ドイツでバスキングするなら日本人の特性を活かすべき理由

「ZiNこれカッコイイだろ!」

 

洗面所で歯磨きをしていると、鏡越しに

上半身裸のフィリックスが首に銀のネックレスを

つけて「自慢のネックレスを見てくれ!」

と言わんばかりの自身満々の顔で話しかけてきた。

 

よく見ると漢字で"羊"と一文字だけ

書かれたシンプルなデザインだ。

 

「カッコイイだろ!ZiNが来る少し前に買ったんだ!」

 

「・・・何で羊?」

 

「??・・ひつじ?」

 

「それは日本語の漢字で羊って意味やけど・・・

知らずに買ったの?」

 

「マジ!?形に一目惚れして買ってしまった・・・」

 

「いくら?」

 

「3800円くらい・・・」

 

「アホやー!!」

 

少し落ち込んだ事を隠すように半笑いの

フィリックスは、そのままお出かけ用の

服装に着替えると、何事もなかったように

自慢のネックレスをテーブルの上に置いた。

 

今日はミュンヘンの街を案内してくれるようだ。

 

まず最初に中心街にあるウインナーが

美味しいレストランで昼食をとる事にした。

薄い膜に包まれた真っ白なウインナーに

このお店の特性ソースを絡めながら

口に運び、そのままドイツビールで

一気に流し込む。

ドイツのウインナーは本当に美味しい。

 

フィリックスが言うには薄い皮も

はいでから食べるのがドイツ流のようだ。

 

「漢字ってカッコイイよね」

 

ネックレスの事を引きずっているのか

無意識なのかわからないが、フィリックスが

仕切りに漢字について質問をしてきた。

 

「日本人って中国語も読めるの?」

 

「中国語は世界で一番難しい言語だし

日本語とは全然違うから読めないよ」

 

「これは何て意味なのかわかる?」

 

そう言うとスマホのメモに書かれていた

中国語のシェンシェ(謝々)という文字を見せてきた。

 

「これは中国語でありがとうって意味!

日本語じゃないよ!」

 

「中国語なら何で日本人もわかるの?」

 

「シェンシェって言葉がありがとうって意味なのは

ほとんどの日本人が知ってるからね!でも他の言葉は

全然理解でききないよ〜」

 

「シェンシェって漢字にはそれぞれ

どんな意味があるの?」

 

「・・・謝る謝る」

 

「ゴメンなさいなのに何でありがとうなの?」

 

「そう言えばそうやな〜・・・何でゴメンなさいが

ありがとうになるんかな?」

 

「何で日本語では謝るなのに

中国語ではありがとうなの?」

 

次々と漢字について質問してくるフィリックスに

正しい答えを出す事が出来ずにいた。

 

フィリックスは本当に漢字が好きなようだ。

 

 

「日本人や中国人ってお金に困る事ないよね!」

 

「何で??」

 

「外国人は本当に漢字が好きだから

それを書ける日本人や中国人はバスキングで

漢字を書いて売ればかなりいい商売になるからね!」

 

 

 

確かに僕もこれまでの世界の旅の中で

出会った人達に漢字の当て字を書いて

あげるとそのかなり喜んでくれた。

僕の描く絵は世界観の方が重要で

漢字を入れる事はない。

 

しかし、確かにお金を稼ぐ事が目的の人なら

絵の中に漢字を組み込んだメッセージを

書いてもいいし、書道なんてしている人は

バスキングだけでもかなり稼げると思う。

 

オーストラリアのメルボルンや

パースでは1日で10万円くらい

稼げるなんて話もある。

 

日本でお金に困っている人は

海外で漢字を利用したパフォーマンスを

すればかなり稼げる事は間違いない。

「ZiNもあれだけ凄い絵描けるんだから

漢字も混ぜて販売したらいいのに!」

 

「いや〜いいアイデアではあるけど

それはやらないかな。本当に伝えたい事に

ブレが生じてしまうからね!」

 

僕は小学校低学年の時から深い眠りにつくと

見た事もない世界を飛び回る夢を見る。

その世界を皆に伝えたいと言う事と

あともう一つ、絵の中に込めた

未来へ向けたメッセージを残し、

200年後300年後の未来に伝えたい事がある。

 

それをするのに誰でも読める漢字を組み込んも

意味がないのだ。

 

今生きている人間にはこの意味が

わからないと思うので詳しくは説明しない。

 

僕には僕と未来の人間にしか

理解出来ない大きな秘密がある。

 

それを伝えるために

今絵の中に暗号を組み込んでいるのである。

漢字についての質問ラッシュも終わり、

ようやくフィリックスにミュンヘンの街を

案内してもらう事に。

ミュンヘンではバスキングが盛んにされている。

 

オーストラリアやアメリカなどの国では

ギターでバスキングをする人が多いが

ヨーロッパはチェロやバイオリンなどの

バスキングをよく目にした。

絵を描いてライブペイントを

している人は一人も見た事が

なかったので狙い目だと思う。

 

ちなみに、これまでバスキングを

するならオーストラリアをお勧めして

いたが、最近ではヨーロッパをお勧めしている。

 

その理由はこちら。

絵で食べていくためにAUSに出稼ぎに行く人が増えた件

バスキングを一通り観察してから

次はミュンヘンを一望できる高台に登った。

そしてヨーロッパでも珍しい白の協会。

この旅で死なないよう祈りを捧げてきた。

メッセージも残したのでミュンヘンにいく人は

もしかすると僕の書いたメッセージを

読めるかもしれない。

海外に友人がいると旅も充実すると

画家活動の基盤となる人との出会いも

増えていく事になる。

 

結局、画家になりたい場合は

人と人との繋がりを濃密なものに

できる人でないとやっていけないのだ。

 

これからも世界で出会った人や

この世界画家旅人で出会ったアーティストの

人達と一緒に歩んでいければなと思う。


外国人が日本人より絵に興味がある理由

byronbay_gakakatudou1113
日本で絵を買うと言う人の割合は外国人に比べて極端に低いように感じる。

 

これまで旅を続けてきて数多くの日本人や外国人と仲良くなり、僕の描く絵に興味をしてしてくれたが購入するのは必ずと言っていい程外国人であった。

paint_postcard

これが日本で画家として生きるのは難しいと言われている原因の1つである。

 

家が大きい事も関係している。

byronbay_jyoniedekai

オーストラリアのバイロンベイに滞在している時に仲良くなった車の整備士であるジョンの家にお邪魔する事が多くなっていた。

 

 

ジョンの家は豪邸で、部屋がいくつもあり、庭には公園とプールが設備されている。

byronbay_jyonpool

これはジョンの家だけではなく、オーストラリアの家は大抵このくらいの大きさの家が立ち並んでいる。

 

 

家が大きい分1つ1つの部屋の広さも日本に比べると全然違ってくる。

 

部屋が広いと言う事は壁の大きさも余裕があるのでそこに絵を飾ると言う考えになるようだ。

 

現にジョンの家には大きな絵がいくつも飾ってあった。

byronbay_jyone

なぜ外国人は日本人より絵に興味があるのだろうか?

 

その事を考えた時、育った環境の違いからではないかと推測した。

 

 

 

 

海外はアートイベントも多く、それに画家を目指す人を支援する団体も数多く存在する。

 

日本ではまだその支援する環境が整っておらず画家として生きていく事は不可能と言う人が多い。

 

 

 

その事に気付いた僕は日本人と同じ事をしていても同じ結果しか待っていないと悟り、全く違う道を歩んでいく事にした。

 

独自で考えた画家になる方法は見事成功し、今では日本でも海外でもどこに住んでいても絵を描いて収入を得るまでに成長できた。

 

僕の歩んできた道についてはZiNARTメールマガジンで詳しく語っているので興味があればどうぞ。

 

豪邸には天使がいた

byronbay_iribitari

最近はジョンの家に入り浸るようになり、バイロンベイの街でお金を稼いだ後はジョンの家のソファーに座りながら映画を観る日々を過ごしていた。

 

ジョンには3人の子供がいる。

 

外国人の子供は本当に可愛い。

 

一番下の女の子は天使のような笑顔で僕の腕を噛んでくる。笑

byronbay_jyonnotensi

そして次男は毎日粘土でアートを作って楽しんでいる。

 

将来は凄いアーティストになるのかもしれない。

長男は英語もロシア語も流暢に話す事ができ、ギターも演奏する事ができる天才肌だ。

僕は彼に話しかける時は日本語で話しかけていた。

 

この年でロシア後も英語もペラペラになったのだから日本語で話しかけていれば理解できるようになるかもしれないと思ったからだ。

 

海外に行かなくても画家にはなれる。

byronbay-jyonbbqsikomi

この日はジョンがBBQの用意をしてくれた。

 

外国人はパーティーが本当に好きだ。

 

例え1人で海外に旅に出たとしても必ず声をかけてくれる人が現れ、そこで仲良くなって絵の依頼も頂ける事もあった。

 

 

日本から外国に行くとなると飛行機を利用しなければならないためか何故か大きな旅と想像してしまう人が多いようだが、実際は日本国内の旅行とそれほど変わらない。

 

英語環境ではあるが、日本人は全世界のどこの国にも滞在しており、日本人が集まる宿が必ずあるのでそこを頼りにして行けば国内旅行と何ら変わらない生活を送る事ができる。

 

 

 

 

一度海外にでてしまえば今まで経験できなかった体験が待っており、アーティストにとってはかなり良い刺激を得る事ができると言うのに・・・

 

 

僕の専門学校時代の友人も僕のように海外で活動すると話してはいたが未だに実行には移せていないようだ。

 

 

画家になりたいと思う人は頭より身体が動くタイプの人の方が成功する確立は遥かに高い。

 

思った事をすぐに行動に移せる人と移せない人では将来が大きく変わってくるだろう。

 

しかし、これは海外に行かなければ画家にはなれないと言う事ではない。

 

 

 

 

1つだけ方法があるのだが、これは日本に住みながらも継続できる根性がある人だけが成功できる方法である。

 

それは僕の歩んできた道を同じように歩だけ。

 

 

簡単ではないが、少なくとも今まで絵を描いて生活できるようになっていないのなら確実にこちらの方が絵を描いて生活できるようになる可能性は遥かに高い。

 

僕はそのようなやる気のある人達をサポートしていきたいと言う思いからZiNARTメールマガジンを立ち上げたのだ。

 

高い絵でも購入する育ち方。

byronbay_bbqparty

オーストラリアで出会った人達は高い絵でも買う人が多かった。

 

これは絵の価値観が日本人と違う事も理由の1つになっているのだが、育ってきた環境の中でアートが普段の日常に溢れている事も理由の1つだと感じた。

 

 

家には必ずと言っていい程大きな絵を飾っている。

 

そんな環境で育つ子供は絵は家に飾るものと言う強い認識で育っていく事により、絵を買う事にあまり抵抗がなくなるのだと言う。

 

 

もちろん日本でも高い絵を買う人はいるのだが、大抵の場合が生活に余裕のあるお金持ちの人達である。

 

 

この事実を知ってしまうと普通のやり方では日本で画家になる事がどれほど難しいのか理解できる。

 

 

 

この事に気付けたので海外で画家になる方法を探すために旅にでて本当に良かったと思う。

 

この事に気付かなければ今頃会社に就職して休みの日に必死に絵を描く生活をしていたかもしれない。

 

 

人生を大きく動かす時、かならず「気付く」出来事がある。

 

僕の場合は日本と外国の絵の価値観の差に気付く事ができたので結果的にそれが活動力に変わり、今の自分が構築されているのだ。

 

 

 

もしも、あなたが今まで絵を描いてきて全く何も進展していないのなら「気付く」必要があるのかもしれない。

 

今までと同じ方法で活動していては同じ結果になると言う事である。

 

そこに気付かなければならない。

 

 

気付けたなら次は新しい活動方法にチャレンジする事をお勧めする。


日本人で有名画家になった人達が歩んで来た道

有名な画家は世の中には沢山いるが僕はあまり彼らの

詳しい情報をしらない。

 

しかしどのようにして成功したのか?

彼らが歩んで来た道の方に興味がわいた。

 

どういった人物なのか?

なぜ画家として成功できたのか?

 

そこを調べるうちにある共通点を発見することができた。

 

岡本太郎

okamototaro1
出展 www.albatro.jp

例えば日本を代表する画家と言えば岡本太郎さん。

 

僕はこの人の生き様が最高にカッコイイと思う。

 

自分の信念のままに描き続けるスタイルは

彼独自の創造を感じさせる。

aozora
出展 www.new-york-art.com

岡本太郎さんは19歳の時から約10年間フランスに滞在していた。

 

戦争が終わった日本で活動するようになり、絵を描き続ける

かたわらで分筆活動をしていた。

 

その後少しずつテレビやメディアに出演するようになり、

日本でもトップクラスの有名画家に登りつめたようだ。

 

藤城清治

e897a4e59f8ee6b885e6b2bbe6b08f2
出展 www.jukushin.com
この美しい影の絵をどこかで目にした事がある人も多いはず。

 

これそ独自の世界観を表現しているスタイルだ。
藤城清治さんの長い人生を見ると凄い経歴の持ち主だった。

b0099994_1041102
出展 aokisekkei.exblog.jp
1944年の20歳になった年、海軍の予備員に入る。

 

戦争が始まると国のために戦うそんな時代に

1年で沿岸防備につく事になるが、そこで少年兵と

共に指人形を使い、不幸のどん底にいる人達のために

演芸会をしていたと言う。

 

12歳で慶応普通部に入学しており、

その後の活動は凄まじいものがある。

 

やはり人の魅力はその人が歩んできた人生の中で

どれだけ多くの出来事が起こるかと言う所を感じる。

 

その出来事を起こすには行動する以外にはない。

 

まさに藤城清治さんの人生は行動した結果がでている

としか考える思えない。

 

日本で独自のスタイルを築き上げた巨匠だ。

 

山口晃

20150414-yamaguchiakira02_v
出展 www.cinra.net
純粋におもしろい作品を描くなと感じた。

 

細部の人々に一つ一つストーリーがあるのが分かる。

C0077infoakira_topmitukosi
出展 www.kyotobenrido.com

 

この素晴らしい作品を描くのが有名画家の山口晃さん。

 

群馬県で生まれ育ち、東京芸術大学の美術学部に入学し、

そこで絵を学び様々な作品を世に生み出してきた。

 

絵の作品集や書籍も販売され、様々な受賞歴を獲得している。

 

山口晃さんの作品の中には昔の人間と現代の人間が

入り交じって描かれていたり、飛行機の屋根が透けて見えるように

描き、中にはどんなストリーが描かれているのかと思わせるような

不思議で見ていても面白くなる作品が多い。

画家の歩んだ道を調べた感想

DSC_0459

 

日本の画家達は僕とは違う道を進んでいる。

 

ある一つを除いては・・・

 

僕は絵の修行をしながら旅をしていた。

DSC_1112

 

そこで様々な事を学びながら1年前の自分にはなかった

能力や技術を得る事ができたし、世界43ヶ国以上を旅する中で

各国の人と繋がりを持つ事ができた。

 

気がつけば合計3年間以上は旅をしているが、たまに日本食が

恋しくなって日本に滞在する事もある。

 

世界をまわる活動をしてきたが、ただ一つ有名な画家と

同じ信念を持って絵を描いてきたと感じた。

kage

 

それは絵で表現する事への情熱を失わなかったと言う事だ。

 

日本では画家になるのは難しいと言われているが、彼らは

その不利的状況の中でも自分のスタイルを貫き通しており

有名画家の仲間入りをはたしたのだ。

 

僕もこれからは日本での活動も考えており、

日本の有名画家の一人になる事が僕の目標の一つでもある。

 

絵を描き始めて8年の月日が流れたが、

画家人生は始まったばかりのように感じる。

mevius

 

有名画家の共通点

有名な画家に共通する事はやはり独創的なスタイルと

新しい発想力を引き出しながら描くと言う事だ。

 

その発想を生み出す事ができればあなたも画家になれるかもしれない。

 

どうすればこのような発想ができるのか?

 

次の機会にその事について語っていこうと思う。

 

 

とにかく、有名な画家は人によってその道の歩み方が

違うが、彼らの共通する所は

自分の中のものを表現する事に人生を賭けた

のではないかと言う考えに至った。


タグ: 

カテゴリ:描く時に必要な事 

中国人の若者は日本人を尊敬している?

世界を旅していると様々な人種と出会うが僕が

日本に一時帰国したときハワイで出会った中国人

の友人が大阪に遊びにきた。

 

僕は宮崎で生まれたのだが、

大阪で30年間育ったので

外国人を大阪のどこへ連れていけば

楽しんでくれるのかがわかる。

 

日本人で中国人が嫌いだと言う人も多いが

旅中に出会った多くの中国人の若者は

日本人を尊敬してくれている人が多いと

言っていた。

 

 

日本人はニュースやネットの情報を見てイメージだけで

考えてしまうが、その情報に洗脳されてしまい

事実とは違う怒りの感情が作り上げられてしまう。

 

 

情報ではなく自分の目で直接確かめていかなければ

大きな思い違いで人生そんをしてしまうのだ。

 

 

その友人はレンと良い女の子の友達と日本を旅行

している最中に中国ではありえない日本の文化に

遭遇してやはり日本は凄い国だと言っていた。

 

日本と中国の違いに驚く

大阪を案内し、最後にミナミのゲームセンターに

遊びに行った時の事。

 

レンの友人の女の子がUFOキャッチャーで

中国でも大人気のワンピースのフィギュアをとりたい

と言う。

 

そして中国では高額な最新のiPhoneを

UFOキャッチャーのコントロールの上へ置き

トラファルガー・ローのフィギュアを必死に

狙っていた。

 

しかし中々とる事ができず、諦めて

ゲームセンターを後にした。

 

その後数分間ミナミの街を歩いていると

女の子がiPhoneが無くなったと騒ぎだした。

 

彼女は取り乱しながらさっきのゲームセンターに

置き忘れてしまったと言って動揺していた。

 

それもそのはず、中国ではiPhone6を買うとなると

10万円ほど払わないと買えない高価なものだ。

 

急いでiPhoneを置いたはずのUFOキャッチャーへ

向かったがそこには何もなかった。

 

彼女は絶対に盗まれたと思ってかなりショックを

受けていたが僕は一応店員に聞いてみようと

思い、iPhoneの忘れ物がないかゲームセンターの

受付に行く事に。

 

彼女はショックでかなりうつむいていた。

 

買ってすぐの高額な物をまだまだ若い

18歳の女の子が無くしてしまったので

それも当然の反応だ。

 

受付のお兄さんにiPhoneの落とし物を確認すると

すぐに「これですよね?」

と言ってiPhoneを取り出してきた。

 

彼女は信じられないと言ったような顔で

喜びながら

「もし中国でiPhoneを置き忘れると5分でなくなるのに

日本は何ていい国なんだ!」

と日本を大好きになったと言う。

 

日本では落し物を届けると言う日本人の国民性を

中国人の若者たちは支持しているようだ。

 


タグ:  

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ