ポルトガルで電車の待ち時間を利用して絵の構図を考える

portugal_tospain

朝の7時に目が覚め朝食を食べてから

スペインへ旅立つ準備をしていた。

 

ポルトガルのカステロ・ブランコから

スペインのマドリードへ向かう予定だが、

まだ何も調べていないのでどうやって

行くのかもわからなかった。

 

 

しかしこれが僕の旅のスタイルなのだ。

 

 

何も調べないで旅をする事によって

様々な出会いに遭遇する機会が増える事は

オーストラリアを1年間

旅してきた中で学んだ事だ。

 

情報を知らないと人にきく癖がつく。

 

人にきくとそこから

友達の輪が広がっていき、

僕に興味を持ってくれる人も当然現れる。

 

なぜなら僕は大きなキャンパスや筆、

絵の具を持って旅をしているので

他人から見ると

「こいつはこんな大荷物を持って何をするんだ?」

と考えるのだろう。

 

実際何度もこの荷物は何?

と何度も聞かれた事があり、

絵を描くための道具が入っている

と言うと高い確率でどんな絵を

描くのか見せてくれと言われる。

 

そこで気にいってもらい

仲良くなって家に招待されたり、

絵を売ってくれと言われる事が多かった。

 

しかし、逆に困難な状況におちいる事も少なくない。

 

今回のポルトガルから

スペインへ行く途中でもそれは起こった。

 

 

朝の準備が終わる頃、昨日モンサントへ

連れていってくれたピーターが

迎えに来てくれた。

 

仕事の合間をぬって

お別れの挨拶にわざわざきてくれたのだ。

 

カステロ・ブランコで出会った

見ず知らずの僕にかなり親身になって

親切にしてくれた彼ともここでお別れ。

peterbuy

ポルトガル語が話せない僕のために

バス停まで車で送ってくれてさらに

バスチケットを購入して

スペインへの行き方も聞いてくれた。

 

最後の最後まで本当に親切な彼とも

お別れをして次はポルトガルの

グアルダという国境付近の町で

電車に乗るとスペインの

マドリードまで一本で行けるようだ。

 

と言う事でバスでグアルダへ向かった。

 

グアルダに到着したのが午前11時。

 

坂道が多く大量の荷物を持って

移動するのはかなり辛かったが

通りすがる人に片言のポルトガル語で

駅の場所を聞くとここから歩いてすぐの距離だと言う。

 

それから30分歩いても中々たどり着かない。

 

また別の人に聞くと

すぐそこにあると言って同じ方向を指差した。

 

それかさらに30分歩いて

ようやく到着する事ができた。

 

ポルトガルの人のすぐそこは

日本人の僕にとってかなりの距離が

あるように感じた。

 

駅についてチケットを購入しに行くと

もう今日の電車はないと言われ

一番早く出発する電車はいつくるのか

訊ねると夜中の1時半だと言う。

 

現在昼の12時・・・・

 

色々考えた結果13時間駅で待つ事にした。

 

大量の荷物があるので

この町の観光もできないし、

なにより田舎町なので

そんなに観光できる場所もない。

 

僕は仕方なくビール片手にPCの中に入っている

映画を観ながら13時間待つ事にした。

 

しかしそれから30分後に

PCの電池がなくなってしまい

映画を見る事もできない。

 

ボーッとしていても仕方がないので

この時間を利用してこれから描く

絵の下書きを描く事にした。

 

僕はこれまで自分の頭の中の世界を

描いていたが、オーストラリアを

旅していた時に違う作風も描いて

みたいと思い、この世界をまわる旅では

アート作品を描きためる事にしている。

 

ちょうどいい紙がなかったので

電車チケットの裏に下書きを描く事にした。

ammonite_sita

これはポルトガルのとある

美術館で見たアンモナイトを

モデルに描いた下書き作品だ。

ammonite_por

とりあえず下書きを描いて

頭の中で鮮明にしてから大きなキャンパスに

絵の具で絵を描いていくようにするが

その作品は後ほど公開する。

 

なんだかんだで要約13時間経過して

電車が到着する時間になった。

 

しかし・・・

 

到着時間になっても電車がこない。

 

駅には僕しかいない。

notrain_por

本当にくるのか不安になっていた時、

遠くの方で電車のヘッドライトが見えてきた。

 

到着時間より40分も遅れて電車が駅に止まった。

 

日本ではありえない事だが

海外では普通にこのような事が起こる。

 

日本の公共機関は時間を徹底して

守る世界でも数少ない国なのだ。

 

大量の荷物を電車にのせ、

座席に座り少し遅い晩ご飯を食べ、

ポルトガル最後の風景を眺めながら

マドリードに向かった。


RPGのような巨石の村モンサントはポルトガルにある!

朝8時に目がさめてカーテンを開くと最高の天気で

数本の飛行機雲だけが青い空にのびていた。

 

昨日、仲良くなったピーターが巨石の村

モンサントへ車で連れていってくれる事になっている。

 

ちょうど朝食を食べた時に彼が

宿の前まで迎えにきてくれて

そしてとうとうRPGのような世界へ向かう。

gotomonsanto

モンサントはカステロ・ブランコから

車で一時間半ほどで到着する。

mapmosanto

村に近づくにつれ巨大な岩が

ちらほら道の端にころがっており、

遠くの山の上にある民家の中に

うっすらと岩が突き刺さっているのが見えてきた。

gotomonsanto2

monsanto_mura

入り口に車を止めて巨石の下の

隙間をくぐり抜けてモンサントの頂上を目指した。

 

頂上には岩でできた城が建っており、

本当にRPGのような世界が広がっていた。

monsantoiriguchi

monsantosiro1

ピーターが買ってきてくれた昼食を食べながら

巨石の村を見下ろすと家の中に

岩がめり込んでいるのが見えた。

monsantop

monsantolunch

monsanto_house1

monsantohouse2

こんなデザインの村は

世界でここだけではないだろうか?

 

村の雰囲気はのんびりしており、

どこを撮っても絵になるような

オシャレでレトロなデザインの中に

巨石という異様な光景が混ざり合った

不思議な世界を味わう事ができる村。

 

ここが僕がどうしても来たかった

山の上の巨石の村モンサントなのだ。

monsanto_pic1

monsanto_pic2

monsanto_pic3
この村の経験でかなりの

インスピレーションを得る事になり

僕の世界の絵を描く時に必要な

情報がここには数多くあった。

 

岩を描く時に資料にもなるし、

不思議な世界の雰囲気を感じとる

事によって、その雰囲気が絵の中に

反映される事で絵の成長につながるのだと思う。

 

ポルトガルに来た理由はモンサントを

直に感じ、絵に役立つ情報を

手にいれるためだったので目的は達成された。

 

明日からスペインに向かう事にした。

 

もちろんスペインの情報は町の名前以外調べない。

 

情報を持たないで旅をする方が

驚くような体験や、情報、普通の観光客が

行かないレアな場所へも行ける可能性が

高くなるからだ。

 

なぜそうなるのかと言うと

情報がない事によって人に聞く事が増え

その中で良い出会いが確実に

自分をいい方向に導いてくれる事を

知っているからだ。

 

これはオーストラリアを一年旅した時に気づいた。

 

人と話す事によっていつもその地の人が助けてくれた。

 

そして実際にこれからの世界を

まわる旅でも数多くの親切な人と

出会う事になる。

 

世界には驚く程親切な人が大勢いる。

 


ポルトガルでは驚くほど親切な人が多かった

やっと本物のモンサントへ向かう事ができる。

 

そう思うと同時に目覚めた早朝5時。

 

宿をチェックアウトして

巨石でできた村モンサントへ向かう事にした。

 

昨日はモンサント間違いで、

かなりの田舎町にきてしまったが、

レストランを経営している夫婦と仲良くなり

朝車で駅まで連れていってくれるという。

 

昨日はワインも食事もごちそうになったのに・・・

 

ポルトガルは親切な人が多いように感じるし

平和な環境が僕に合っていた。

 

 

夫婦の運転する車で近くの駅まで送ってもらい、

次は電車で巨石の村モンサントに

一番近い町カステロ・ブランコへ向かう。

porcar

電車が空いていてよかった。

絵の具、キャンパス、筆、紙を

運びながらの旅は予想以上に大変だった。

pornimotu

田舎町から離れていく電車の中で朝日を見ながら

カステロ・ブランコについてからの事を考えていた。

porgo

町の情報も町の情報も何も

調べていないのでどう動けばいいのか?

 

朝の11時にとりあえず人に聞けば

どうにかなると思い、タクシーの

おじさんにモンサントへの行き方を聞くと、

今はモンサントへ行くバスがないから

タクシーで行くしかないと言う。

 

しかし、タクシーで行くのは

かなり高くなってしまうし今から

巨石の村に行っても空いている宿がないので

引き返してこなければならない。

 

宿はとりあえず

カステロ・ブランコで探す事にして

その辺を通る地元の人に聞く事にした。

 

しかしポルトガル語がわからない。

 

ポルトガルで英語を話せる人に

はあまり出会わなので宿はどこだと

聞いてもその説明の意味がわからない。

 

親切に説明してくれているのに申し訳なくなった。

 

その様子を見ていた一人の男性が

近づいてきて英語で話かけてきてくれた。

 

彼はピーターという名で仕事場が

観光情報センターの近くだと言うので

車で連れて行ってくれるようだ。

 

車に荷物をのせて観光情報センターで

モンサントへ一番安くで行ける方法を

聞いたが、やはり6月の観光シーズンとも重なったのか

バスはあるが巨石の村に泊まる宿がないと言う。

 

しかたなく今日はとりあえず

カステロ・ブランコで宿を見つける事にした。

 

ピーターにその事を伝えると

宿を一緒に探してくれると言い

携帯で調べてものの15分で

安くて奇麗な宿を探してくれた。

 

そして仕事がもうすぐ終わるから

その後観光に連れていってくれる

と言ってピーターは宿を去っていった。

 

宿のキッチンで昼ご飯を食べながら

ビールを飲んでこの町の事をiPadで

調べたりしながらゆったり時間をすごしていた。

 

午後1時なりピーターが車で迎えにきてくれて

カステロ・ブランコの観光へ出発した。

 

ショッピングモールで昼食をごちそうしてくれたり

これから始まる世界一周の旅の中で寒い場所にも行く事が

あるのでマフラーをプレゼントしてくれた。

castelo_food

castelo_trip1

castelo_trip2

castelo_trip3

町の山の上にある城や有名な庭園を巡ったりと

この日も運良く優しい人と出会う事ができたので

大満足いく日となった。

 

 

ピーターが明日モンサントへは

どうやって行くのか聞いて

きたのでタクシーで行くと答えた。

 

すると彼はタクシーは高いから

明日連れていってくれると言う。

 

 

どこまで親切な人なのか・・・

 

 

この時もし外国人が日本で

困っていたら親切にしようと思った。

 

この日はピーターと明日会う約束をして

宿に戻って明日の準備に備えた。

 

モンサントまでの道のりが長かったが、

明日はやっと巨石の村モンサントへ行く事ができる。

 

 

まるでRPGのような世界・・・

 

 

今まで見た事のない絵を描くには、

今までに見た事ない風景を頭の中へ

インパクトとして残すことで新しい作品が生まれる。

 

僕の場合は今までこうやって

頭の中の世界と現実世界をつなげて

キャンパスに描きうつしてきた。

 

今回も巨石の村を見る事によって

新しいインスピレーションを

感じ取る事ができると思う。

 

 

そんな事を考えながらベットで横になり眠りについた。

 


3カ所ある?ポルトガルにある岩の村モンサントへ行く時の注意!

ポルトガルにある岩の村

モンサントをご存知だろうか?

 

岩を利用した村で家の中に大きな

巨石がくいこんだり巨石の間を

利用したレストランなどが

立ち並ぶ山の上にある村の事だ。

monsanto-iwa

そんなRPGのような世界観をみれる村

モンサントへ行く事にした僕は朝5時に起き、

リスボンを出ることにしたが、この時僕は

大きなミスをおかしている事に全く気づかなかった。

Batalha

モンサントへ行く旅人は同じ失敗を

繰り返さないためにも是非この記事を

読んでおいて欲しい。

 

ネットで調べるとバターリャという町が

モンサントから一番近く、

物価も安いようなのでリスボンをバスで

出発してから1時間ほどでバターリャに到着した。

 

かなり田舎町で英語を話せる人がいない。

 

ポルトガル語が話せない僕は

とにかく安そうな宿に飛び込んで
リスボンで調べた片言のポルトガル語で

宿のおばさんに今日泊まれるか聞くと

部屋は全室空いていたようですんなり

宿を確保する事ができた。

 

 

ここには大きな修道院が一つあるだけで

他にはとくに観光するような場所はない。

町には小さな雑貨やさんがあり、

ここで首からかける財布を購入した。

Batalha_zakka

この店の店員さんが英語を話せたので

モンサントへの行き方を知るには

ここしかないと思い店員さんに詳しい話を聞くと、
この街よりアルカネーニャという町の方が

モンサントへ行くには便利なようで宿を

キャンセルしてアルカネーニャに向かう事にした。

 

この街もかなりの田舎町で宿を探すのに苦労した。

田舎町だが一つだけ立派な高級ホテルがたっていた。

 

一泊4000円以上するようで当時の僕は

どのくらい旅をするのか決めていなかったし、

ヨーロッパで絵の仕事で収入を得る事が

出来るのかわからなかった。

 

なので節約のためこのホテルは断念する事に。

 

しかし受付のお姉さんが英語を

話せたのでこの街で一番安い宿を

教えてくれて、その宿へ向かい

荷物を置いてモンサントへ向かう事にした。

 

まだお昼を少し過ぎた時間だったので

モンサントへ向かうバス停の近くの夫婦で

経営している小さなレストランで昼食をとる事に。

 

その夫婦と近所の友達が昼間から

酔っ払って楽しそうに話をしている。

 

小さな田舎町で日本人が珍しかったのか

僕に話しかけてきた。

 

ポルトガル語がわからない僕は

とりあえず彼らの名前を聞いて
名前をカタカナに翻訳して見せると

大喜びしてお酒と食事をご馳走してくれり、
ポルトガル語が話せなくて困っていると

身振り手振りで伝えると奥さんがわざわざ

英語からポルトガル語に翻訳してくれる本を
買ってきてプレゼントしてくれたりと、

かなり親切にしてもらった。

restaurant_bata

portuguese_book

モンサントの行き方を聞くとここから

約5キロくらい歩いた所にあると

言うのでかなり酔っ払っていたが、

自分の足でこの地をめぐりたいと思い、

歩いて行く事にした。

 

レストランの夫婦とその友達に

お礼を言いモンサントへ出発。

 

午後6時だったが夏のポルトガルは日が沈むのが遅い。

Batalha_monsanto

朝5時からの長距離移動と

お酒によりかなり体力を消耗してきたので

ヒッチハイクをしてモンサントへ向かう事にした。

 

田舎町なので車が中々通らなかったが、

タイミング良く車が一台通りヒッチハイク

一回目で乗せてもらう事に成功した。

 

車内で英語を話せるお兄さんに

モンサント向かっていると言うと

彼は不思議そうな顔をしている。

Batalha_car

「モンサントへはどのくらいでつきますか?」

と聞く彼は言った。

 

「モンサントはここですよ?」

 

・・・意味がわからなかった。

 

僕が向かうモンサントは山の上の岩で

できた村なのだが、どう見ても

山も岩の一つもない広い草原が

広がっているだけの田舎町だった。

 

お兄さんに詳しく聞くと、

ポルトガルにはモンサントという村は

3カ所あるらしく僕はここで大きな

ミスをした事に気がつく。

 

すぐに車を降りて歩いてさっきの町へ

引き返し高級ホテルの英語を話せる

受付のお姉さんに岩でできた村の

モンサントへの場所を聞くと地図と行き方を

説明してくれて明日の朝その近くの町へ行く事になる。

 

昼間のレストランにディナーを食べに行くと

彼らはまだ酔っ払っていた。

 

今日の出来事を話すと大笑いしながら奥さんが

明日の朝駅まで送ってくれると言う。

 

長距離移動とモンサント違いの

ダメージでかなり疲れていたが、
そのミスのおかげでこんなに

親切でいい人達とも出会えたので
これはこれでいい旅の出だしだと思う。

 

旅の醍醐味はこのような人達と

出会えると言う事なのだ。

 

 

明日は本物のモンサントの近くの町へ行く。

 


ポルトガルで旅初日にトラブルに巻き込まれた

画家として生きていくにはどうすればいいのか?

 

その答えを探す為、そして自分の中の世界を広げて

絵に反映させる為に、大きなキャンパスと

絵の具と筆を持って世界一周の旅にでた。

zininrisubon

その旅の始まりはポルトガルのリスボンから始まった。

 

日本からドバイを経由して約7時間。

 

旅の初日で問題が発生した。

 

リスボンの空港に到着後、預けていた荷物を受け取る為に

荷物引取りターンテーブルへ行って僕のキャンパスと

筆と絵の具、その他に必要最低限の物が

入ったカバンを待っていた。

 

 

しかし、20分経っても出てこない。

 

 

カバンの中にはカメラやiPAD,PCなど機械類が入っていたが

そんな物より僕はキャンパスと絵の具と筆が手元に

帰ってこない事の方が問題だった。

 

 

キャンパスは折りたたみ式を日本で

制作したので外国では手に入らない。

 

絵の具も今まで使用してきたものを使わないと

同じタッチの絵を描けるかわからない。

 

筆にいたっては少し特殊な筆を使用してるので、

海外で手に入るのか検討もつかない。

 

 

焦った僕は預け荷物管理受付に行って事の事情を話した。

 

受付のおばさんは何故か不機嫌そうな顔でこう言った。

 

「飛行機に積んだ荷物はすべて運び終えたよ」

 

 

正直その対応の悪さに腹が立ったが、

そんな事より絵描き道具一式の方が重要だったため、

僕は荷物引取りターンテーブルの場所へ確認しに戻った。

 

 

しかし、何度確認しても何も出てこないし

もうすでに荷物を運び終えた印の赤いランプが点灯していた。

 

 

途方にくれていると黒人の警備員らしき人がどんな荷物を

待っているのかを確認しにきてくれたので日本から

持ってきた荷物すべてを伝えると別室に連れていかれた。

 

 

そこには僕のカバン、キャンパス、絵の具、筆、

すべての荷物が部屋の隅っこにおかれていた。

 

 

なぜかはわからないが最初からこの部屋に運ばれていたらしい。

 

中を確認しても盗まれたものは何一つなかった。

 

海外ではこういった予測できないトラブルが起こる。

 

 

この世界一周の旅ではこの先、

様々なトラブルに巻き込まれる事になるのだが、

これはその最初の小さな小さなトラブルの一つにすぎない。

 

 

とにかく荷物が見つかって一安心したので電車で

予約していた宿に向かった。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ