海外からの絵の依頼を手にする人の条件

日本人の絵描きやアーティスト、芸術家にとっては海外からの仕事を受けた事があるというだけでその活動経歴に大きなインパクトを与える事になる。

 

なぜなら、ほとんどの日本人が英語を話す事ができなかったり、海外での活動に強い憧れを抱いている人も多いからである。

 

僕はこれまで世界43ヶ国以上を旅しながら画家の仕事をしてきた。

そこで多く寄せられる声が

 

「1人で海外いって凄いね!」

 

「海外で画家活動なんてカッコいいね!」

 

「有名になっても相手にしてね!」

 

と言ったようなコメントを沢山頂いてきた。

 

普通に日本で仕事をしている人からすると海外の仕事をしている人を尊敬する傾向にある事が僕の経験からわかった。

そして僕はこれまで旅をしてきた中で数多くの会社を経営している社長さんや僕の絵を購入してくれるクライアントさん、一癖も二癖もある海外のアーティストさん達と出会ってきた。

 

 

その繋がりを利用して日本で埋もれている才能のあるアーティストに海外からの絵の仕事を提供する活動もしている。

が・・・

 

この海外の絵の仕事を提供するのにある一つの重要な条件がある。

 

 

それは「常識のある人」という事。

 

 

日本人は比較的礼儀正しく常識を持った人が多いように思えるが実はその中にもかなり非常識な人が沢山いる。

 

 

特にネット上では顔も見せずに罪もない相手を誹謗中傷する輩も数多くいる。

 

 

芸能人は本当によく耐えていると関心する。

 

 

先ほども言った通り、この絵の仕事を提供してくれる大元は僕の大切な大切なクライアントさんである。

 

非常識な人、礼儀がなっていない人、自分の思い込みの激しさから
固定概念を払拭できずに詐欺か何かと疑ってかかる人などを僕の大切なクライアントさんに紹介するなんて事は絶対にあってはならない。

 

 

 

ちなみに向こうからの依頼という形になるのでこちら側(あなた側)からお金を払うなんて事は一切ない。

 

それすらも疑う人はクライアントさんにも失礼な事を言うかもしれない。

 

 

 

なのでそのような人を排除するために僕に直接コンタクトをとってくれる人にだけお伝えしていく事にしたのである。

 

 

あとちなみに、これは日本人でも海外の仕事を手に入れて活躍できる人が増えれば良いと僕が個人的に思っただけ。

 

なので会社企業さんの方からの

アーティスト紹介料なんて報酬は

僕は1円足りとも受け取っていない。

なぜ絵の仕事を提供するのかと言うと、英語が話せなかったり、海外に行くのが怖いという人も数多くいたので、何か力になれる事はないかと考えていた。

 

 

そんな時に海外の僕のクライアントさんが日本に遊びにきたので飲みにいく事になった。

 

 

その時に
「絵を描描けるアーティストを探してるんですけど
力を貸してもらえませんか??」

 

という話になったので世界画家旅人を通して才能あるアーティストを発掘するお手伝いをする事になったのである。

 

 

紹介料も払うと言って頂けたのだが、僕自身も今日本人で画家として生活できる人を育てる活動をしているのでお金を頂く事は断った。

 

ただのボランティア活動とでも
思って頂ければありがたい。

 

 

そもそも、画家にとってお金は重要ではない。

 

普通に生活できればそれで十分である。

 

前置きが長くなってしまったが、

条件をまとめると以下となる。

 

この海外の絵の仕事を手に入れる条件を持った人

常識がある人

 

たったこれだけである。

 

簡単な条件だと思うかもしれないが、年間40万人以上が訪れるこの世界画家旅人の中にはこの当たり前である常識さえ持ち合わしていない人も本当にごく希に訪れてくる。

 

 

そのごく希の人が僕のクライアントさんに迷惑をかける可能性を0にするために念には念を入れる必要があるのだ。

 

逆に絶対に紹介したくない人

非常識な人

 

礼儀がなってない人

 

詐欺か何かと疑う人

 

あと追加で

 

すぐに飽きたり仕事を途中で放棄する人

 

という事になる。

 

 

上の非常識な人は絶対に僕に連絡をしないで頂きたい。

 

迷惑なので。

 

 

常識的を持っている人は
ZiNARTメールマガジンの中に僕の連絡先(メールアドレスかLINE)を記載しているのでそこから連絡して欲しい。

 

 

PS.
あとちなみに画力テストなどの審査もあるが、恐らく募集している間は
何度でも挑戦できると思う。

 

もうすでに挑戦して画力試験に合格し、今はその絵の仕事を着実にこなしていく人も数多くでてきた。

 

 

 

あとそれと、これは僕ではなく海外の僕のクライアントさんが立ち上げた会社の企画なのでもしも、むこうから

 

「アーティスト十分集まったから

もう大丈夫です!ありがとう!」

 

っと言われた時点でこのアーティストを紹介する活動は終わり、この記事も消す予定なのでそこはご理解頂ければと。

 

追記:現在クライアントさんの都合で絵の仕事の募集は一時停止する事になりました。またいつか再開されるかもしれませんのでその時はまたメルマガでお伝えして行きます。

 


タグ:  

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

絵の依頼を頂いたオーストリア最後の日

太陽の光が差し込む窓側の席に座り、

午後の穏やかな時間を演出するBGMに

耳を傾けながら僕は久しぶりに

まともな食事をとっていた。

 

一昨日、大雨に打たれながら野宿したおかげで

少し体調を崩してしまい、昨日はザルツブルクの

観光を早々切り上げ、ホテルのベットに沈むように

夜の8時には眠りについてしまのである。

 

起きた時にはすでに時計の針が

ちょうど午後を指しており

よく眠ったおかげなのか、

すっかり体調も回復していた。

 

昨日は晩御飯を食べずに寝てしまったので

起きてからずっとお腹の虫が食料を

要求するように泣き続けている。

 

普段は旅費節約のために自炊しているのだが、

今日だけはそんな気分にもなれず、ホテルの

一階にあるレストランで昼食をとる事にした。

 

最近ハム巻きサラダしか食べていなかったので

肉の味が普段よりも余計にしみわたる。

 

お肉から吹き出す肉汁を舌の上で転がすように

余すとこなく旨味を感じながら一口一口を

ゆっくり堪能しつつ胃の中に落としていった。

1人で目を瞑りながら美味しそうに

食事を食べていたからか、隣の席にいた

観光で遊びにきている4人組の日本人の

奥様方が話しかけてきた。

 

「こんにちは。1人でここにきたの?」

 

「こんにちは!そうですよ!今はヨーロッパの

旅をしていて、この後は中東、アフリカ、南米、

中米、アメリカ、アジアと旅する予定です!」

 

「そうなの~!1人で凄いね~!仕事は何もしてないの?」

 

「今は絵を描きながら旅をしているので

それが仕事ですね~!」

 

「そうなの~!おばさんも絵に興味があるんだけど

どんな絵を描いてるのかな?」

 

 

iPadにあらかじめ入れていた絵画作品の

アルバムを開いてそれを手渡すと4人で

テーブルの中心に顔を寄せるように

僕の作品集を食い入るように

眺めながら「凄い凄い」を連発している。

 

それはそうだ。

 

これまでの膨大な時間をかけて

絵の表現力や画力向上に

時間を割いてきたのだから。

 

驚かない方がおかしいに決まっている。

「私にこの南の島のシンプルな絵を

描いて欲しいんだけどサイズは

小さめでお金は銀行から振り込むから

お願いしてもいいかな~?」

 

ホテルで食事をしているだけで

絵の依頼が入ってきてしまった。

 

僕は原画は販売していないのだが、一応

絵の内容を聞くと空と入道雲と青い海と水平線に

小さなヨット一つが浮かんでいるシンプル

もので良いというので承諾する事にした。

 

それから食事と奥様方との会話を

楽しんだ後すぐにザルツブルクの街に

でるための出発の準備をする事に。

 

今日は友人の紹介でドイツ人のミッチェルという

男性と会う事になっている。

 

ドイツに行く時は彼に連絡すると

色々と楽しませてくれると言うし、

家にも泊めてくれるらしい。

 

まだ会った事もないのに

他人を家に泊めてしまう所が

ドイツ人のおおらかな国民性を

強調させているように感じた。

 

ホテルのチェックアウトを済ませ、

待ち合わせ場所であるホーエンザルツブルク城の

目の前にある橋の麓に向かう。

 

この日の日中の気温は37度を超える

猛暑日となっており、直に届く

太陽の光が肌に刺さるように差し込んでくる。

 

歩いてものの数分でシャワーを

浴びたかのように身体中汗でギトギトに

なってしまった。

 

途中で公園に立ち寄ると、お腹にキャビアを

詰め込んだチョウザメが公園の池に

放し飼いにされていた。

近くに設置されていた看板の説明によると

80年は生きるらしい。

 

「高級食材が放し飼いにされているのに盗まれないのか?」

 

っと疑問に思いながらも待ち合わせ時間が

迫っていたので公園を後にした。

 

待ち合わせ場所に到着すると突然

サングラスをかけた男性が話しかけてきた。

 

「ヘイ!ZIN!・・・ZiN?」

 

どうやらあらかじめ写真で

僕の顔を確認していたようで

見つけた瞬間に話しかけたが、

本当に本人なのか後から確認してきたのが

何だか妙に可笑しかった。

 

「そうです!ZINです!あなたがミッチェル?」

 

そう答えるとミッチェルは満面の笑みで

「イエス!」と答えてくれた。

 

わざわざ車でドイツからオーストリアまで

迎えにきてくれたようで、今日はザルツブルクの

街を車で案内した後にドイツの自宅に

連れて行ってくれるらしい。

 

とにかく暑いのでアイスを食べながら

お互いの事について話していた。

ミッチェルは気さくで

僕自身も彼には全く気を使わずに

接する事ができる。

 

お礼に日本語の名前をつけてあげた。

漢字の意味を伝えていないので

かなり喜んでくれたようだ。

 

その後、大量の荷物を車に詰め込み、

身軽になったその体でまずは

ホーエンザルツブルグブルク城にいく事にした。

城のまわりは急勾配で、

余計に汗が噴き出してきたが

城内は比較的涼しく、かなり

過ごしやすくなっていた。

ヨーロッパの城には必ずと言っていいほど

大砲と拷問部屋がある。

これは拷問器具の一種で

在任にこれを被せて路上の柱に

縛り付けて見せしめにしていたようだ。

これは400年も前に作られた操り人形。

城の地下にはコインが沢山たまっていた。

絵の参考になったのがこの城の模型。

なかなか上から城を見下ろす事がないので

どのように描いていけば立体的に見えてくるのか

この模型を参考にできるので非常に役に立つ。

 

ザルツブルク城では他にも

様々な刺激を受ける事ができた。

 

次はザルツブルク城から少し離れた

山の上まで車で向かう事に。

 

ミッチェルが微かに見える2つのコブのような

向こうの山頂を指差しながらその山の説明をしてくれた。

「ZiN!あの山見えるだろ?大昔の人は

地震や洪水の災害がある時はあの山の

怒りをかったと考えていて、あそこには

昔から悪魔が住んでいるという・・・

あれがあったんだよ。」

 

「そんなあれがあったんや!凄いね!」

 

「そうそうあれあれ!なんて言うんだっけ?」

 

「あれやんな?わかるわかる!ど忘れした!

何て言うんやっけ・・・」

 

奇遇にも僕達は『伝説』という

簡単な英単語を2人揃って

ど忘れしてしまっていた。

 

その英単語を思い出すためにミッチェルに尋ねた。

 

「その言葉をドイツ語では何て言うの?」

 

「ドイツ語でザーゲって言うんだよ!

じゃあ日本語で何て言うの?」

 

「でんせつ!」

 

2人とも「レジェンド」という簡単な英単語が出てこない。

 

 

「まぁその内思い出すさ!そろそろ行こうか!」

 

 

ミッチェルが陽気に笑い飛ばしながら

ドイツの自宅へ向かう事を提案した。

 

思い出せないモヤモヤした気持ちを

抱えながら僕達は車に乗り込み

ドイツへと走りだした。

 


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

絵の依頼をとる方法を知る事で仕事の幅が広がる!

paint-muzousa

絵を描いている人ならSNSで「絵の依頼はこちら」と書いてメールアドレスを載せている人が多いがその人達からの悩み相談を受けた事がある

 

「なかなか依頼がこないのですがどうしたらいいですか?」

 

まず基本的な事から言うとSNSで絵の依頼がくる事はあまりない。

 

僕も画家の仕事をしながら世界43ヶ国位以上を旅する以前はよくアメブロやFacebookなどで「連絡はこちら」と書いてメールアドレスを載せていたが、月に1〜2件の依頼がある程度の時期があった。

 

運良く何ヶ月も続いていたがそれが一生続くとは思えない。

 

収入の安定も得る事はできなかったであろう。

 

なので僕は絵の仕事を構築できる方法を求め、世界の旅からあらゆる方法を発見する事に成功した。

 

今では絵を描きながら収入も安定し、何不自由ない生活をしている。

 

そこで今回は絵を描いている人がどのようにして絵の依頼を頂いているのか?と言う事をいくつかまとめてみたのでこれから絵の仕事をしたい人は是非読んで欲しい。

 

SNSを正しく活用する

18260177825_525660836d

「いきなりSNSを使うのかよ!」

「さっき依頼はあまりこないと言ったばっかりじゃん!」

 

っとツッコミが飛んできそうだが、これはけしてSNSでは依頼が0と言っているわけではない。

 

もしも、あなただけからしか生まれない絵を描く事ができるのならそれはそれで絵の依頼を頂くツールの一つでもあり、あなたとコンタクトをとる事ができるツールでもあるのでSNSの用意はしておいた方がよい。

 

 

しかし冒頭でも話した通り、SNSでは安定した依頼がくる事はほとんどと言っていい程ない。

 

SNS+何かを組み合わせる事で絵の依頼を頂ける事となるのだ。

 

 

その「何か」をこれからいくつか上げていこう。

 

自分から雑誌社に直談判する

8377278530_b9ac54a779

僕が専門学校に通っていた頃、僕の友人で絵を描いてる人がいたが、その友人のとった行動には素晴らしいものがあった。

 

当時、まだ絵の上達もそれほどできていない時期に彼は東京の大手の雑誌社を自分の足でまわり、「絵を描いているのですが雑誌に載せてもらえませんか?」と直談判をする方法をとっていた。

 

 

 

彼が言うには以外と話を聞いてくれるようでオフィスのお客さん専用待合室に通してくれると言う。

 

そこで運が良ければ雑誌社の取締役の人と直接話しをする事もあり、そこで彼のポートフォリオを見せてどうにか雑誌に載せてもらえないかと交渉していた。

 

 

 

結果的に彼はいくつかの出版社の雑誌に載せてもらう事となり、それから写真家に転職したようだが、その時の出版社関係の人からも依頼がくるようになったと言う。

 

 

 

僕も昔グラフィックデザイナーをしている時期があったが、その時海外の雑誌者の人とコンタクトをとり、一度だけ雑誌に載せてもらえる事があった。

 

旅をする

egypt_gaka

これは僕のお勧めする方法。

 

僕は元々絵が下手であり、素人以下の絵しか描く事ができなかった。

 

その時から現在のスキルを手にするまでの詳細を記事にしているので気になればこちらも読んでおいて欲しい。

 

《関連記事》
絵が下手だった僕がプロの画家になるまでの全て

 

 

そんな僕でも絵の上達をしながら絵の依頼を頂き十分生活できるようになったきっかけが旅に出ると言う事であった。

 

 

 

旅をしながら絵を描いていると様々な出会いがあり、そこで絵の依頼を頂く事が頻繁にある。

 

海外に旅に出ていれば絵で食べていけると言う自信もここで身につけのだ。

 

 

しかし、海外に出るのが怖いと言う人もいると思うので強制はしないが、一度行けば病み付きになる事は間違いない。

 

危険な場所や危険な時間帯、危険な国を避けて旅をしていれば安全に旅を楽しみならが絵の上達や仕事を得る事ができる。

 

パソコンを最大限活用する

pc-picture

先ほども話した旅して稼ぐと言う方法もあるがそれではずっと旅をしていなければ収入を得る事ができない。

 

そう考えた僕はパソコンとキャンパスを持っていれば日本でもどこの国にいても絵の依頼や販売を行える環境をつくりだせる事を知り、その方法を使い今では数千、数万人に僕の絵を見てもらう環境も完成し、自由に旅する画家と言う肩書きを得る事となる。

 

これはSNSでは不可能な方法だ。

 

この事に関してはメールマガジンで詳しく説明しているので興味があればその情報を受け取って欲しい。

 

 

 

この方法に気付いたのは旅中ハワイでクレジットカードを無くしてしまい、無一文になってしまった時に僕の絵を売って欲しいと言うアメリカ人と話をしている時に知った事である。

 

絵を描く人はよくアメブロやFC2のような無料ブログを利用している事が多いが、それでは世の中の数あるブログの一つで終わってしまう。

 

 

 

しかも、アメブロを絵の販売目的で使用するとアカウントを削除される危険性もあるため安心して利用する事ができない。

 

さらにアメブロユーザーは日本に数万人いるが、その理由から特化した個人HPのように差別化できない難点もある。

 

 

 

なので僕はそれらのリスクを無くし、パソコンを最大限に活用した方法で絵の依頼や世界最先端技術を使った複製技術を利用して絵を販売したり、オンライン絵画教室なども開講している。

 

ちなみにこれにはHTMLなどの難しい知識は必要ない。

 

パソコンとキャンパスさえあればどこでも生きていく事は可能なのだ。

 

多くの人が見る環境をつくる

livepaint1

当たり前の事であるが、絵の依頼を頂き、十分生活できるようになるには多くの人に見られる環境が必要になってくる。

 

どうすれば良いのか?

 

これには様々な方法があるが、僕の場合だとライブペイントが中心となっていた。

 

「なっていた」と言う過去形になっているのは今では先ほども話したパソコンとキャンパスがあれば多くの人が見てくれる環境を作る事ができているためである。

 

 

しかし、旅の当初はライブペイントをするだけでも多くの人と出会い、依頼もそこで何度も頂く事があったので今では趣味程度にたまにライブペイントをする事がある。

 

個展で依頼を頂く

koten_aus

よくグループ展をして依頼を頂く期待をしている人がいるがグループ展は数人でするため依頼される確立が減ってしまう事実がある。

 

なのでやはりあなただけの絵を求めるお客さんを集め、あなたの個展をする方が依頼を頂く可能性が上がるであろう。

 

そしてよくあるのが個展会場の料金の出し惜しみ。

 

 

 

これはできるだけ安くで済ませたいと言う気持ちもわかるが、やはり料金が安い分立地条件も良くない所を選んでしまい、結果的に依頼も頂けずにあまり人がこない個展となってしまう。

 

東京で個展をすると大手雑誌会社の役員が頻繁にくると言われているが、よほど魅力的な作品を描いていないかぎり、わざわざ人が来ない立地条件の場所まで足を運ぶ事は少ないようだ。

 

世界を旅する画家のまとめ

namibia_desert

絵の依頼を頂き、絵描きとして生活すると言う事はこの日本では難しい事とされているが僕はそうは思わない。

 

正しい知識で多くの人の目に止まる環境さえ作る事ができていれば十分に可能だと思う。

 

 

 

日本で絵を描いて生活している成功者は何かしら自分から行動し、そしてそこで良い出会いがある事によって成功への架け橋となっているようだ。

 

中途半端に行動するより、思い切って他の人がしないような行動をとるとあなたの人生を激変させる何かが起こるのだ。

 

それは僕の画家人生が証明している。

 


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

海外から絵の依頼をうけて収入を得る事ができた素人時代

SONY DSC
僕が世界を旅する前にオーストラリアに住んでいる

グラフィックデザイナーのAIRIさんからの依頼でこの絵を描いた。

 

当時僕は専門学校卒業間近にひかえたこの頃は

「絵の就職につかなければならない!」

という固定概念があったので、絵の就職のため何社か受けたが

面接時に全否定されたり、うちの会社には合わないと

言われる状況で、どうすればいいのか人生に迷っていた時期だった。

 

そんな状況の中で当時の僕はいつか個展を開くため

絵を描き続けていてシロノゾウという作品で

突然大金を手にする事となった。

 

詳しくは下記事を見て欲しい。

絵画を購入してくれた社長さんが行方不明に・・・

zironozouzin

そしてアメブロにのせたこの絵の制作過程をのせた動画を見て

AIRIさんがオーストラリアからわざわざ電話をかけてきてくれて

絵の依頼を頂いた。

 

その依頼はAIRIさんが飼っているペットの

RASAちゃんRIKUちゃんを僕の世界の中に入れて欲しいと

いうものだった。

sora2

 

riku_1

今ではこのような依頼はすべてお断りしているが、

当時は僕は絵の仕事ができるという喜びでこの依頼を

受ける事にした。

 

ペットの絵を描くと言うのはかなり難しい。

 

なぜなら動物を描くだけなら簡単だがペットを描くとなると

似せる必要があるからだ。

 

自分が飼っているペットならずっと一緒なので

違いがわかるようになるが始めて見る他の人が

飼っているペットを描くとなると

顔の違いなんてものはわからない。

 

しかも僕の流儀で写真をそのまま

描き移すような事はしないようにしている。

 

写真を描き移してしまうと僕の世界の中で

その動物だけ動きが止まったような表現になってしまうからだ。

 

なので僕は動物を描く時は一度頭の中で

自由に動かしてみて一番良い角度で

描く事によって躍動感を表現する。

SONY DSC

まず最初にした事は何度も

SORAちゃんRIKUちゃんの動画を見て

頭の中に体の細部まで叩き込む。

 

その後自分の頭の中の世界で自由に飛び回った

2匹を見ながら一番いいアングルで止めてから、

それをすぐ鉛筆で下書きするようにする。

SONY DSC

本来僕は下書きをせずに絵を描くのだが

このような依頼が来た時はペットを

似せなくてはならなかったので、

あえて下書きをする事にした。

 

そして合計48時間を費やして完成したのがこの作品だ。

SONY DSC

B1(728×1,030)サイズの大きな絵だ。

 

基本的に僕はこのサイズの絵を描いている。

 

僕に絵を依頼するクライアントさんのほとんどが

外国人で日本の家に比べると海外の家は広く

大きな絵を飾るのに十分なスペースがあるからだ。

 

この頃はまだ英語も話せず、海外も韓国しか

行った事はなかったが何故か僕は海外で活動できる自信があった。

 

ただそのためにはまず日本で絵の就職をして

職歴をつけなくてはならないという思い込みがあった。

 

世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら

旅をして気づいたが「職歴が必要」なんてものは

日本の社会がうみだした個人の才能を

奪うくだらない考えだと僕は思っている。

 

何かを成し遂げたい人はそれに情熱を燃やし、

次に行動にうつす事ができれば社会の常識を

ひっくり返す事は誰でもできるのだ。

 

日本人は大人が言った事を真実だと思い込み、

社会の常識にとらわれる人が多すぎる。

 

海外に大きな目的を持ちながら旅にでると

日本での常識がいかにちっぽけなのかを

思い知る事になるだろう。

 


タグ: 

カテゴリ:絵について語る 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ