

実は写真を上手く撮る練習をすると

絵を描く時にも役に立つ。

 

絵なら一枚描くのに時間もかかるし

慣れていなければ失敗してしまうかもしれないが、

写真なら何枚も撮る事ができるので

どのようにして撮れば綺麗に見えるのか?

 

どの光の角度でどの色合いで撮ればアートになるのか?

 

などを撮りながら確認する事ができるため、

絵を描く時の構図の参考になるからだ。

そして冒頭でも話した通り、

この街にやってくる人は陽気な人が多い。

 

 

休憩がてらに運河沿いに座り、

昼食を食べながらのんびり過ごしていると

向かいに座っていた少年たちを見て

また何かアート写真が撮れそうだったので

カメラ構えて構図を考えながら何枚もシャッターをきっていた。

holland_syounentachi

 

 

すると・・・

 

 

holland_warikomi1

割り込んできた・・・

holland_warikomi3

テンションが高い・・・

holland_warikomi2

アムステルダムを探検していると

1日一回はおもしろい人に出会えるのだ。

holland_warikomi4

休憩も終わり、次は買い物を楽しむ事にした。

 

 

街の中にあるデパートですら

アートになってしまう。

holland_depart

僕は一瞬でアムステルダムの虜になってしまった。

 

 

 

 

しかし、このデパートで面倒な

カルチャーショックに出会ってしまった。

 

 

デパートの2階の洋服店をウロウロしている最中に

急にトイレに行きたくなり、どこにあるの

かわからなかったのでひとまず看板を探す事にした。

 

 

トイレの表示は日本と同じようなもので

すぐわかったのだが・・・

holland_kanbantoile2

2階にある事はわかるが、

これはどっちを指しているのか?

 

このデパートはロの字型の通路になっていて

この看板だと今いる場所から反対側に行くのか

戻ればいいのかわからなかった。

 

 

あなたはこの看板を見て

「戻れ」の意味なのか

「回れ」という事なのか

どっちなのか理解できるだろうか?

 

 

 

僕はまずコの字に通路を曲がる事にした。

 

しかしそこにはまた同じような看板が・・・

 

 

「あ、っと言う事は戻れと言う意味なのか?」

 

っと思い、また最初の場所から次は戻る事にした。

 

 

 

すると次はまっすぐ進めの看板が・・・

holland_kanbantoile1

しかし、そこには何もない・・・

 

ただの壁があるだけ。

 

 

 

「トイレどこやねん!」

 

っと一人で同じ通路を行ったり来たりしていたが、

中々見つからず、時間がもったいなかったので

1階に降りてデパートの店員に尋ねる事にした。

 

 

すると「2階にあるよ!」っと言う。

 

 

が・・・

 

 

どこを探しても見当たらない。

 

もう1度店員に尋ねると

「2階にあるよ!」

っと言ってはいるのだが・・・

 

何故か3階を指指している・・・

 

「え?どこ?」

 

っと尋ねると

 

「だから2階にあるって!」

 

っと少しキレ気味で3階を指さしている。

 

 

 

「どっちやねん!」

 

っと思いながら3階に登るとそこにトイレがあった。

 

 

 

後から知った事だが、日本でいう1階は

ヨーロッパでは0階と言うらしい。

 

そしてあの看板は1つ登れという意味だったようだ。

 

 

「わかりにく!」

 

っと文句をたれながらトイレの中にいくと

電車の改札のようなものが設置されていた。

holland_kanbantoileokane

おしっこをするのに100円かかるようだ・・・

 

 

 

街には公衆トイレが沢山あるのだが、

ヨーロッパのデパートや駅ではたまに

このシステムを見かける事がある。

 

僕は小銭を持っていなかったので

仕方なく外の公衆トイレでようやく

用を足すことができた。

 

 

すでに外は太陽が沈もうとしており、

賑わいをみせていたお昼のアムステルダムとは違い

落ち着いた雰囲気のある街並みに変貌していた。

holland_ochitukuhuukei

夕方のアムステルダムの景色は

何か心が穏やかになるような写真を沢山撮る事ができる。

holland_onnatohune

もしも綺麗でアートな写真を撮る練習がしたいのなら

アムステルダムが一番良いのかもしれない。

holland_bestshot

 

 

 

 

 

PS.

僕は絵を描く仕事を構築してしまったが、

今の僕の知識ならこの写真を利用して

仕事を構築する事も可能になってしまった。

 

 

なのでそのうち世界中の写真を利用して

収入を発生させるような事もするかもしれない。

 

1度お金の稼ぎ方の知識を学んでしまえば

何でもビジネスとして収入を発生させる事が可能だ。

 

 

 

よくテレビで何億円も抱えた社長が経営破綻して

また新しいビジネスを立ち上げてさらに成功した

っという話を見た事があると思うが、今の僕なら

その理由が理解できる。

 

 

1度成功してしまえば、どうすればビジネスが

成功するのか知識として頭に入っているので

何度でも復活する事ができるのだ。

 

僕も今そのような立場になりつつある。

 

 

なのでこの綺麗な写真を

人の役に立つ事に利用して収益を得る方法なんて

一瞬で思いついてしまう。

 

 

情報は最大の武器とはよく言ったものだ。

 

 

 

 


画家がおすすめするアムステルダムの激安ホテルにはある秘密が・・・

paint-okinawaisi

僕は世界中を旅しながら画家の仕事をしている。

 

そしてついにアムステルダムで画家にとって最高の場所を発見した。

 

 

今まで何ヵ国もキャンパスと絵の具道具を持ち運びながら

旅をしてきたが、どこの国が一番おすすめ?っと聞かれれば間違いなくオランダンと答えるだろう。

holland_unga2

カルチャーショックを数多く味わえる国でもあるし、何より街を歩くだけでアートが散りばめられている。

 

 

画家にとってこれほど刺激的な国はない。

 

しかし、オランダンは旅人を苦しめるのも事実・・・

 

 

オランダの物価の高さは旅費を大きく削り取っていく。

 

 

出来ればホテルなどは安く済ませたいものである。

 

 

そのため僕はアムステルダムにある激安ホテルに滞在する事にした。

holland_yado1

激安ホテルと言えばボロボロで不潔なイメージがあるのだが、僕の滞在しているラッキーレイクと言うホテルは一泊27ユーロ(約3200円ほど)で泊まる事ができ、時期によっては15ユーロなどで泊まる事もできる。

 

もちろん部屋のタイプにもよるのだが僕が行った時はこちらの大きな部屋を以前僕の必殺技である外国人と一瞬で仲良くなる方法を使って打ち解けたアメリカ人のジェイクとチェナーと共有して使っていた。

holland_saigonohi

しかし、何故か日本のホテル検索サイトで検索するとでてこない

事があったり、違うホテルに誘導される事がある。

 

なので海外のホテル予約サイトを活用した方が良いだろう。

 

 

 

3人なら十分すぎる程広い部屋であるし、大きなベットが2つあるので快適に過ごしている。

holland_situnai2

毎朝ジェイクとチェナーと共に朝食を食べ、部屋の外の椅子に腰掛けながらジェイクと他愛もない話をしていた。

holland_heyanomae

この後、電車に乗ってアムステルダムの街に行こうと思ったが、のんびりしすぎて電車の時間に乗り遅れてしまった。

 

 

 

その時の様子がこちら。

「うわ!もうええわ!」

 

っと諦めるジェイク・・・

 

 

 

実は最近外国人に日本語を教えるのにハマっている。笑

 

 

 

そんなわけでこの日はラッキーレイクで遊ぶ事にした。

 

所でなぜラッキーレイクと言うのだろう?

 

 

 

それには僕も知らなかった秘密が隠されていた・・・

 

ジェイクとチェナーに誘われ、ラッキーレイクの裏の道を散歩する事になったのだが・・・

holland_uramichi

5分ほど歩くとそこには大きな湖が広がっていた。

holland_mizuumi

宿から歩いてすぐの所にこんな良い場所があるなんて何てラッキーなんだ!

 

あ・・・なるほど・・・

 

だからラッキーレイクなのか!!

 

 

ここでチェナーとジェイクとのんびり過ごす事に。

holland_mizuumikazoku

湖で海水浴を楽しむ観光客を眺めながらスケッチブックに

次に描く絵の構図を描いたり勉強したりとかなりリラックスできる場所だ。

 

湖で勉強して画家になる

paint_sekai2

僕は日本にもアトリエを持っているのだが、そこではテレビも

ベットもソファーもあるのでどうしても集中力が途切れてしまう。

 

 

やはり絵を描いたり、新しい知識を得るのならこのような自然の中で過ごす方が確実に中注力が増す。

holland_tensineru

ちなみにラッキーレイクで何の勉強をしていたのかと言うと、日本に滞在しがらも絵で生きていける方法である。

 

 

僕は旅中はライブペイントをしてお金を稼いでいるのだが、日本ではライブペイントをしても生活できる程の収入は入ってこない。

 

っと言う事はこのままだと一生旅をしなければお金を稼げない事になる。

 

 

旅を辞める事はないのだが、やはり将来は日本の沖縄に住みたい。

 

僕は日本が大好きなのだ。

 

 

そんな事を考えていたため、この時から日本でも絵を描く仕事ができるよう何か方法がないか手当たり次第その方法を模索していたのだ。

 

 

 

 

そして僕はついにその方法を発見してしまった。

 

 

 

日本でも海外でもどこにいても絵を描いて収入を得る方法を。

 

これを話すと長くなってしまうのでZiNARTメールマガジンの中で語っている。

 

 

 

 

「簡単」「おてがる」ではないが勉強しながら1年継続する事ができれば誰でも絵で食べれるようになる。

 

 

日本で普通に画家を目指してもなる事は相当難しい。

 

 

類まれなコミュニケーション能力と折れない精神力と行動力があれば別だが・・・

 

それらをできる人は少ない。

 

 

 

 

Yahoo!の知恵袋や教えてGooなどの相談サイトで「画家になる方法」と調べれば相当難しい事がわかると思う。

 

「画家になる事は難しい」

 

「日本に絵一本で食べている人はいない」

 

っとこのような答えが溢れかえっている。

 

しかし、僕はその答えに真っ向から「日本でも画家にはなれる」言い返す事ができる。

 

 

 

 

 

なぜなら僕は今絵を描いて収入を得ているからだ。

 

しかし、その方法はやる気がある人にしか教えない。

 

 

全てを人に託してしまう人に「教えて」と頼まれても絶対に教えないようにしている。

 

 

 

全て任されれば僕の貴重な絵を描く時間が削られてしまう。

 

 

そんな無駄な時間が増えるのはごめんなので。

 

メルマガ登録は無料なので興味があれば是非。

 

 

 

 

 

 

 

PS.
アムステルダムで絵を描いていたのだが、何故か写真が全て消えてしまった。

 

アムステルダムでライブペイントをした時の写真もついでに消えてしまっている。

 

 

その事については全然ラッキーではなかったが間違いなく

アムステルダムは今まで訪れた国の中で一番刺激をうけた国である。

 

 

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ